出口 汪の「すごい! 」記憶術 (SB文庫)

  • 107人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (8)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 出口汪
制作 : ソウ 
  • SBクリエイティブ (2013年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797372908

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

出口 汪の「すごい! 」記憶術 (SB文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理解して自分の考えがもてるところまで到達する=覚える。
    理解と記憶は表裏一体。

    反復記憶=エビングハウスの忘却曲線。4~5回は反復学習。

    二度目の学習はなるべく早く=1時間以内に。
    一度目で理解、二度目で整理、三度目で覚え直す。

    理解したことを使う=人に教える=自分に教える

    集中学習より分散学習。
    いい眠りが記憶を定着させる=翌朝、睡眠を挟んで復習。
    スケジュールを作って効率的に復習する。

    翌日、三度目。その後一週間以内に4度目=週に2日程度、まとめて。

    雪だるま式学習法=核となる知識につなげて覚える。

    一冊の参考書を4~5回読む。
    複合的に使う=理解、記憶、実践=テキスト、ノート、問題集。

    単語帳は半分以上知らないものが載っているものは使えない。

    ノートを作る。自分の手で。記憶の整理、体系化、血肉化。
    右ページには何も書かない=雪だるま式の知識を書く。
    試験はパソコンではできないから、紙に書く練習になる。

  • エビングハウスの忘却曲線
    1日後には74%、1ヶ月後には79%を忘れる
    反復練習
    論理力で記憶が定着
    核の部分から、周辺の事柄を雪だるま式に

  • 予備校の現代文、出口先生が伝える記憶術。本編にも書いてある通り、ただ記憶するだけではなく、理解し、反復することの大切さを訴えている。これからの勉強に活かそうと思った。本書の構成として、大学三年生のアイちゃんと先生の対話形式で進んでいくのだが、それがいい感じにウザったらしい(笑)そもそも、就職活動に勉強は必要ない気がするし、出口先生のアイちゃんをバカにした様な態度がいらない。内容が薄いため、この様な形式にし、文章をカサ増しした様に思える。この本にも書かれているが、理論立ててあるコラム、社説、新書を読むことで文章に強くなるとあるが、この本はそのテキストにはならないであろう。うーん、微妙。

  • 論理的に考えられることが、記憶につながる。たしかにそのとおり。だから最近は根本の部分を確認して考えることにしている。

  • 大崎Lib

  • 著者お得意の論理力を絡めた記憶術を紹介している本。

    エビングハウスの忘却曲線などに基づいて、忘れないウチに1時間以内に復習して、あと数回は記憶を定着させるため
    復習する。
    回数を重ねるごとに負担は減るので、思ってるほど辛くはないはず。
    という理屈にかなった方法ではあるが、
    如何せん前置きが長い…。

  •  冒頭部分でなんか偉そうに書いていたけど(間違った記憶術の本が多いとか何とか)、読んでみたら何処にでもある記憶術の本と大差なし…。


     忘却曲線に論理を足しただけって感じです。


     まぁ、安いから良いか?って感じですよ。



     これを読むなら、この著者お得意の論理力の本だけ読んだ方がマシかもですよ。

     

  • いかに効率よく記憶するかが書かれていて、参考になりました。
    また、対話形式で書かれているので、とても読みやすかったです。
    記憶術ことだけでなく、少し論理力についても触れられているので、そこも良かったと思います。

  • 著者の過去作「論理的に考える技術」と基本的には同じ内容と構成をなぞっており、後半部分が記憶術にフォーカスしたものになっている。記憶術がより具体的に書かれている点では有用と思うが、どちらか片方読めば十分にも思える。「記憶は理解と反復で定着させる」の一言にまとめられる。

  • ≪目次≫
    はじめに
    第1章  これまでの記憶術は間違いだらけ!?
    第2章  あなたはなぜ忘れてしまうのか?
    第3章  論理を使えば記憶力はグンと高まる
    第4章  頭が良くなる「出口式」記憶術
    第5章  資格試験・受験に強くなる記憶術
    おわりに

    ≪内容≫
    代ゼミなどで現代文・小論文講師として活躍してきた出口汪の記憶術の本、というより覚え方の本。決して〝術"ではない。
    内容は分かりやすくコンパクト(やり方が簡単)。ただ、コツコツやる必要がある。
    他の記憶術の本と違うところは、「論理力」。理解(論理)⇒記憶⇒思考(論理)⇒記憶の血肉化(定着)⇒表現(論理)⇒記憶の強化 と言っている。
    力任せに憶えるのではなく、理解し、覚え、繰り返しながら定着させよう。覚えたら使え!ということ。

全12件中 1 - 10件を表示

出口 汪の「すごい! 」記憶術 (SB文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

出口 汪の「すごい! 」記憶術 (SB文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

出口 汪の「すごい! 」記憶術 (SB文庫)の作品紹介

大人気となった『出口汪の論理シリーズ』(ソフトバンククリエイティブ刊)のヒロインゆいの妹、あいが登場。シューカツ(就職活動)奮闘中のあいの悩みは、もの覚えが悪く、筆記試験が苦手なことだった。そんな彼女は、姉ゆいのアドバイスに従い、カリスマ講師・出口先生の元を訪ねる。そこで彼女が受けたレクチャーとは、脳科学に裏打ちされた、"一生忘れない記憶のつくり方"だった。果たして、彼女は無事筆記試験を通過して、内定を獲得できるのか?読後、あなたは試験や仕事に役立ち、一生使える二つの武器「論理力」&「記憶力」を手に入れていることでしょう。イラストにお馴染みのソウ氏を起用。

出口 汪の「すごい! 」記憶術 (SB文庫)のKindle版

ツイートする