アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)

  • 39人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森田季節
制作 : 遙華 ナツキ 
  • SBクリエイティブ (2014年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797376876

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 異世界虹界からもたらされた魔法使い虹界種。
    虹界種を育成する学園に一組の兄妹が転入してきた。
    兄は錬薬師(アルケミスト)で妹は最小の姉を体に宿した存在だった。
    学園に波乱が巻き起こる!

    普通の学園異能バトルかな。
    変に肌色シーンも入れてくるし、ギャグ成分も微妙。
    ただ、妹のキャラの濃さだけは見どころありか(笑)

    バトルシーンも異能が特殊すぎて表現しきれてない。
    物語の展開は敵味方が分かりやすいのでありかな。
    少しもったいないな。

  • ストーリーがとても素直でいつものちょっとヒネくれた森田節を期待しているファンには若干物足りないかもしれないです。
    読んだタイミングが個人的にバテていた時期だったので気負わず楽しめて良い気分転換になりました。
    そうは言いつつも主人公の周りを固めるヒロインズは例外なくやっぱり難儀で厄介なダメ人間ばっかりで…グラマラスで全裸白衣の師匠とか師匠とか。彼女達普通のラノベや恋愛ゲームなら色物枠ですね確実に。
    それをさらりと魅力的に描けてしまうのはやっぱりいつもの森田作品なんだな…と妙に納得しつつ結局次巻が気になってしまいます。

  • 薬打って、不思議能力を使って戦う話。
    めっちゃどっかで見たことある設定が盛りだくさんやったな。

全3件中 1 - 3件を表示

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)の作品紹介

現代の魔法使い――虹界種の学園に転入した神威は、最強の姫と出会う。

異世界『虹界(ソルシア)』からもたらされた現代の魔法使い――虹界種《ソルシエール》。
その虹界種を育成する学院に一組の兄妹が転入してきた。
最強レベルの「姉」を宿した妹・揚羽と、能力を持たない兄・神威。
入学式の《覇者戦》で、神威は学内1位の少女・輝夜と対峙する。
「素人に、私の攻撃が消された!?」
神威は、薬の力で異能を引き出す唯一の存在――錬薬師《アルケミスト》だった!

能力【刹那の虚無空間(ポータブル・ヴォイド)】で輝夜に勝ってしまった神威は、
実力上位者の集まるA組に転入、輝夜とコンビを組むことに!?
神威の登場で、学園に波乱が巻き起こる!

森田季節×遙華ナツキが贈るオルタナティブ学園バトル!

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)はこんな本です

アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》 (GA文庫)のKindle版

ツイートする