本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

  • 1530人登録
  • 3.70評価
    • (93)
    • (186)
    • (144)
    • (35)
    • (6)
  • 208レビュー
著者 : 堀江貴文
  • SBクリエイティブ (2015年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797383485

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀江 貴文
三谷 宏治
みうら じゅん
有効な右矢印 無効な右矢印

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)の感想・レビュー・書評

  • ホリエモンってあまり印象がよくなかったのですが、この本を読んで、少し見直した・・・っていうか好感もてました。
    まさに、私のような優柔不断の人間に対しての『喝』を入れる内容で、ほんと勇気をいただいたような気がします。
    やりたいことがあるならつべこべ考えずにやってしまえ!
    ほんと、そうなんですよね。
    人生、後ずさりしそうになったら、またページをめくりたいと思います!・・・・じゃなくて、行動を起こせ!(って、声が聞こえてくる・・・(~_~;)

  • 発言する前に躊躇するのはなぜか。話がつまらないのは、失敗するのが怖くて本音を話していないから。
    言い訳をやめ、すぐに行動した方が楽しく生きられるのは明白である。時間は有限である。

  • 著者が自分のことを語っているだけ。好きなように生きるという考えかたはもともと同感なので、特に何も新しい情報はなかった。

  • 著者の本はみな読みやすいが特に読みやすい一冊。言い訳をやめる、プライドを捨てる、時間を最適化し隙間時間を有効に使う、何かを成し遂げるなら没頭すること、やりたい事をやる等、今の自分にとってためになった。特に現代の情報化社会で毎日浴びるような情報に接していてその情報を覚える必要がないというのは衝撃だった。一度その情報に接すれば忘れてしまっても脳の片隅に残っていて必要な時に引き出せるというのだ。今までは覚えるつもりで読んでいたがこれからは気軽に情報に接する事ができる。何かに迷っている人、これから何かを始めようと思っている人、一読の価値あり。

  • 本のタイトルから、本音で生きるのが難しいと感じている人向けの本のようにも見えますが、どちらかと言うと、すでにある程度本音で生きていて、もう少しがんばりたい人向けの本と言う感じがしました。

    書いてある内容は、本音で生きる方法と言うよりは人生の無駄をなくすための方法と言う方が適切かもしれません。

  • それまでホリエモンに対して好意を持っていたわけではないが、読了後は本人に対する見方がだいぶ変わった。
    納得できない部分もあったが、タイトルの通り本音で生きることで自分の人生を実現していけることが理解できた。


    情けは人のためならず。
    アイデアの価値は暴落したが、その代わりに重要になったのが実行力だ。
    リスクを取らないこと自体が最大のリスクである。
    ノリの良い奴にはあちこちから声がかかるようになり、加速度的にいろんな経験ができるようになっていく。

  • we agree to disagree. 必要ですね。

  • ホリエモンのこの本がT書店で新書ジャンルで2週間内の売れ行きランキングで1位か2位か3位だったのでげと。やりたいことあるならつべこべ言わずやっちゃえよ、とノリが重要と説く。通勤の満員のろのろなんて世の中の無駄で、タクシー使っちゃうもんね、というあたり庶民レベルと離れた経済観念が伺える。真面目にコツコツ貯金してという観念は古き良き時代の遺物であり豊かで揃うものは揃っている現代の日本に於いては常にチャンスだらけですぐやりたいことをやらなきゃと。21世紀の生き方ってこういうものかもしれないと感心させられた一冊。

  • プライドをなくす
    すべてを最適化する
    圧倒的なインプットをすれば、おのずとアウトプットもできるようになる
    体系的に学ぶ必要はない
    極限まで忙しく
     
    書いてあるとおり生きれれば楽しくなりそうなことばかり

  • 発売されたのを発見し、即読んでみる。

    新書ですが、この厚みの中に今までの著書で述べてきたことはじめ、
    エッセンスがぎゅっと詰まっています。

    堀江さんの本を読んだことがある人にも、今まで読んだことがない人の一冊目としてもオススメ☆

  • 出来ない理由を考えるのではなく、思いたったらすぐ行動

  • 問題や悩みを抱えている人に対して、具体的にこうすればいい、という話はない。すぐやることの重要性をひたすら書き付けた感じ。

  • タイトルにもある通り、時間を無駄にしない生き方について書かれている印象を持ちました。その基本となるのが「人生の時間は有限ではない」と言う事でしょうか。著者が一般的に「成功者」と見られる部分も、本人にしては特別な物でもないと。ただ、人より時間が濃縮されていると言う所は、もっと「時間」の大切さを振り返る切っ掛けに。

