数学を変えた14の偉大な問題

  • 71人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 水谷 淳 
  • SBクリエイティブ (2013年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797375190

数学を変えた14の偉大な問題の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 7月新着

  • 専門的なところにかなり踏み込んでおり、故に平易な表現ながら難解。
    数式が無いとかえってわかりにくい、と言いたいが、数式が入るともっとわからなくなりそう。
    このレベルの概念を「体感する数学2」で是非。

  • 和図書 410.4/St5
    資料ID 2013103353

  • 数学の本ではあるが、数式よりもどんな理論なのか、そしてそれをどのように考えられてきたのかを知ることのできる読み物。

    これを読むと、数学って思っている以上にダイナミックなものだって強く思う。全部を分かることはできないけど、そのエッセンスや香りぐらいは覚えておきたいなと。

全4件中 1 - 4件を表示

イアン・スチュアートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン・スチュア...
スティーヴン ワ...
トマ・ピケティ
シーナ・アイエン...
イアン・スチュア...
高野 和明
イアン・スチュア...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

数学を変えた14の偉大な問題はこんな本です

数学を変えた14の偉大な問題を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学を変えた14の偉大な問題の作品紹介

フェルマーの最終定理から四色問題、ポアンカレ予想、リーマン予想まで。
数学を進化・発展させてきた大問題と、未だ解くことができない偉大な問題を、
イアン・スチュアートが鮮やかに解説する、現代数学の最前線。

フェルマーの最終定理やポアンカレ予想のような大問題は、
どのように生まれ、どのようにして解かれたのか。
クレイ数学研究所が設けたミレニアム賞の対象である7つの未解決問題は、
なぜ解くことができず、どこまで解決の糸口が見えているのか。
数学を進化・発展させてきた大問題と、未だ解くことができない偉大な問題を、
イアン・スチュアートが難しい数式を使わず平易に解説し、
現代数学の最前線を明らかにする。
前著『世界を変えた17の方程式』と並ぶ名著が遂に登場!

ツイートする