12年目のパリ暮らし パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々

  • 84人登録
  • 3.21評価
    • (1)
    • (10)
    • (12)
    • (4)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 中村江里子
  • SBクリエイティブ (2013年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797373486

12年目のパリ暮らし パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランス人に嫁いで12年目を迎えた、元フジテレビアナウンサー・中村江里子の著書。この本はまずフランスで出版され、フランス人や在仏日本人の間で驚嘆と共感を呼んだそうです。もちろん、日本に住む日本人パートナーを持つフランス人にも。

  • 江里子さんの他のパリ本と違って、この本に書かれている
    パリはあまりあこがれない。日本でよかったぁと思ってしまった。江里子さんも日本人の感性の持ち主のようなので
    なかなかたいへんそう。でも夫や子供との愛に満ちていると、多少のことは平気になるのかな。
    この本はまず、パリで出版したらしいので、パリジャンの
    読んだ感想を聞いてみたい。

  • 2014年9月21日読了。

  • 実は初めての中村江里子本。
    旦那さんがパリジャンの彼女、
    12年住んで感じる日仏の違いを綴っています。

    まあ、
    これくらいの日仏の違いは想像の範疇だったかな…。
    パリに幻想頂いてたらショック受けるわよ!!
    という内容ですが、
    未だにそんな幻想頂いている人っているのかしらん?とも。

    ただパリの様子や雰囲気は本から感じ取れます。
    ホームパーリーが多い様子や
    家族ぐるみで仲良くならなきゃいけないところは
    なんともフランスらしい。

    でもフランスエッセイだったら
    雨宮塔子の方が読んでてしっくり来るなあ。
    言葉遣いが雨宮さんのが好きなのかも。

  • 実際に住んでみて、なんで!?と思ったことなので、フランスと日本の違いがわかりやすかった^ ^
    文化が違うことは頭ではわかっているけど、実際住んでみるとほんと日常生活から違うことばかりで、なんで!?と思うことがたくさんあるんだなぁ。思っていたより、とても読みやすくてわかりやすい☆

  • 全然深い話はないんだけど、どっちも手放しでけなしたり、礼賛したりしないってのは意外と難しいと思うけど先にフランス語版が出てることもあってか、その辺のバランス感覚はいい。

    もちろん本当の意味での「普段」を見せてくれてるわけではないだろうけど、しかし別世界ですわ。

  • 中村江里子が日本人の視点から見て驚いたパリでの出来事や文化を紹介。日頃からフランスブログや少し前は色々と本を読んだので、個人的には新しさは無かったけれど、中村江里子が好きだし、ポジティブな話からこちらも気持ちが明るくなる。フランスを批判し過ぎてる訳でもなく、日本についても同様で、バランスの取れた見方をしているなと。パリに住みたいとは全く思わないけど、彼女のような人生は素敵だなぁと憧れるなぁ。

  • 国際結婚というものは、とかく特別視されやすい日本で、この手の本を書くと、大体の感想が「うらやましい。自慢されているみたいで嫌」と「だから○○人は。日本が一番良い」に二極化されるような気がします。
    そういった中で、良い意味で空気を読まず、ただ自分が不思議ーと思ったことを素直にエッセイにできるのは、やっぱり彼女がお嬢さんだからなのでしょうか。
    決して、後世に残る名作なわけではないですが、未だ島国根性を捨てきられず(捨てるべきかどうかは、また別問題ですが)「外国人」に過剰反応してしまう日本人ですが、外の世界はどんどんと混ざり始め、○○人の定義が難しくなっている中、こういった本が穿っていない素直な光に当てられることを願います。
    個人的には、とても好感のもてる本でした。

  • 元フジテレビアナウンサー。フランス語で出版された本の日本語訳。

全10件中 1 - 10件を表示

12年目のパリ暮らし パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

12年目のパリ暮らし パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

12年目のパリ暮らし パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々の作品紹介

22時を過ぎても始まらないディナー、カヴァリエなギャルソン、約束の時間に平気で遅れるパリジェンヌ、いきなり服を脱ぐように言う医者…まっさかぁ、そんなことありえるの!?中村江里子が初めて語る「なんで?」なパリでの日々。

12年目のパリ暮らし パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々はこんな本です

ツイートする