ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)

  • 494人登録
  • 4.19評価
    • (45)
    • (43)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 茂木誠
  • SBクリエイティブ (2015年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797382402

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
田中正人
三浦 しをん
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)の感想・レビュー・書評

  • 中東を国単位で見ているのは実際中東以外。中東は宗派等で考えない限り、戦争は続く。

  • 今知っておきたい世界情勢に関し、質問形式で内容を解説している。
    現状の問題の解説に絡めて、その原因やバックグラウンドについても書かれており、普段のニュースについていけない人でもすんなり読める(世界地図は頭に入れておいたほうがいいかもしれない)

    本書によると、世界中で起こる紛争の多くは宗教的価値観・文明の違いによるものである。宗教の教えが与えるお国柄への影響は大きく、宗派による考え方の違いは、紛争をけしかけるきっかけにもなってしまう。昨今のテロやかつての戦争は、実に根深い問題ということを知らされる。
    争い後の各国の振る舞い方を考えていく上でも、こういった教養は身につけておくべきと感じる。「歴史は繰り返す」とはよく言うが、誤った判断を下さないためにも、正しい判断材料を常に仕入れるのが大人としてのたしなみなのかもしれない…。
    とにかく今何が起きているかの「事実」しかわからない!といった人にはうってつけの本。

  • タイトルが気になってて、買おうかどうしようか迷ったけど図書館で予約。
    しかし読んでみると無知の私に為になるおはなしばっかり…!説明もわかりやすいし、今の事件やら何やらに絡めてあるので、かゆいところに手が届く。知りたかったのはこれだよ、へぇーそうなんだ!の連続でした、手元に置いて読み返せるようにしようかな。

  • 時事ニュース関係は池上彰さんの著書に頼りっぱなしであったが、並行して読むには良書だと思う。

  • Q&A方式で、ニュースで疑問に思う事に答える形式で分かりやすく書かれている。
    しかし、なんとなく満足感が足りなく感じたのは、自分の好みでは章の最初に、よくある質問を数個並べてから、本題に入ってこの答えはこうだ、この答えはこうなんだという構成の方が好きだ。テーマ毎に章わけして纏めてくれたら、知りたい事が網羅されているのか分かるような気がする。

  • 予備校講師が本職なだけあって、語りがうまく、分かった気になります。
    複雑な世界を敢えてシンプルに切り取るときには、当然切り落とされてしまうものがたくさん出ると思いますが、そんなことを気にし出すといつまでたっても世界は理解出来ないので、こういう本はいいと思いますね。
    (ペリーが太平洋を渡って来たのではなく東廻りでマラッカ海峡からやって来た、ってのは意外な驚きでした。)

  • ユダヤ教→親子の縁より神への忠誠心が大事な神至上主義。神の掟「律法」を守らないと救われない。神に選ばれた民であるという信念だけで成り立つ。
    やべー、気持ち全く理解できんわ笑

    キリスト教→ユダヤ教から分離。イエスキリスト「律法とかよくね?信じる心があれば救われるさ」ユダヤ教が反発、反逆罪で磔の刑も生き返り勢力絶大に。

    弟子から神と祭り上げられたイエス、ユダヤ教からすれば裏切り者であり、人間が神を騙るのは許せない。

    ローマへの反逆を煽り立てる危険人物としてイエスを告発したのに、その後ユダヤ自身がローマ帝国に反乱起こすとか矛盾してるなぁ(^◇^;)

    ユダヤ教 旧約聖書 モーセ
    キリスト教 新約聖書 イエス
    イスラム教 コーラン 最後の預言者ムハンマド

    最後の啓示であるコーランをなぜ聞かない?
    近いからこそ憎み合う。

    ユダヤ教とイスラム教→人間ごときが神を絵や彫刻にできない=偶像禁止
    キリスト教→めっちゃ描いてる
    イスラム過激派に襲撃されたシャルリエブドは預言者ムハンマドの風刺画を掲載してたのね。なるほど、なるほど。風刺どころか絵にすること自体がタブーなら触れたらあかんわ。

    ペテロ→イエスの一番弟子
    「私はペテロ(岩)の上に教会を建てよう」
    →キリスト教が認められた時、処刑されたペテロの墓の上に教会を建てる=バチカンのサンピエトロ大聖堂(ローマカトリック教会の総本山)
    サンピエトロ大聖堂を守ってきたのがローマ教皇
    「自分たちはペテロの後継者でありイエスの代理人」「ローマ教皇こそがキリスト教の最高指導者」
    カトリックとは普遍的、ユニバーサル、世界共通という意味

