バトンタッチ

  • 41人登録
  • 3.72評価
    • (4)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 原田泳幸
  • SBクリエイティブ (2014年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797376142

バトンタッチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原田さんというと、マクドナルドのイメージが強いですが、実はそれ以前にも、非常に興味深いキャリアをお持ちです。一読されると、すぐにそのパワフルさとチャレンジ精神に圧倒されると思います。すごく原田さんらしい一冊。

  • リーダーの使命はチームのパフォーマンスを最大化するために全力を尽くすことであり、挑戦し、成長し続けるしかない
    異論があれば相手が上司であろうと遠慮なく議論し、成果を追求すべき
    最初は自分の未熟さが嫌になることもあるが、その未熟さを素直に受け入れるのが、上司としての初めの一歩
    ポテンシャルとは学ぶ力
    人材育成とは忍耐でもあり、自分自身にいくら厳しくしてもいいが、同じ厳しさを部下や上司に押し付けるのは身勝手である
    キャリアとは、目の前の仕事にベストを尽くした結果を評価されて上から降ってくるもの

  • 著者のアツい哲学が、シンプルな文章に見事に凝縮された、珠玉のメッセージ集。

  • アップル、マクドナルドそして2014年にはベネッセと渡り歩きプロ経営者として名高い筆者からこれからのリーダーへのメッセージ。目の前の仕事に集中することでキャリアは作られるとあるが、自身のような壮絶な過去があってこそとも思える。いまなお学び、挑戦し続けている筆者から学ぶことは多い。

  • アップル日本法人社長、米国アップル社副社長
    日本マクドナルド CEO 原田泳幸氏の若手ビジネスマンへのメッセージ

    挑戦を続ける
    目の前の仕事に全力を尽くす
    部下が動かない原因は自分にある
    オンオフを切り替える 残業は不能率の結果
    人を動かすのは想い、想いはスピードに現れる
    仕事の受け方の三期待される成果
    スケジュール
    納期
    使っていいコスト
    自分のすべきことを見極める
    人の仕事を止めない

  • 若くはありません笑が、著者作品の中で一番新しかったので、手にとりました。
    「それは作業か仕事か」は、自分にも問うていこうと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

バトンタッチを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バトンタッチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バトンタッチの作品紹介

アップルとマクドナルドの業績をV字回復させた原田泳幸氏。
日本を代表する経営者が、若き自身の経験から、現代の若きサラリーマンへ向けて金言を送る。
リーダーの在り方や役割、そのために20・30代でやっておくべきこと、
目から鱗のビジネスヒントがここに!

はじめに
第1章 最も困難な仕事に挑め!
第2章 成長のヒントは現場にある
第3章 情熱を伝えるコミュニケーション
第4章 任せる勇気を持ってこそリーダー
第5章 リーダーになっても学び続けよ
あとがき
これまでの歩み

バトンタッチはこんな本です

ツイートする