数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)

  • 161人登録
  • 3.77評価
    • (5)
    • (14)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 結城浩
  • SBクリエイティブ (2015年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797382327

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • C0041

  • 初めての「秘密ノート」シリーズ。
    中学生向けなのでかなりやさしい内容。やさしいとは言え、小学校低学年のウチの娘にはまだ早いかもなぁ。。

    ベクトルが、「平行移動で一致するものを同一視するという同値関係で、始点と終点の全組み合わせ集合を割ることで定義される。」
    「内積一定の条件から直線が生まれる。」
    「関数空間を考えれば、内積から関数の大きさ、関数のなす角度が定義できる。」
    辺りがハイライトだった。

    定義から丁寧に演繹する説明が相変わらず気持ち良かったです。

  • このベクトルの回は他のものに比べてわかりやすい。計算が簡単であること、図形で表せること、その図形が比較的簡単であること、が理由。ただ基本を理解するにあたって、いくつかの根本的な疑問が話されている。ひとつはベクトル同士の足し算をするときに、便宜的にグラフ上で考えるに当たって、ベクトルを動かしてしまってもいいのかどうか。これはベクトルが大きさと向きを表すものであるから、いいという結論となっている。次に普通の計算でマイナスとマイナスのかけ算がプラスになることがうまく理解できなかったのと同じように、逆方向のベクトル同士の掛け算でもマイナスになること(ただしマイナスのベクトルではなく数としてのマイナスになる)。これはベクトルの基本である内積の性質を考える途中で話される。ベクトル自身は数学の中では少し特殊な位置付けにあるように思う。内積という定義自体から特殊な感じを受ける。ベクトルが重力を考える物理の中で使わざるを得ない概念だから。そうした普通の数との違いはあるものの、複数のベクトルを考えるときには数式として表せるという都合のよさが明らかになる。 最後にテトラちゃんが考えていた円に接する直線の方程式の問題は難しいと思う。

  • 2日間で読了
    内積の理解が進んだ。数学は不得意だけど、楽しい世界。

  • 数学ガールの秘密ノート、ベクトル編。
    読んで分かった。なんとなく分かったつもりでいるけど、だいぶ忘れてる。内積とか全く覚えていなかった。
    テトラちゃんが目をつぶってる時に主人公の胸がドキドキするという記述にまたいきなりキスしかねないか不安になった。あれって何の話だったっけ……。
    そういえば、この本を読んで一つ思い出したのが、高校の時の数学の授業での話。先生に「内積の公式は?」と尋ねられて、「aベクトルの絶対値とbベクトルの絶対値と間の角度をそれぞれ書けた数」と答えたら、「間の角度はどっち?」と聞かれたのを思い出した。「小さい方」とかそんな感じの答えを返したような気がするけど、後で、大きい方でも同じじゃないかと気づいて、「どっちでもいい」と答えればよかったと悔やんだ。

  • ベクトルは、何回やってもしっくりこない。勉強不足か?ユーリのほうがよっぽど賢いぞ・・・

  • 主人公の丁寧なやりとりが心地いい感じです。
    学生時代から時間が経った今だからこそ分かることも増えてきた気がします。

  • 高校のときにこれ読んでたら、もう少しベクトルに親しめたのに

全8件中 1 - 8件を表示

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)の作品紹介

ベクトルの基礎から応用まで。抽象的で理解が難しいと言われるベクトルの世界を、「僕」と3人の数学ガールが、たくさんの図と具体的な問題を通して、やさしく解き明かす、魅惑の数学トーク第6弾。

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)はこんな本です

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)のKindle版

ツイートする