    政教分離→西ヨーロッパ文明、日本
    「日本は天皇がいるから社会の安定を保てる」
    →マッカーサー「GHQは天皇から権力を委任されて統治する」

    政教一致→東ローマ帝国(実質のギリシャ、ビザンツ帝国。東方正教会)、ロシア、中国
    皇帝に対する反抗は神への反逆罪となり一切逆らえない。独裁

    中国の皇帝が道を誤った場合天命が離れる。別の有徳者に天命が下って暴君を倒す=易姓革命

    ギリシャは思ってた以上にやばかった笑

    カトリック→勤労と蓄財は罪
    イタリア、アイルランド、スペイン、ポルトガル

    カトリックを否定→ドイツのルターとスイスのカルヴァン=宗教改革→プロテスタント(新教徒)→勤勉
    ドイツ、イギリス

    カトリックやプロテスタント→罪の意識が強い=原罪
    →寄付・勤勉
    正教会→原罪意識が希薄
    ギリシャ、ロシア

    ムスリム同胞団→イスラム原理主義政党
    イスラム原理主義政党↔︎社会主義独裁政権
    IS→ムスリム同胞団の一部が過激派に。さらに一部はアフガニスタンでアルカイダと合流。
    政権を勝ち取ったムスリム同胞団「エジプトは西欧化をやめイスラム法を導入する」→親欧米派の軍部がクーデター→選出された大統領を逮捕し、同胞団を非合法化→独裁政権に逆戻り

    シーア派→党派 10% ムハンマドの血統重視 ホメイニ師の肖像あらゆる所に。 7世紀に決められた経典を変えてはいけない
    スンナ→コーランに次ぐ経典の名称
    スンナ派→スンナを重視する者=スンニ 90% 経典重視 偶像崇拝禁止 時代に合わせて解釈を変えていく世俗主義が多い

    原理主義 ファンダメンタリズム
    元々はキリスト教の過激派を指す言葉

    イスラム教ではアッラーの言葉を人々に伝える以前の世界を人類が愚かで誤った時代と考え、黒歴史として破壊したがる。

    サウジアラビア→サウード家のアラビア
    ワッハーブ派ではあるものの贅沢な暮らしにおぼれ、アメリカとべっとり癒着関係に
    憲法も国会も選挙もない。重要ポストはすべてサウード家の人間で占められる。国民に富を分配してるから成り立ってる

    イラク→第一次世界大戦でフランスとイギリスが密約でかわしていた定規で引いた線に... 続きを読む

  • 最近の出版業界で流行している「~の世界史」というタイトルに便乗した「世界史に学べ」。そこに池上彰の現代教養エッセンスをふりかけた現代ニュース評論本。著者は世界史の講師なので、ジャーナリストの池上氏や佐藤優氏ほどの毒はない。が、それはそれで純粋な教本として読みやすい。最近の国際ニュースでよく出るなんとなくわかった気になっている言葉の意味を、その背景となる歴史を含めて教えてくれる。

    「クルド人」って誰?
    ウクライナってどういう存在なの?
    ユダヤ教とキリスト教とイスラム教は仲が悪いの?

    こうしたモヤモヤを解決してくれる。

    しかし、改めて思うけど、日本人にとって民族問題、宗教問題というのは実感がないから理解するのは難しい。まずは歴史をじっくりと学ぶことからはじめたい。

  •  テレビのニュースは詳しい解説や背景まで説明されない。しかし世界の動向を知る上で、歴史的な経緯を踏まえた認識をすることは世界の動向を知る上で必要不可欠だと思う。ロシアと欧米との関係をローマ帝国の分裂時まで遡って解説している箇所が特に面白い。近いようで遠い。日本と中国もそうだが、他者からでは同じように見えても当人同士はまったく相容れないという関係が世界各地である。

  • 世界のニュースの動きに対して、起こっている理由が少し分かった気がする。

    歴史を通してみると本当に分かりやすく理解することが出来た。宗教観であったり倫理感や文化が違うため仲良くなれなかったりするのは歴史から紐解くことができる。地政学的な問題だったり外交戦略的な行動や交渉、国内政治向けのための施策など色々な要素が含まれ絡み合い世の中が動いているのがよく分かった。

    例えば反日運動は中国にとって共産党の腐敗の目をそらすために利用され、韓国は外交戦略として中国側に着くときにアピールとして使い、アメリカ・日本側に着くときは抑えめにしたりとそれぞれ何らしかの理由がある。これを読んでいると、なるほどと思うことが多かった。この本は大変お勧め。

  • 中東情勢について知ろうと本を読むと、その時は『なるほど』なんですが間が空くとどうだっけ?になっちゃう
    詳しすぎるのも頭こんがらがってダメなんですよね

    世界史本というより世界情勢を分かりやすい切り口で
    書かれていて理解しやすかった、忘れにくいかも。
    予備校の世界史の先生だそうですが
    受験生への講義のノウハウが反映されてるのかな?

