絶対に負けない交渉術

  • 29人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 植田統
  • SBクリエイティブ (2013年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797374810

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ベン・ホロウィッ...
トルステン・ハー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

絶対に負けない交渉術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20植田統『絶対に負けない交渉術』(2013)
    交渉:お互いにとって公正な妥協点を探るプロセス
    ビジネス経験ある弁護士という希少性
    交渉で大切にするべき5要素
    1お互いの置かれた立場
    2金銭的利害
    3時間的制限
    4オプションの有無
    5感情的対立
    @cpa_1992
    交渉のポイント
    1内容理解できない場合取引しない
    2相手が熱を持ったら時間を置くか話を聞く
    3オプションを持つ
    4結論が見えるまで、お金や時間は分散投資
    5望む結果を明確に伝える→相手との差の調整が交渉
    6ハイボール戦術:交渉のボールの肝心な部分は相手
    @cpa_1992

    7交渉後にデザートをつける
    8交渉の5大要素は絶対に忘れない
    9相手を敵視しない神の視点を持つ
    10嘘のない範囲で自分をよく見せる
    11必ず紙の資料を添えて自己アピール
    12一生会わない場合でも、紳士的な対応。ハインリッヒの法則
    13相手の利益が何か知る
    @cpa_1992

    14感情に流されない
    15攻める時は決定権を持つ人と直接交渉、守る時は交渉を纏める代理人を立てる
    16対立軸の明確化
    17交渉要素を複数に、優先順位をつける
    18時間軸や期限の設定を利用
    19落とし所感覚を養う
    20言葉の裏を読む、最後の5分作戦
    @cpa_1992

    21意思を伝える場合は明確に大きな声
    22相手に伝わると不利になる要素は伝えない
    23落とし所を柔軟に変更
    24サンクコストに縛られず今と未来志向で意思決定
    25自分の考えに固執せず白黒でない解答を模索
    26時間を武器にするための時間管理
    @cpa_1992

    27安易にうなづかず、相手の期待値をコントロール
    28相手の状況と時間的制限を考え即座に判断
    29交渉相手の実力や現状を把握し、論理的でない相手とは交渉しない
    30 1時間早く訪問先の近くに行く
    31相手から自分がどう見えるか意識
    @cpa_1992

    32交渉は自社で
    33話の裏を取る癖
    34決定事項は必ず細部まで文書に
    35ネクストステップを決めて会議を終える

  • 言ってることはなんとなくわかる。
    でも結局、場数が1番重要かなと感じた。やっぱりビジネスは経験がものをいう気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

絶対に負けない交渉術の作品紹介

ライブドア、JALの民事再生にも関わった異色の一流弁護士が、
その豊富な経験から、絶対にやってはいけない交渉例を紹介しつつ、
必ず勝ちにつなげるプロのルールを紹介する。

はじめに
第1章 絶対にやってはいけない「素人」交渉
第2章 絶対に負けない交渉術【基本編】
第3章 絶対に負けない交渉術【戦略編】
第4章 絶対に負けない交渉術【戦術編】
第5章 絶対に負けない交渉術【実践編】
おわりに

絶対に負けない交渉術はこんな本です

ツイートする