秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)

  • 36人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
  • SBクリエイティブ (2013年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797375046

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「秘境駅の歩き方」、2013.9発行です。秘境駅、興味があるし行ってみたいですが、家からだと近いところ(Ex:千葉県、いすみ線、久我原駅)で4時間近くかかります。働いてるときだと、近くに用事のある時、寄れたかもしれません(^-^)現在の私には、ハードルが高いです。東追分(北海道・石北線)、安比高原(岩手・花輪線)、折渡(秋田・羽越本線)、佐久広瀬(長野・小海線)、千金(島根・三江線)、大畑(熊本・肥薩線)などが紹介されています。

  • 文字通り、秘境駅の訪ね方を記した一冊。

    秘境駅の魅力や現状は元より、東京からの行き方なども綴られており、非常に親切だと感じた。

  • ≪目次≫
    まえがき
    第1章  大自然の秘境駅
    第2章  心癒される駅
    第3章  歴史を偲ぶ駅
    第4章  隠れ家のような駅
    第5章  厳しい現実の駅
    第6章  鉄道文化遺産的な駅

    ≪内容≫
    牛山隆信さんには小学館文庫の『秘境駅に行こう!』があるが、新書でこんな本が出るとは思わなかった。1時間程度で満喫させてもらった。文庫本では2巻でけっこうな量の駅が紹介されているが、この本では20駅。レイルウェイライターの西本裕隆さんの解説と2013年8月の時刻表による行き方例が載っているので、時刻表を引けないものぐさでも秘境駅に行くことは可能。それにしても、新幹線や飛行機を使えばけっこうな駅が日帰りで行けるなんて、日本も便利になったもんだ…(それじゃ秘境駅ではないような、というか本当の秘境駅は路線が廃線となってしまった気が…。

全3件中 1 - 3件を表示

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)を本棚に登録しているひと

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)の作品紹介

山奥や原野など人里から離れた場所に存在している鉄道駅、
それが「秘境駅」だ。
自然や歴史に溢れた秘境駅の魅力を伝える一冊。
週末を使って鉄道で行ける、プチ探検の旅行に出かけよう!

山奥や原野など人里から離れた場所に存在している鉄道駅、
通称“秘境駅(ひきょうえき)”が、近年、鉄道ファンの間で人気を集めている。

こうした“秘境駅”を訪ねてみると、すぐ横を渓流が流れていたり、野生の動物に囲まれていたり、
あるいは明治時代の建造物が現役のまま残っていたりと、魅力あふれる発見がある。

しかし実際に秘境駅を訪れるには、ロケーションの悪さゆえ、
たどりつくこと自体が困難である場合が多い。
運行されている列車の本数が極端に少なく、
たどりつけたとしても帰りの列車がないという事態も想定しておく必要がある。
秘境駅の周りには何の宿泊施設もなく、タクシーなど他の交通機関はほとんど存在せず、
それどころかアクセス道路すらない駅もある。

本書では、秘境駅の魅力や楽しみ方を伝えるとともに、
実際に秘境駅に行くときのノウハウ・注意点を紹介していく。

まえがき
第1章 大自然の秘境駅
第2章 心癒される駅
第3章 歴史を偲ぶ駅
第4章 隠れ家のような駅
第5章 厳しい現実の駅
第6章 鉄道文化遺産的な駅

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)はこんな本です

秘境駅の歩き方 この週末で行けるプチ探検の旅 (SB新書)のKindle版

ツイートする