無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方

  • 202人登録
  • 3.37評価
    • (8)
    • (14)
    • (18)
    • (6)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 江上隆夫
  • SBクリエイティブ (2014年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797373288

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容は分かりやすくて面白い。タイトルと内容が一致しない。コンセプトを前に出した方がよいのでは、と思う。

  • コンセプトを使いこなせ

  • ・守破離
     守・・・視の教えを守り、疑いを挟むことなく、ひたすら技の基本を身に付ける段階
     破・・・基本の教えを守りつつも自分の個性や能力を発揮して、技を発展させる段階
     離・・・教えや型にとらわれることなく、そこから離れて自由に自分の世界を創造する段階

  • これ、なかなか見抜けないよな…
    『スターバックスの本当の商品は「安心してゆったりとくつろげる時間」と捉えることもできます。コーヒーや軽食は、極論すれば、お金を発生させる装置です。』

  • 無印良品というよりコンセプト、ミッションの話。

  • 著者はブランド・コンサルタント/クリエイティブディレクター。2005年独立後はブランド・コンサルタント、クリエイティブディレクターとして、数億から50億、100億単位の広告制作やブランド運営にかかわっている。

    無印良品の成功の最大の要因は、無印良品のコンセプトにあると考えている。知れば知るほど、無印良品は製品づくりからお店づくり、人材に至るまで、本当にすみずみまで、コンセプトが徹底されていることが分かる。

    無印良品はコンセプトがすごい。
    コンセプトをつくる力、使う力がすごいのである。

    コンセプトとは目的(企業であれば理念やビジョン)を達成するための「原理・原則」を短く明確に表現したものに他ならない。そして「行動の指針」となり、「徳義」と「本質」を保ちながら、全体を動かす「原動力」でなくてはコンセプトとは呼べない。

    そんな大きな力をもつコンセプトについて以下の6章にわたり説明している。
    ①なぜ私たち日本人はコンセプトを使いこなせないのか
    ②コンセプトと失ったものを取り戻す方法
    ③コンセプトをつくる前に知っておくべき7つのこと
    ④現在地を把握して、資産の棚卸をする
    ⑤最高のコンセプトの作り方
    ⑥コンセプトの使い方

    コンセプトの持つ力の紹介のみならず、実際にその抽出の仕方までを惜しげもなく紹介している1冊。
    暗黙知であり、商売道具であるコンセプトをこんなにもわかりやすく説明するなんて著者は太っ腹である。とは思うものの、やはりその抽出の仕方をわかってもいざ実際にそれを抽出することを実行してそれを実際に使いこなすことができるのは著者等の実行力がある人に限られる。

    事業戦略というような難しい言葉ではなく、フラットな状態から「コンセプト」という言葉を使いだれでもわかりやすく事業戦略の核を交えながら紹介されている。

    読み進めるごとに新たな理解と発見があり、楽しく最後まで読むことができた。

  • 頂き物で読んだ。「コンセプト」の重要性を示すのに、成功した企業が例としてあげられている。無印良品、スタバ、ポルシェ、アスクル、とらや、タニタ、富士フイルムなど。でもこの手の話でいつも思うのは、都合の良い例だけあげているのがずるい。これでは重要性を示したことにならない。コンセプトが良いのに失敗した会社や、コンセプトが貧弱だけど成功した例には触れていないから。
     
    そういうわけで著者のオリジナリティーがどこにあるのかわからなかった。もっと新しいこと(できれば一般に言われていることの逆)を言わなければ本として価値が無いのではないか。

  • ⑴この本を手にとった理由
    タイトルにある、「なぜ無印が飛ぶように売れるのか」に興味を持ちました。
    ⑵感想
    タイトル通りのことを求めて本を読むと後悔します。無印のことはほとんど語られず、いかにコンセプトが大事か、コンセプトの持つ力、コンセプトの作り方が書かれていました。コンセプトを学ぶには非常によい本だと思いました。ですが無印は悪い言い方をすればダシに使われたような感じがします
    ⑶こういう人におすすめ
    商品がうまく売れないと考える人は、もう一度この本を読んで商品コンセプトを見直したほうが良いと感じました。

  • 2014/8/3

  • コンセプトがあると、組織では自立性が出て活性化します。経営幹部は意思決定が楽になります。マーケティングでは差別化してファンを生み出します。

    この本では、そんなコンセプトの力と、作り方・使い方を教えてくれます。

    ちなみに、タイトルにもなっている無印良品のコンセプトは、「で」。

    「これがいい」ではなく「これでいい」の、「で」。

    シンプルで明確。これをブレずに突き詰めてきたことで、今の無印良品があるんですね。

全18件中 1 - 10件を表示

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方を本棚に「積読」で登録しているひと

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方の作品紹介

優れたコンセプトは時に数千億の利益を生み出し、世界を変えていく。
本書は第一線で活躍する気鋭のブランド・コンサルタントが、
無印良品、富士フイルム、スターバックス等の実例を紹介しながら、
企業や商品の価値を最大化するコンセプトのつくり方を伝授する。

プロローグ 無印良品はコンセプトがすごい
Part1. 知る
第一章 なぜ私たち日本人はコンセプトを使いこなせないのか
第二章 コンセプトと失ったものを取り戻す方法
第三章 コンセプトをつくる前に知っておくべき7つのこと
Part2. つくる
第四章 現在地を把握して、資産の棚卸をする
第五章 最高のコンセプトのつくり方
Part3. 使う
第六章 コンセプトの使い方
あとがき

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方はこんな本です

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方のKindle版

ツイートする