ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110

  • 106人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 山北篤
制作 : .  池田 正輝 
  • SBクリエイティブ (2012年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797367058

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
乾石 智子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西洋の昔の衣装が細かく書いてあって、何かを書くときには役に立ちそう。
    イラストも美麗で、イラストを眺めるだけでも面白い。
    どの服がどの時代のものかわかるのでとても助かった。
    心なしか日本の衣装のほうが多くて細かい気がする。
    本音を言えば、中国などのアジア系や欧米のその他民族衣装に関することが書いてあればもっと良かった。
    ゲームシナリオのためのシリーズで出ないだろうか。
    下着が時代を経て上着になる法則は興味深かった。
    ということは、将来はブラジャー(のようなもの)を夏の普段着として来て街を歩く人々が出てくるのだろうか?…と思ったが、アメリカあたりにはもういそう。

  • ちょっと日本部分が多めな印象。和物はまた別の本にして、これは日本以外のでまとめてほしかった。

  • イメージを膨らませる資料としては使えるが……こんな感じなんだよ程度だね。

  •  西洋は近世以降から。ルネサンス、バロック、ロココの順で、男性、女性、職業別にという感じに分類されている。近代はナポレオン時代とヴィクトリア朝時代、フランス革命期と分類がやや大雑把かつ錯綜した印象。
     どんな衣裳を着ていたかなどは、文字の説明ではわかりづらいので、絵や写真で見るのが一番。百聞は一見にしかず。騎士と姫君の時代といいつつ、中世が紋章だけというのはえらい片手落ちと思っていたら、ちゃんと注釈があった。近世ヨーロッパから始まっているのは、いわゆるファンタジーの世界に出てくるような衣裳は歴史的には近世以降だからとのこと。
     日本はさらに詳しく、平安時代の公家(もちろん男女、以下同じ)、鎌倉時代以降の武家、戦国から幕末までの庶民、大正から戦前までを網羅している。当時の服を描いたりするのに、資料として使えそう。特定の時代と地域にしか興味がない場合は、わざわざ買う必要はないかも。

  • 小説やマンガを書くならば、資料として非常に役立つだろうし、そうでなくとも、なぜこのような服装になったかが書かれていて、歴史や文化の読み物としても面白い。

  • 小説の資料として購入。衣装・ファッションの分野に苦労していたので嬉しい。もっと基本的な部分と現代に通じるものを希望!

全6件中 1 - 6件を表示

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110に関連する談話室の質問

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110を本棚に「積読」で登録しているひと

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110はこんな本です

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110のKindle版

ツイートする