アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)

  • 76人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (7)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 中野明
  • SBクリエイティブ (2014年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797380439

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)の感想・レビュー・書評

  • ・・・・・・っということで、アドラー本2冊目。

    どうもアドラーという心理学者には、他人に自分の考えを広めさせたいと思わせる力があるようだ。

    前回読んだ本と違って、今回は曲がりなりにもアドラーが唱えたセオリーをベースに、我田引水に陥らずに解りやすく解説している。

    しかし、解りやすくかみ砕きすぎて、この本を読んでアドラーが解ったと勘違いしてはならない。

    どんな高邁な理論も、実生活に役立たなければ何の価値もない。

    そこで著者が工夫したのが、「小説スタイル」をとることである。

    アドラー理論を実生活に応用している小説である。

    まるで漫画で見る歴史みたいに解りやすい。

    ぼくには成功しているようには見えないけれど、こういうアイデアにチャレンジしようとする精神は好きである。

    著者の小説家としての才能は、残念ながらお粗末としかいえない。

    こういうアドラー本が粗製濫造されているのは、今の若い人が歯ごたえのある読物を好まないからだろうか?


    次はもう少しアカデミックなアドラーを読んでみよう。

  • 「アドラー心理学」について綴った一冊。

    アドラー心理学に興味なくても勉強になった。

  • 今、読むべき本だった。改めて、この先ビジネスマンとしてどう生きていくのか、頭の整理ができた気がする。人の心の琴線に触れるストーリーに組み込まれながら、物凄く理解しやすい本。
    また、たまに読み返そうと思う。

  • 初めて読んだアドラー関連本。

    もっと色々読んでみたい。

  • 勇気の心理学。共同体との良好な関係、劣等感は飛躍の原動力、私的論理、共同体への貢献、得る人から与える人へ、相手への思いやり、パートナーへの献身。
    劣等感、劣等・優越コンプレックス、決定論・目的論と目標・ライフスタイル、私的論理・コモンセンス・早期回想、共同体感覚、三つの課題 対人関係・仕事・パートナー。

  • 会社のオフジョブトレーニングとして受講することになった自己成長トレーニング、自分を変える7つのステップに基づき、メンターからの週1回のディレクションを実生活を通じた実践と振り返り。
    主人公が自身の劣等感やライフスタイルに気づき、コモンセンスにより共同体への貢献をめざすことによる、仕事・人づきあい・家族の課題克服と成長のストーリー。アドラー心理学を実用するための理解を深めるとともに、お話としても楽しんだ。
    奥歯をかみ合わせて唇を左右に広げる。頬に微笑み、周りは仲間が印象的だった。
    14-179

  • アドラー心理学の解説を小説形式にて。個人的には嫌われる勇気の方が響いた。

  • アドラー心理学を小説仕立てで紹介する内容。主人公が自分を変えるために7つのステップを実践する。主人公は自分が変わる必要性を感じていなかった。しかし、自分の目標を見直し、人との関わり方を変えたことで新しい自分になっていた。解説が堅苦しくないし、ストーリーも面白いのでとても読みやすくわかり易い。

  • 取り扱っている内容もアドラー心理学、そして小説形式ということで、『嫌われる勇気』にぜったい影響を受けただろうと勘ぐってしまう作品。
    しかも、アドラーの考え方があんまり小説に反映されていないような気がして、ちょっと退屈してしまった。

全11件中 1 - 11件を表示

中野明の作品一覧

中野明の作品ランキング・新刊情報

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)を本棚に登録しているひと

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)の作品紹介

アドラーブーム到来! 自己啓発の源流「アドラー心理学」がストーリー仕立てで学べる1冊。
7つのステップで「共同体感覚」をもつことで「劣等感」を克服し、人生は変えられる!
自分に悩み、人との関係に悩み、人生に悩んでいる多くの人を勇気づける。

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)はこんな本です

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)のKindle版

ツイートする