不死鬼譚きゅうこん 千年少女 (GA文庫)

  • 19人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 仁木英之
制作 : 丸新 
  • SBクリエイティブ (2013年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797374414

不死鬼譚きゅうこん 千年少女 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仁木さんがキネティックノベルに挑戦ということで読みました。境界線は曖昧ですが、ラノベよりもざっくりとしたストーリーで、キャラや設定が問われるのだなと感じました。カヤックや菜園が設定にありますが、仁木さんの趣味がそのまんま反映され、あとがきのキュウリもぎ男には笑いました。最近はオクラもぎ男となっているようです。

  • 「僕僕・・・」が好きなので読んでみた。

    きゅうこんが人の怒りや妬みで成長する。
    それを育てる人、刈るひと。
    の話。

    鬼譚?高校生のラブラブ話でしょ・・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

不死鬼譚きゅうこん 千年少女 (GA文庫)の作品紹介

高校の新聞部に所属する基樹は、カヌーが趣味の少年。
部長で幼なじみの少女、茉樹や、彼に好意を持つ後輩の楓とともに平穏な日常を過ごしていた。

ある日、ダムの入り江で基樹は、美しい少女、美月と出会う。
「このきゅうこん、あなたが気に入ったみたい……」
彼女と出会った頃より、彼の周囲には、不可思議な怪異が忍び寄る。
新聞部の特集で、七不思議で知られる〝囲い畑〟の取材を始める基樹と楓。
きゅうこん、〝囲い畑〟とは? そして、怪異の正体は!?

仁木英之×丸新が贈る、第1回キネティックノベル大賞《審査員特別賞》受賞作がついに登場!

不死鬼譚きゅうこん 千年少女 (GA文庫)はこんな本です

ツイートする