冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く

  • 164人登録
  • 3.94評価
    • (12)
    • (22)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 神田 由布子 
  • SBクリエイティブ (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797372397

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くの感想・レビュー・書評

  • 投資には、金融経済だけでなく、その国、その物、情勢を理解できる能力が必要であることが分かった。
    そして、それを行動に移す勇気もいる。

    余談だが、ロードバイクで日本一周と世界を回ってみたい!ヨーロッパとか!ツールドフランス見たい!

  • 今回のこの1冊はジムロージャースの自伝的な内容でもありますが、世界での長期的な投資展望を予測ためにも良い1冊かと思います。

  • こんな人になりたい。まずは…バイクで世界一周か。

  • 投資や時代の読み方よりも、生き方や考え方の本。タイトルとの差異はあれど面白い。

  • 個人的な考えが経験を元に述べてあったので参考にはなったが雑多に書いてある感が拭えなかったため読みにくかった。内容を項目別に整理してあれば良かったのだが、時系列で個人的な出来事も混ざっていると混乱するので個人的にはあまり好きではなかった。
    今回は読み切るのに時間が掛かってしまった。

  • 読み手によっては少し鼻につく表現があるかもしれない。ジム・ロジャーズ氏の著書は初めて読んだが、個人的には総合的に見てすごく役に立った一冊。特に8章と15章に得ることがあった。中でも『政府の出す数字などはたいてい広報上の言い訳でしかない』には、最近発表されたあまりにも楽観的な幾パターンかの年金の将来的見通しの数字を見ると、納得せざるを得ないという気になる。著者が実行したアジアへの移住も、その生活レベルはさておき、熟考に値する1つの選択肢だと改めて感じた。著者の移住したシンガポールは金銭面含めあらゆる条件面で無理なので、個人的には今ならマレーシア、特にジョホールバル地区辺りなどがその筆頭に挙げられる。購入。

  • 投資の話だけではなくて、世界をみること旅をすることのすばらしさと楽しさが溢れていて大変刺激になった。
    P15アラバマからイェールに入ったときのエピソード。
    どんな課題をやるときも、ひたすら勉強し、ひたすら仕事し、ひたすら調べ続けるという粘り強いアプローチをするらしい。ここは見習いたいものだ。
    あとは、ロジャーズ自体が中国の可能性を信じシンガポールに住んでいることは東京に住んでいる我々の選択についても勇気を与える。ただ、東京はシンガに比べると一歩も二歩も遅れていて閉じている部分があるが、マインドだけはアジアと世界に開いておきたい。
    しっかり考えられように哲学、歴史の素養をつけたい。

  • 相変わらずの語り口が爽快!豪快!
    ただ「持てる人の哲学」満載、というのも

    ・肝心なのは粘り強さ
    ・「創造的破壊」は資本主義に必要書くべからずもので資本主義の本質はそこ
    ・プラトンは「国家」で「社会は独裁制→寡頭制→民主制と進化し混乱に至り、また独裁制に戻る」と書いた。
    ・国の困難な時代には常に外国人がスケープゴートにされる
    ・確実なのは食料、アジアの観光産業の伸び
    ・政府が自国の通貨の価値を下げようとする国に進んでお金を預けたりはしない(スイスフランの例)
    ・娘たちを「賢く直観力の鋭い人間に育て上げようとしている。さながらプラトンに智恵を伝えるソクラテスのように」
    「賢く教養があり、聡明で野心に溢れ、辛抱強い人間に育て上げる」
    との言葉はこの人の人間味が溢れるなと感じた。

  • 世界的に著名な投資家の半生と、今後の世界経済への展望について書かれた本です。
    ウォール街での典型的なワーカホリックから30歳台で引退し、バイクでの世界一周、何度目かの結婚のあと家族とシンガポールへ移住したという人です。
    好きなことを仕事にし、家族を大切にし、広い世界を見て歩くという素敵な人生です。
    また、アメリカや中国、日本などの国々が将来どうなっていくのかを読むと、とても恐ろしい気持ちになりました。

  • 【視野が広い】
    話が突然変化するため、若干読みにくいです。
    ただ、日本に対するコメントは参考になります。外国人、しかも世界中を見ている外国人からのコメントになりますので、なるほどと思える部分があります。