    堀江氏も、好き嫌いが分かれるかと思いますが、この本は読んでみて損がない一冊です。何かしら、参考になる部分が一つはあるのではないでしょうか。

  • なぜ本音を言えないのかわからない
    なぜやりたいことができないかわからない

    ホリエモンワールド炸裂の本です。

    どんどん本音を言って、やりたいことはどんどんやりましょうという本

    これがわかればこの本は不要。
    さっさとやって下さいという本。

    まあ正直言ってわかっているけどできない人がほとんどだと思うので、そこの解決策が必要だと思います。

    まあそれはホリエモンの範疇ではないけど。

  • 自発的に動かないから没頭できない、という言葉にはとても納得しました。ブレてないねーホリエモン節炸裂

  • 衝動買い。
    今読むタイミングではなかった。この手の内容に飽きたのかもしれない。

  • あとがきも良かった

    現代のIT活用状況もわかった

    意外にわかりやすい本だった

  • ものの言い方が受け入れられないところのある著者だが、論旨は明快で筋も通ってる。それに仮に考え方が合わなかったとしてもまったく問題ない。なぜなら著者自身、あえて自分と合わない意見に触れることによって自らを客観視するよう工夫しており、自分もそうしたと考えればよいだけなのだから。にしてもホリエモンの著作は今や啓蒙書の如く迎えられている感もあるが、彼の主張が耳に心地良い人達ほど、彼のターゲット読者層になっている点は認識しておきたいところ。

  • ・実現可能性をまず考えて尻込みするような人間は、リスクをとらないこと自体が最大のリスクだということに気づいていない。
    ・いちいち判断を先送りするのではなく、その場で処理できることはすぐに済ませる。そうして案件を片づけていけば、メールアプリの受信トレイはいつもすっきりしていて精神衛生的にも快適だ。
    「今済ませられることは、今済ませてしまう」
    ・睡眠時間を削っても使える時間は増えない
    ・自分のコアバリューが何かなど、頭で考えていてもわかりはしない。スキルや資格があるからといって、それがコアバリューとは限らないのである。まずは、やりたいと思うことはすべてやろうとすること。そして、自分一人ではどうしようもなくなった時に、人に仕事を任せていき、そぎ落としたあとに残ったものがあなたのコアバリューだ。
    ・最初から難しいFのコードをきちんと押さえようとして挫折するより、やって楽しいことからはじめるほうがはるかに効果的だ。
    ・何かをする前に勉強するのではなく、やりたいことをしながら学んでいくことが大事なのだ。
    ・量が質を作るのであって、その逆はない。
    ・だから、新しい出会いの場には必ず行くと「決めて」いる。決めたんだから、行く。これは新しいことをする時に共通するが、決めれば「やる」ものだ。面倒くさいという気持ちが起こったとしてもそんなものは無視すればいい。

  • 『本音で生きる一秒も後悔しない生き方』
    著者:堀江貴文 発行日:2015年12月5日
    評価:★★★★☆ (所要時間:2 時間)
    読破冊数: 7/100冊

    ■こんな人におすすめ
    ・ホリエモンについて興味がある方
    ・自分の今の生き方に迷ってる方
    ・時間を無駄にしたくない方

    ■概要
    本音で生きる。
    むしろ、なぜ本音を言えないのか、なぜ本音で生きられないのかのほうが、僕にはわからない。
    「失敗が嫌だから、やらない」
    「後で何か言われそうだから言わない」
    「嫌われたくないから、突っ込まない」
    それで何かいいことがあるのだろうか。

    皆さんもおわかりだと思うが、世の中はすべて「いいか、悪いか」「ゼロか100か」で割り切れるものではない。
    たとえその時意見が食い違っても、その相手まで嫌いになることはないし、
    失敗したとしても、未来永劫失敗のままでいるわけはない。
    だとしたら、まず言いたいことを言って、やりたいことをやったほうが、よっぽどいいのではないだろうか。
    自分に勝手に制限をつける人もいる。
    「時間がないからできない」「地方にいるからできない」
    これも僕には理解できない。
    スマホやその他のデバイスが発達した今、どうにだってやりようはある。
    やるか、やらないか。それだけだ。

