優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)

  • 20人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 初美陽一
制作 : さくらねこ 
  • SBクリエイティブ (2012年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797371482

優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 景気よく血祭りに上げてやんよぉ!(訳:短編集みたいな形式。アデルさんが無意識デレに入ったと思ったらまさかの「血祭りさん」にまでフラグ拡大させるなんて…鈍感超特急、恐ろしい子!ていうか挿絵で見る祭さんが可愛いのなんの。もっとガッツリヤンキーな見た目と思ったらまったくそんなことはなかったぜ。アデルも姫子も真理亜もどのヒロインも可愛くて、その上翔まで可愛い状態入ってしまった朱里の明日はどっちだ。前巻がメインだったし、個人的には好きなんだけど不憫すぎる…ツッコミ委員長に幸あれ!)

全1件中 1 - 1件を表示

優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)を本棚に登録しているひと

優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)の作品紹介

「あにきぃ。姫子、そのぉ…に、似合いますかぁ?…わんっ」大事な舎妹の姿を見て、悠馬は驚愕していた。それもそのはず。ミニスカメイド姿の姫子が頭に付けているのは-ふわふわと垂れた、犬耳!?そう、本日は悠馬たちの通う吾流ヶ丘高校の学園祭。仲間たちと過ごす学校生活の一大イベントは、当然大騒ぎの予感!?さらには、アデルの男に対する苦手意識を克服するために二人きりでおでかけすることになったり、いつになくしおらしい真理亜になんだかドギマギしたりと、悠馬の日常はいつも以上に賑やかに!?勘違いフリョー系ラブコメ第4弾登場。

優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)はこんな本です

優等生以上、フリョー未満な俺ら。4 (GA文庫)のKindle版

ツイートする