Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)

  • 172人登録
  • 3.34評価
    • (4)
    • (22)
    • (31)
    • (6)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 小川浩
  • ソフトバンククリエイティブ (2011年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797367409

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨日ちょうど一般公開されたGoogleプラス。Webの世界はいま熾烈に、ダイナミックに動いていることがよく分かる内容。

    それにしても、ここに出てくるのは、Google、Apple、Facebook、twitter、Microsoft…と米国企業ばかり…。屍を繰り返しながらも新たなものをつぎつぎ生み続けるアメリカ。
    不思議の国。

  • うーん,結局実態はわかったような,わからないような・・・
    というモヤモヤ感も残ったが,事実がそういうことなのかも知れない.
    「トラフィックエンジン」と「マネタイズエンジン」という考え,非常にすっきりして腑に落ちた.

  • Google+を軸に今後のIT業界の方向性を予測した本。
    Google+はFacebookの皮をかぶったtwitterという説明がわかりやすかった。

  • Google+を主軸にした、Web2.0以降のIT業界の潮流を占う一冊。

    SNS論としては面白いのだけど、いかんせんGoogle+が中心なので、SNSの中では辺境から見てる感じなのが残念。
    ただ、Google+については色々と知ることができた。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:007.35//O24

  • 検索エンジンとソーシャルメディアの関係性がよくわかった。なんでグーグルがSNSを開発したのかもわかった。


    グーグルは、検索エンジンでマネタイズしてきた。
    被リンク数によってそのサイトの有用性 価値をアルゴリズムで判断し、検索結果に表示する。
    静的なもの。

    ソーシャルメディアは、サイト全体の価値観ではなく、サイト内にあるコンテンツが共有されていくことにより新しい価値観を生み出した。コンテンツが複数サイトにまたがる。
    例:いいね!をするとその人のfacebookニュースフィードに載る。twitterで共有する。
    これだけで、検索エンジンにはない動的なものになる。
    ソーシャルメディアは、サービスで発生しているトラフィック(投稿するだとかのユーザーの行動)をどうマネタイズ(収益化)していくかが課題になる。

    facebookは、友人以外には非公開のため、グーグルは投稿内容を検索結果に表示出来ない。ソーシャルメディアによってグーグルが検索出来ない情報が増え、自らのミッション成功は不可能になった。→ソーシャルメディアでの情報のほうが即時性 情報量があるため、検索エンジンに陰りが見えてきている。

    Google+は、twitterのようにフォローが出来る。facebookのように必ずしも相互承認である必要はない。むしろ、「この人を私は知っているが、あの人は私を知らない」この関係はあると言っている。それがサークル機能。電話帳のグループ分けのように細かい設定が出来る反面、めんどくさいと感じる。人で繋がるよりは、投稿コンテンツで繋がることを重視している。
    自社SNSを開発したことで、Google+内での友人の投稿内容を検索結果に関連して表示させることが可能になった。

    今はandroidだが、最終的にはクロームOSになり、家電製品 車などすべてをクラウド化し、モバイルからWEBに落ち着いていく。

  • Google+はFacebookの皮をかぶったtwitterという説明がわかりやすかった。

    逃げるFBと追うG+という構図の中、私の周りのアーリーアダプタはかなり早いタイミングで使い始めていたが、その後使っていないというユーザが8割といったところ。

    Googleが満を持してスタートさせたGoogle+、競合はアメブロだとか、AKBと友達になれるSNSだとか言われていますが、それで終わるとは思えません。

    Googleの本気はこれから見られるか、と密かに期待しながら応援してます。

  • サラリと読み終わった。「google+はフェイスブックの皮をかぶったツイッターだ」という一言がわかりやすかった。そして「ソーシャル的なつながりが大切で、それがウェブ上で基盤となっていく」なんて、まだ信じられないけど、感じとしては「サマーヴォーズ」のOZにだんだん近づいていってるんだなー。その時のOZがフェイスブックかgoogleか。
    私はフェイスブックは何でもかんでも相互リンクで、知らせなくてもいいところまでも、友人のタイムラインに乗るのが嫌だったけど、google+はそこらへんは一方的に調節できるよーってことらしい。仕組みから言えばgoogle+は使いやすそうだけど、いまさらフェイスブックに勝てるのかな。
    後数年後には、SNSに入っていないとウェブがまともに使えなくなる・・って世界が来るのかな。

  • 県立図書館。

  • 発売直後に購入。
    Google+とfacebookの対象範囲の差が良くわかった。
    3分の1程読んで積読状態。なかなかGoogle+の勢力が広がらない。
    個人的には、ライフログとしてGoogle+を始めてみた。

全39件中 1 - 10件を表示

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)の作品紹介

モバイルとコンテンツ配信事業においてアップルと激しいつばぜり合いを繰り広げる一方で、急拡大するフェイスブックの脅威にさらされるグーグル。検索という強大なトラフィックエンジンの価値を守りながら、世界中の情報を整理し誰もがアクセス可能にするというミッションを実現するため、グーグルは何を選択したのか?ソーシャルメディア最前線を読む。

ツイートする