ザ・マネージャー

  • 51人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (6)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : タカ 大丸 
  • SBクリエイティブ (2013年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797374032

ザ・マネージャーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 30人以上のプレミア、チャンピオンシップであったりのトップリーグで監督経験を果たしている人物に取材をし、常に高いレベルでマネージングしてきた所以を見つけ出している。日本でも有名なモウリーニョであったり、ファーガソン、ベンゲル等の言葉も入っているので、コアにサッカーを見ている人だけでなく、ライトなファンでも読んでいけると思う。普段ファンはピッチ上と会見場でしか見ることが出来ないが、より深層部分が見える一冊だと思う。

  • サッカーにおける有能な監督とはどういうものかを分析した一冊。

    サー・アレックス、アンチェロッティ、モウリーニョなど名将と呼ばれる人の例を基に監督に必要な要素を取り上げていく。
    学び続けること、決断すること、リーダーシップとは何か、を知ることが出来る。

  • サッカー界のマネージャーと言えば監督。
    プレミアの有名人三名に主に焦点を当てて、監督とは何か?と言うことを書いた作品。
    世間一般のマネージャー、管理職にも通ずるところがあって面白かったのです。
    やっぱり色々な考え方があるんだなーと。

全4件中 1 - 4件を表示

ザ・マネージャーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ザ・マネージャーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・マネージャーの作品紹介

名だたる名将たちが自らのリーダーシップ論を語る。
どの章もアレックス・ファーガソンやアーセン・ヴェンゲル、
ジョゼ・モウリーニョといった名監督たちのインタビューで構成。
サッカー好きはもちろん、一般企業のマネージャーにもお勧めだ。

才能ある問題児をどう扱うか、選手の忠誠心を引き出す方法は?
危機に陥ったチームをどう方向転換させるかなど、
マイク・カーソンはプレミア・リーグの著名監督たちとのインタビューを通して、
マネージメントの鍵となることがらを述べている。
サッカー監督たちの能力や仕事ぶりは、つねに批評家やサポーターたちの厳しい目にさらされているが、
判断材料となるのはテレビの解説やマスコミの評価などだ。
監督自らが口を開くことはほとんどない。
しかし、ついに名だたる監督たちが自らの決断とリーダーシップについて語った。
本書には最高峰の監督たちのリーダーシップの技とスタイルについての実践的なコメントがつまっている。
どの章もサー・アレックス・ファーガソンやアーセン・ヴェンゲル、ジョゼ・モウリーニョ、
ロベルト・マンチーニ、カルロ・アンチェロッティといった名監督たちとのインタビューで構成されている。
本書はサッカー関係者や愛好家はもちろんのこと、一般企業のマネジャーにもお勧めである。
極度のプレッシャーがかかる環境の中で、サッカー監督たちはチームをどのようにコントロールし、
メディアやオーナーとどう渡りあっているのか?
いかにして失敗を乗り超え、自分のライフスタイルを組み立てているのか、本書はその点に注目している。
リーグ監督協会からの全面的な協力を得た本書は、有名監督たちのマネージメント・スタイルに関する有益な考察であり、
サッカー・マネージメントの舞台裏を描いた一作でもある。


パート1 監督の仕事の規模
パート2 勝てる環境を作る
パート3 最高の結果を出す
パート4 個々のリーダーシップ

ツイートする