    第一章 ヨーロッパの憂鬱ーウクライナ問題と難民問題
    第二章 台頭するイスラム過激派と宗教戦争
    第三章 アメリカのグローバリズムと中国の野望


    シリア 親ロシアのアサド政権アラウィ派 大多数のスンナ派
    IS シリアの反政府スンナ派+イラクの反政府スンナ派
    イラク       シーア派(サダム・フセインはスンナ派だった)
    イラン       シーア派
    サウジアラビア   スンナ派
    パキスタン     スンナ派

    ≪共和党≫ 
    軍需産業、草の根保守、福音派(ホワイト、アングロ・サクソン、プロテスタント)、中間層、孤立主義、銃規制反対、福祉無駄、減税
    ≪民主党≫ 
    金融資本、移民労働者、アフリカ系 貧困層、労働組合、ユダヤ、

  • ニュース番組や新聞の記事をなんとなく見ていると、なんとなくわかった気になりますが、この本を読むことによりニュースや新聞の記事の裏が少しですが見えてきません。そのニュースや新聞の記事などで、さらに詳しいことを知りたくなったら、詳しいほかの専門書をお探しください。

  • 世界の流れが、非常に分かり易く記述されている。多少作者の見解が盛り込まれているようだが。
    なぜISが出現したのか、なぜ中東で争いが絶えないのか、中国と日本の関係が悪化しているのか。
    先日、中国のあるスポーツ選手が日本のホテルに宿泊して、愛国心で蛇口を開けて水を出しっぱなした事をブログかなんかにアップしたことに対して、ある作家が「行為に対して否定はしないが、愛国心からならばOECDの円借款で作られた相当な数にのぼる中国国内の施設も壊すか、使用しないようにしないと愛国心に矛盾する」と書いていた。
    そもそも中国人は「井戸を掘った人の恩を忘れない」のではないのか。
    でもあれもこれも江沢民以来の反日教育によるものだと言われている。この本に書かれているように、為政者への反発を逸らすために都合がわるくなると、反日を持ち出しては攻撃する。やはり中国は大国としてリスペクトされる国には成り得ない。

  • 世界で多くの事件が起きていますが、それらには原因があると思います。米ソ冷戦構造が終わって、早いもので20年が過ぎました。当時抑制された人達が、本来の姿を取り戻そうとして活動しているのかもしれません。それを理解するためには、この本の「帯」に書かれているように、地政学・宗教・世界史、を組み合わせて理解しておくことが大切だと思います。

    この本では、ヨーロッパ・イスラム・米国と中国について、合計99の質問に答える形で、構成されています。長年、フジテレビの報道ステーションを担当していた、久米宏が、絶賛しているだけあって、面白い内容が満載でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・フランク王国が9世紀に西欧を統合した、日本では平安京に遷都したころ。この王国が採用したのが、西方キリスト教のローマ・カトリック教会と、ラテン文字(ローマ字)であった、そののち、仏・独・伊に分裂した(p17)

    ・ローマ帝国は5分の1程度まで領土の縮小を余儀なくされますが、現在のギリシアを中心に生き残る。これを東ローマ帝国、あるいはビザンツ帝国という。この帝国が採用したのが、キリスト教の東方正教会とギリシア文字、これが東欧の原型となった。(p18)

    ・ユダヤ教は厳しすぎる律法なので異民族には広がらず、何度も迫害を受けた。ナチスヒトラーによる迫害は有名だが、それ以前にも、エジプト、バビロニア、ギリシア、ローマといった諸民族によって何度も国を滅ぼされた(p22)

    ・ユダヤ教とキリスト教の根本的な相違は、大工の息子であるイエスを神と認めるか否か、ユダヤ教から見れば、人間であるイエスを「神」と呼ぶなど言語道断である(p25)

    ・天皇家が実際に軍事力を持っていたのは、7世紀まで、そのあとは側近(藤原氏等)が力を持った。平安時代末期になると、武家が台頭した(p36)

    ・東ローマ帝国、ロシアと同じように、政教一致の大国として、中国がある(p40)

    ・スターリンは反革命罪で自国民を何百万人も殺害した人物だが、ヒトラーの侵略からロシアを守ったことにロシア人は価値を置いている(p59)

    ・スコットランドの独立運動が盛り上がった背景には、クリミアが独自に住民投票を行って、ウクライナから独立してロシアに編入されたことが影響している(p73)

    ・経済統合や通貨統合の絶対条件は、同じ価値観を持っていること、そして、経済格差があまりないこと、これを無視すれば大混乱が起きるのは証明すみ(p87)

    ・サダムフセインは、イラン革命の影響を食い止めるために、イランに攻め込んだ、これがイラン・イラク戦争の始まり。アメリカはこのとき、イランのホメイニ政権を倒すため、サダムフセインのイラクに兵器を供与している(p121)

