落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)

  • 143人登録
  • 3.60評価
    • (8)
    • (13)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 海空りく
制作 : をん 
  • SBクリエイティブ (2013年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797374681

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 落ちこぼれだけど剣術だけは素晴らしい主人公が、皇女で規格外の魔力を持つヒロインに勝ち、高みを目指していく話。

    一輝がステラを破るため、桐原を破るための小細工や技術が面白い。
    桐原に敗れかけた時に、ステラの声援でエンジンかかるあたりは、Fateっぽかったし、厨二臭さがにじみ出てたけど手に汗握った。

    モールでのストリップはすごい無理やり感がしてたけど、読者サービスか。
    あと桐原の悪っぽさと、その後の観客の手のひら返しはちょっと違和感も感じた。

    ステラと最後にくっつくのも、ラノベによくある色んな子をとっかえひっかえして、煮えくり返らずズルズルというのでなくて潔かった。
    珠雫は可愛い。
    珠雫は可愛い。(大切なことなので二回いいm

  • 異能バトルでスポーツモノとはうまいこと言ったもので。ヒロインがテンプレなまでのツンデレに超ブラコン妹にオカマさん(ぇ と多様でしたが私的にはやっぱりステラ嬢が可愛かったかな。主人公は割と草食系かと思ったけどそこはやはり年頃の男の子ということで。嫌いではないです。しかしまさかの速攻、今巻でくっつくとは思わなかった。次からはハーレムものとは一線を画すのかな。何にせよ次から妹様の嫉妬が捗りますね(ニッコリ)。本筋の展開もこれからが本番ということで次も楽しみにしてます。

  • 大人の都合により留年した最低ランクの騎士が、それでも夢に向かって突き進む王道系学園バトルもの。1ページ目からラノベ史上最速(?)のヒロイン裸イベント(挿絵付き)。そしてヒロインの対抗馬に妹をあてがい、ラノベ的には最強の布陣。主人公は俺TUEE系だし、“イマドキのラノベ”と揶揄される要素をこれでもかと取り込んだかのような、開き直りっぷりがよい。
    バトル中に解説員と会話するのはどうかと思うけど、分かりやすさ優先なんだろう。キャラのインパクトだけで笑えたので★+1。ボーイミーツガールものとしては珍しく結論だしちゃっているけど、それを次巻以降どう転がすのか楽しみ。

  •  どういうわけかメチャクチャ売れているので試しに購入。
     端的にまとめると「劣等生(Fランク)の主人公くんが、美少女でAランクの王女様と共に騎士の高みを目指す学園モノ」。

     読んでみると「最近流行のラノベがいろいろ混ざっている」のが丸わかりなんですけど、特に大きな破綻もなくそれなりにまとまっているのが好印象。

     ただ……どうなんだろうなぁ。システム・項目上「評価すべき項目から外れている」からFランクだけど実際にはチート級の能力を持っていて、世界ランカーにも勝てちゃう劣等生。
     つまり「世間の評価は低いけど、実はオレTUEEんだぜ」的なのは、いろいろな意味で難しいというか、なんか萎えてしまうのは僕自身が40近いおっさんだからですかねぇ。

     主人公君自身、努力もしているし「制約」もある。性格も前向きで好感が持てるけど、結局の所「天才」であって決して「凡人」ではない。
     特に「他人の技を盗んだ上で、オリジナルを上回る技を使うことができる」能力は、使い方を間違えれば「勝つべくして勝つのが丸わかりな八百長試合」になりやすいし、相当な理由がない限り「本筋」を曲げないだろうから誰でも容易に先が読めてしまう。主人公君たちが勝ってしまうのがわかってしまうので面白くない。
     しかも敵役の少年も、これまた絵に描いたような「三下やられ役キャラ」なのに、そんな相手に対して「僕じゃ勝てないかも知れない」なんて言っちゃうあたり「ひょっとしてそれはギャグで言っているのか?(AA略)」と言いたくなってしまうんですけど、これいかに。

    ……なんだかマイナス発言が多くなってしまったけど「つまらなくはない」し、同種の「魔法科高校の劣等生」みたいな作品が好きだという人には受け入れられるかも。
     ただ、次以降はもういいかな。よほどうまくやらない限り面白くするのは難しそう。「チート主人公」って言うのは、それだけで「バランスブレイカー」だから、よほどうまくストーリーを組み上げないと難しいと思うし。
     ともあれ、気になったら一度読んでみてください。「編集部オススメ」とのことらしいので。