  • おすすめ度:95点

    爽快。憧れの生き方。
    アメリカの限界と衰退。
    ミャンマーと北朝鮮に注目。
    中国はアメリカよりもよほど自由の国。
    シンガポールの発展の脅威。
    アジアの時代。
    夢見る勇気。情熱を追い求める勇気。失敗してもまたチャレンジする勇気。
    本当の失敗とはただ一つ、やってみようとしないこと。
    間違った問いとはただ一つ、何も問いかけないこと。

  • いつものジム・ロジャース氏らしい言い回しが今回も冴え渡り、日本はもちろんオバマやアップル・グーグルまでもボコボコにしています
    ポジショントークを鵜呑みにするかはともかく、自伝的内容も多く楽しく読める本です

  • 「金融の時代は終わったんだよ。これからは農業を勉強しなくちゃ。リッチになりたいなら、みんな農業をやりなさい」
    など示唆に富んでいる。
    最後には
    「娘たちに1つだけ残せと言われたら、夢見る勇気を残してやりたい。情熱を追い求める勇気、失敗してもまたチャレンジする勇気だ。」
    「二人の娘を、賢く教養があり、聡明で野心にあふれ、辛抱強い人間に育て上げることが出来たら、私は全てを失っても構わない。」
    と娘たちへの愛する気持ちが語られる。
    人としてのあるべき姿だ。

  • 金融よりも農業の方がはるかに働きがいのあるセクターになる日がいずれ来るだろう。

    世界は劇的な商品不足に直面しているのである。いくらお金を出しても食品が手に入らなくなるのだ。

    人生でミスを犯すことを恐れちゃいけない。お金を失くしてもいい。少なくとも1回、なるべくなら2回、破産するといいんだよ。破産するなら早いうちがいい。・・・すべてを失う経験は有益だ。自分がどれほど無知だったかを思い知らされるからだ。

    実は一次産品は株より分析しやすい。IBMを理解するなど、当の会長ですら無理である。

    ブラジルもロシアも、上昇気流に乗っているのも、ブラジルと同じく商品の上げ相場のおかげであって、一時的なものだろう。

    中国が台頭してきた一方でインドは衰退の一途をたどっている。インドの債務対GDP比は現在90%にまでなっており、安定した経済成長は事実上不可能な状態だ。

    株式市場が90%暴落した大恐慌時代のアメリカですら、底値は数ヶ月間だけであった。しかし、日本ではそれがもう20年以上続いている。経営不振に陥っている会社を助けることで日本政府は経済危機を拡大してしまった。

    シンガポールがここまで繁栄した理由の一つが貯蓄率と投資率の高さだ。この国の国民一人当たりの貯蓄率は世界一である。国民は収入の20%を中央積立基金(CPF)すなわち、国民年金に充てなくてはならない。

    一生涯の間にできる投資はわずか25回と私が言ったら、たぶんあなたは投資にきわめて慎重になるだろう。・・・巨額の富を得たい投資家はあちらこちらに手を出さず、自分の知っていることだけを追い続け、投資回数はごくわずかに的を絞ることだ。

  • 冒険投資家ジム・ロジャースがイェール大学に入学した時から今日に至るまでの半生をその投資哲学を交えて語り、盛者必衰の歴史通りの米国の衰退とアジア(中国)の勃興そして食品価格は高騰するとして農業の重要性を説く。

    米国、特に金融政策、教育、訴訟社会(これは自身が訴訟されたことでの恨みつらみを書き連ねているようにも見える)など舌鋒鋭く批判、日本から見ると規制のない自由社会も彼の目から見ると、規制と癒着の温床のようだ。

    ジムは57才で結婚して娘が二人いる(これはこれで凄い)、その彼が娘たちに何かひとつだけ残せと言われたらとして、次のように述べている。「夢見る勇気を残してやりたい。情熱を追い求める勇気、失敗してもまたチャレンジする勇気だ。本当の失敗とはただひとつ、やってみようとしないことである。」

  • 面白い。自分の生活人生そのもののような気がする。規模は小さいが。この本の欠点は、下手くそな翻訳。英語で読めば理解しやすいかな?

  • ジム・ロジャーズ (著), Jim Rogers (著), 神田 由布子 (翻訳)
    ウォール街の生きる伝説にして、ベストセラー作家でもあるジム・ロジャーズが、自身の生涯を通して学んできた投資に関する知識や流儀を大いに語る。混迷を極める世界経済に対する洞察や分析をユーモアを交えて解説。

  • 和図書 338.1/R62
    資料ID 2013100641

全20件中 1 - 20件を表示

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くを本棚に登録しているひと

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くを本棚に「積読」で登録しているひと

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くはこんな本です

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くのKindle版

ツイートする