    さて、あなたは本音で生きているだろうか。
    自分が考えたことを伝え、自分が心からやりたいことに没頭し、
    そして自分の心に真摯に向き合っているだろうか。
    時間は誰にとっても有限だ。
    先のことが不安でしり込みをしているくらいなら、その場しのぎの言い訳はやめ、
    今すぐ一歩でも先に動いたほうがいい。
    きちんと、自分の足で人生を切り拓いていきたいのなら。

    誰かに自分の人生の決定権を渡したくないのなら。

    本書では、あなたがもっと簡単にジャンプできるような話をしたつもりだ。
    それもいたって当たり前のことがほとんどだ。
    僕は、いつも誰でもできることしか話さない。しかし、たいていの場合、
    それをやるかどうかで、その後の結果が変わってくる。

    本書を読んで、自分にとって必要なことに気づいたら、きっともうこの本はいらなくなる。
    それがこの本が望む到達点だ。(出版社から)

    ■この本から学んだこと
    ・自分にとって何が本当に必要で何が不必要なのかまず、見極めることが大切でこれができたらあとは進むだけ。これが明確になっていないとなかなか目標に到達できずこれは自分には向いていないと思い込んでしまうことが多いと思います。
    短期集中で動く自分にとってこのホリエモン的な考え方は非常に重要だと思いました。

    ≪目次≫
    まえがき
    序章 なぜ、本音で生きられないのか
    1章 言い訳をやめる
    2章 バランスをとるな!
    3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である
    4章 すべてを最適化せよ
    5章 本音で生きるために必要なこと

  • 後で悔やむと書いて後悔
    人生において、「後」という概念は本当に無駄。堀江氏はじめ、成功者は本当に今を生きているんだと感じる。本書にある言い訳をやめるや、最適化などの教えは、すべて自分が今何をやりたいかにこだわり、それが結果、後悔のない生き方につながるということ。堀江氏は過去の著書からも、時間というものを誰よりも貴重に捉え、限られたそれを、最大限有意義に使おうとしている。自分自身、社会、会社に身を置き、何か行動や決断をする時、迷ったり、周りの目を気にし最初の一歩を踏み出せない時が多い。そしていつのまにかそれを正当化するための、言い訳を考え、納得させてしまっている。また時間が解決するだろうと目の前のことから避けてしまう。しかし、時間に解決を委ねるのは、自分に与えられた有限の時間を消費してしまっている。堀江氏の自分主義な考え、行動は実は、自分や多くの日本人に足りていない、本当に有意義な人生を送るために必要なことなんだろう。だって、時間もそして、人生も、結局自分のものでしかないのだから。「後」という概念は時間の労費であり、だったら今を生きようと勇気を貰える著書である。

  • 堀江さんが使ってる情報系アプリは参考になった。
    堀江さんが言うことに背中押される・元気がでる人ってたくさんいるだろうなと思う。今回の本も同様。簡単なことのように思わすのがうまいというか。堀江さんに褒められたい・認められたいっていう人も多いだろうなと思う。
    読んでると堀江さんはすごい自信家で、きちんと自分の著書などを売り込んでいるw
    自分と同じように他の人もできるでしょ、って思ってる節は否めない。やっぱり頭がいいと思う。

  • ご恵贈いただいた堀江さんの『本音で生きる』を読んだ。『多働力』も読んだのですが、最上段にあるメッセージングが変わるだけで、たとえ内容が似ていても、まったく印象が変わるのだなと。それが本というパッケージングの醍醐味でもありますね。

  • 他人の目を気にしすぎてるな。

全208件中 1 - 25件を表示

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)に関連する談話室の質問

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)の作品紹介

周りを気にして本音を言えずに生きている方、自分のやりたいことに踏み出せない方は、多いと思います。

この本の著者である堀江貴文氏(ホリエモン)は、徹底的に言うべきことを言い、やるべきことをやるという生き方。それになぜか魅かれる方も多いのではないでしょうか。

本書では、生き急いでいるようにも見える堀江氏に、人生を後悔しない生き方のヒントをいただきました。

プライド、言い訳、バランス……。どんな方でも、自分を生きにくくしているものに、きっと気づくはずです。


本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)はこんな本です

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)のKindle版

ツイートする