  • アニメ視聴済み。
    妹が姫に心を開く描写がアニメと違ってわかりやすかったかな?
    まぁ、アニメだとしかたない部分な気もするけど。
    描写的には桐谷戦、デパート戦を含めて、2回。
    デパートがきっかけで、桐谷戦でほぼデレ期。妹は日常的に口では姫に文句ありげにいうけれど、実際にはっていうツンデレキャラになったように思いました(描写はないけど)。

  • アニメ化したのでアニメを見る前に読んでみようとチェック。
    学園異能バトル、、てかあらすじを見る限り、直前に読んでた学戦都市アスタリスクとモロにかぶってるな。
    またか。またなのか。またおんなじようなラノベを読んじゃうのか…。
    対魔導学園35試験小隊とか魔技科の剣士とか星刻の竜騎士とか似たような作品がホント多いね。

    まあ、一応読んでみようかな。アニメを見る前に。

    …ふむ。開始早々、お姫様と一騎打ち。
    やっていることや、設定なんかは本当に学戦都市アスタリスクと丸かぶりだな。
    でも、文章的にはこちらの方がだいぶ面白い。
    明確に文章力の差だな。
    アスタリスクの方は文章は上手だが熱がない。
    ところが落第騎士の方は、同じような展開でもじんわりとした熱さがある。
    よく似た作品を立て続けに読んだおかげで比べることができてちょっと興味深い。

  • アニメを見て読み始めたが、ありきたりなラノベって感じ。まあステラが可愛いから許す(笑)

  • 異能バトルものとしてはオーソドックスな作り。
    違うところはいきなりヒロインと主人公が両想いになるところか。
    いくらなんでも落ちるの早すぎ。

    一刀修羅が明らかに一分以上持っているのも気になったが、格好良いのでよしとする。

  • あれ・・?なんだろうこのデジャブ感・・
    たまたま前の日に読んだラノベをもう一回読んでるような
    何が似てて何がちがうのかもはや渾然一体でわからない

    ヒロインの着替えをのぞいてしまうというのは
    お約束なんですね・・
    お嬢様とか炎系で超強いとか
    学園ものでバトルものとか
    かぶりすぎだな~

    これ今期アニメらしいけどそういう話題とかなってるのかな?

    妹がお兄ちゃんを慕うのは気持ちはわからなくもないけどどうなのかな

    終わり方が、生徒会(またしても)四天王みたいな感じの名乗りとかがよくあるけどワクワクした(笑)

    ああだめだまざってる・・・

    どっちも読んでてこっちが好きっていうのがハッキリしてる人にどこがすきなのか聞いてみたい^^

  • 「落第騎士の英雄譚」
    TOKYO MX 日曜24:30~
    キャスト:逢坂良太、石上静香、東山奈央、浅沼晋太郎、小林ゆう
    http://www.ittoshura.com/

  • ラノベなんで、軽い。軽すぎる。
    で、一巻の途中までしか読んでいない。

  • 主人公が強すぎるな。妹の存在価値は?

  • 魔導騎士校の劣等生。
    話がわかりやすいんと、ヒロインにかわいげがあってええな。

  • ステラさんの破壊力がやばい。それはそれとして面白かったが1巻にして強さのインフレが起こってるのでこの先ちょっと不安。

全14件中 1 - 14件を表示

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)の作品紹介

魂を魔剣に変えて戦う現代の魔法使い"魔導騎士"。その学園に通う黒鉄一輝は魔法の才能がなく落ちこぼれた"落第騎士"だ。だがある日、異国の皇女にして"A級騎士"のステラから『敗者は一生服従』という決闘を一方的に挑まれ-勝ってしまう!一輝は魔法の代わりに剣技を極めた異端の実力者だったのだ!「なんでもいうことをきかせればいいじゃない!えっち!」悔しがりながらも一輝に惹かれ始めるステラ。そして騎士の頂点を争う戦いの中、かつての"落第騎士"は"無冠の剣王"としてすべての騎士からも注目され始める!最底辺から並み居る強敵をなぎ倒して駆け上がる学園ソードアクション開幕!!

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)はこんな本です

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)のKindle版

ツイートする