アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)

  • 31人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 関涼子
制作 : 深崎 暮人 
  • ソフトバンククリエイティブ (2012年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797368406

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『アリス×ユニバース』と同時刊行。
    こちらの『アカデミィ』から先に読んだ。それで良かった。こちらの方が断然面白い。こちら単体でも充分楽しめる、ボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。

  • 2冊が対になってるような作品で、どちらも読めそうだったので
    2冊とも読もうとまずはこちらから。
    一応どちらからでも大丈夫だけど、こちらを先に読むのが
    おすすめな感じだったので。

    ひとまずこちらは中々面白かったのですが、
    まぁ覚悟してましたがこの本だけだと消化不良になります。
    もう1冊は逆パターンのようなのでそちらも楽しみですが。

  • おそらく同時に刊行されたもうひとつの話を読まないと全貌がわからなくなっている。
    嘘をついたことがないヒロインと嘘が見える主人公という組み合わせが最後の展開のためだけに用意されている感じがして残念だった。歌乃子の嘘がきちんと表示されていないのはもう一つの巻で語られるのだろうか・・・

    個人的に一番残念だったのは深崎暮人のイラストが少なかったこと。ヒロインのドレス姿を書いて欲しかった。

  • 2人のアリスの入れ替わり作品。主人公は、事故で右目から相手の嘘の回数がわかるという特殊能力持ち・・・学園の名前も素晴らしい中二病丸出しな設定だけど、狙ってやってるみたいだし中々面白かったです。
    次巻での話の膨らませ次第で物語の広がりが変わると思うので今回は本当に序章という感じですね。

  • unより先にこちらを読むのが正解か?
    単体でも、それなりにおもしろいが、黒幕とか謎とかは判明せんまま終わった。

  • 2冊同時刊行の1冊。こちらとあちらでパラレルワールドの体になっていて、まだ、もう一つの方を読んでないのだけど、おそらく補完しあう感じになってそう。とはいえ、物語として、この1冊で納まり自体は悪くなく、一応成立はしている。なので、この1冊だけでとりあえず満足、ともこれはいかないと思うのだけどw ぐぬぬ、GA文庫めw

全6件中 1 - 6件を表示

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)を本棚に登録しているひと

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)の作品紹介

「おまえはこの剣の前に跪き、誓ったはずだ! 生涯私の側を離れず、その身を私に捧げると!」
朝の通学路。なぜか植え込みに頭から突っ込み倒れていた理事長の娘・西園寺ありすは、不思議な格好をして俺にそんなことを言い放った。アニメに出てきそうな、全身真っ白のスーツに、手には蒼い光を放つライトセ○バー(!?)を持っていて!しかも自分は海賊船を操る者だなどと、電波なことまで言い出したのだ。
しかし、それは嘘ではなかった……。なぜなら俺には嘘の数が見えるのだから――。

キャプテンを名乗る少女と、嘘の数が見える少年が 出会ったとき、平行宇宙の扉が開く! ふたつのアリスストーリー、2冊同時刊行!!

『DUNAMIS15』のシナリオを担当した関涼子さんの最新作。イラストは深崎暮人さん。

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)に関連するサイト

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)はこんな本です

ツイートする