    ・イラクの革命政権が倒れ、シーア派の親米政権が生まれて、国有だった油田はアメリカ資本の手にわたった。2003年のイラク戦争の意味は、親ソ政権に国有化されていたイラクの石油利権を、アメリカが取り返したことになる(p127)

    ・ISは、イスラム原理主義のアルカイダ系過激派組織と、旧フセイン政権の軍人がくっついて拡大した組織といえる(p130)

    ・イスラエルとトルコという、中東における2つの新米国家が、IS問題でアメリカから距離を置き始めた、これは物凄い地殻変動である(p148)

    ・敵の敵は味方と考えると、現在は、アメリカ・クルド・イランvsロシア・シリア・イスラエル・サウジ・トルコ、である(p155)

    ・テキサス共和国がアメリカ合衆国に編入申請をすると、アメリカ政府はテキサスをアメリカの州にした。クリミアと同じ。アメリカは、ロシアによるクリミア編入はけしからん、と非難するが、メキシコ人から見れば、アメリカこそテ... 続きを読む

  • 世界史は学生の頃から苦手でしたが、現状と結びつけて説明されていることで頭に入ってきやすかった。
    特に中国やロシア、イスラム教とかの今を紐解く歴史は勉強になりました!

  • ここ数年の世界情勢を、世界史の観点から語っている。
    原因から過程までを、非常に平易な文章でわかりやすく説明してくれているので、とてもわかりやすい。
    採り上げられているのは大きく分けて、ウクライナ問題と、ISIS及び中東、米中問題の三つだけど、それに付随する問題(EU危機、ユダヤ問題、高度経済成長期の日本など)も合わせて説明してくれているので、じっくり理解できる。
    個人的には、中東関係が出色。
    中東問題がものすごい複雑なのは知ってたけど、なんとなく理解していたことを文と図で詳しく読むことができて、これまでよりは理解できた……と思う。

  • こういうのは勉強になります。
    宗教観の違いが結局のところ諍いに結びつくのだなぁ。
    そして書き手によって、結構見方も違うのでこの手の本は一冊でなるほどと思いすぎず、何冊か読んだ方がいいんだなと思った。

  • 各国の帝王の在り方と宗教が、国の統治の仕方を変える。

  • 今更聞けないうん蓄盛りだくさん。知ったかぶりは止めにします!!

  • 「ISはなぜテロを繰り返すのか?」「アメリカはなぜTPPに消極的になったのか?」「中国の反日感情の正体とは?」など、分かっているようでよく知らない事柄を歴史を交えつつかなり噛み砕いて説明してくれる。とても分かりやすく、読み終わった後すぐに新聞を開きたくなる一冊。

  • 新聞やテレビじゃ国際問題はわからない。こういう本で複眼で読み解く必要がある。いやー、勉強になった。

  • 茂木先生の本は「世界史で学べ地政学」に続き2冊目。今回もよくわかる解説で納得の1冊。
    ただ、少しばかり疑問に思うところも。例えば、P30で「イスラム教と仏教はそのそも違う思想なので、ケンカのしようがない」旨書いているが、ミャンマーでは仏教徒が少数民族のイスラム教徒を迫害しているが…。P86の「フランスとドイツは価値観が似ている」も違うと思うけどなあ(←「ドイツ帝国が世界を破滅させる」エマニュエル・トッド氏著)。
    また、この本の出版後わずか半年(!)で、アメリカ大統領選では共和党候補にまさかのトランプ氏、そして茂木先生曰く「平和主義者が平和をもたらすとは限らない」オバマ大統領の広島訪問(オバマ大統領は、広島の前にはベトナムにも行ってるし)。イギリスもEUを離脱してしまうかもしれない。このあたりはどう解説されるのか。興味津々である。この際茂木先生にも林先生みたいにTVに出てきていただいて、タイムリーな解説をお願いしたいと思ってしまう。

  • イスラム情勢、ロシア対ウクライナ、アメリカの政党や中国の反日教育などなど、細切れの情報をうまく線にしてもらった。すっごく分かりやすい。2回読みたい。
    星ひとつマイナスなのは、用語の羅列が、高校のときの「世界史」の暗記必須な性質を感じてしまって少し萎えるから。

  • 世界のなんでこうなるのがよく分かった!
    事実かどうかを見極めなかればいけませんが、でも読んでおくべきと思います。

    だれも説明できなかった話が読めて、本当に良かった。

全43件中 1 - 25件を表示

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)の作品紹介

■読者イメージ
現代ニュース、国際ニュースについて、よりよく理解したいビジネスパーソン
年齢層:30代~40代

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)はこんな本です

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)のオンデマンド (ペーパーバック)

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)のKindle版

ツイートする