カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)

  • 73人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 田渕直也
制作 : にしかわたく 
  • SBクリエイティブ (2015年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797380330

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)の感想・レビュー・書評

  • 金融工学と言うと最近のフィンテックなどを思い浮かべるが、入門編という事で空売りなどの仕組みについて説明している。
    空売りは株の売買とは違い、利益(または損益)を取引するという事は知らなかった。
    それを読んで、空売りできる信用取引に、レバレッジが効かせられるのかの理由がわかった気がした。

  • 取引するタイミングを自分で決められるのがメリットであるデリバティブとはどういうものなのか、何の役に立つのか、どのような種類があるのかがわかる入門編。
    リスクとリターンの関連性とリスク管理の重要性なども記されている。
    歴史を遡り薩摩藩と長州藩の薩長同盟も例えればバーター取引のようなものだという話があり、坂本龍馬が現代に生きていたらデリバティブ取引の開発者になっていたかもというのが面白かった。

  • 超入門ということだけあり、金融工学について漠然としたイメージしかなく、若干の苦手意識があった私でもすんなり読み進めることができました。

  • 現在価値やオプションプレミアムの求め方は、
    順を追って丁寧に解説されており、わかりやすかった。
    初めて読む人にはいいかも。

    ただ、
    先日別の入門書を読み、
    これが2冊目の入門書だったため、
    読む必要はなかったか・・・という感想。

  • ポートフォリオVARの説明が分かりやすくてよかった。

全5件中 1 - 5件を表示

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)の作品紹介

本書は、話題のデリバティブを基礎からわかりやすく解説した入門書です。さらに金融工学は「リスク管理」を支える理論でもあるので、投資などをしない人にとっても、考え方は十分役立ちます。

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方 (サイエンス・アイ新書)のKindle版

ツイートする