出口汪の論理的に考える力が身につく本

  • 54人登録
  • 3.19評価
    • (1)
    • (5)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 出口汪
  • SBクリエイティブ (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797384581

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

出口汪の論理的に考える力が身につく本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これで論文ばっちり…だったかな。

  • 2016年、7冊目です。

    社会人2年目の女性が主人公で、大学のゼミの先生から論理的な考え方を
    自身の仕事の仕方と比べながら説明され、納得していくというストーリーです。
    最近、この類の本がとてもたくさん出版されている。
    「すぐに使える」とか「知識ゼロから」といったコピーが、
    本の帯に書かれているものが多い。
    私自身は、自分の記憶消失防止と整理のために、
    こういった本をさらっと読むようにしています。
    取り敢えず、これを高校生の息子に読ませてみると少しは、
    論理的に物事が考えれるようになり、成長するかなと思います。
    いやしかし、これ読んで得た知識だけで、考える力が付いたと錯覚するかな?
    そうやって得た知識だけで、目上の人間に自論を吐くようなことが無いように
    しなければ、世の中は渡っていけないのだが、、、。
    ”思考の壁打ち”の経験を積まなければ、自分自身の考える力は付かないと、
    今夜の夕食のときに、諭したばかりだが、、、。
    すぐに役に立つものは、すぐに役に立たなくなるの。

    おわり

  • 論理的に考える力が身につくとあるが、
    そのためにはまずは論理的に書かれた文章を
    継続して読むことが大切。

    そこまで悪いとは思わないが、
    そりゃそうだって思うことが多かったので、
    それほど収穫は無かったかも。

    【参考になったこと】
    ・論理力には他者意識が必要。
     相手がどう反応するか、どう考えるかを理解したうえで、
     論理的に話すようにするのが大切。
     それは結果的に相手にとってメリットとなることは何か、
     を常に考えることと同義である。

    ・論理力を身につけるなら、論理的な文章を読むのが大切。
     かつ、論理構造を理解しながら読むようにすること。

    ・エビングハウスの忘却曲線
     20分後:42%を忘れる
     1時間後:54%を忘れる
     1日後:74%を忘れる
     1週間後:77%を忘れる
     1ヶ月後:79%を忘れる
     定着させるには反復が重要。

  • サクッと読了…ん~これどうなんだ?…

  • 論理力を身につける必要性、論理力のための3つのルール(イコールの関係、対立関係、理由づけと因果関係)、読み方、話し方、書き方。
    まんがで始まって、マンツーマンの対話による講義形式で進められることから、読みやすい。
    この内容なら、全編まんがの方が相応しいのではないかと感じながら読んだが、論理力を身につけるためには視覚教材には否定的と理解し、本書の形式に納得した。
    説明の内容としては、基本的なレベルをクリアしていると思うが、例をもっと盛り込んでもらいたいと感じた。
    15‐208

  • 「論理的に考える技術」を加筆して作った本だそうです。
    前出お本を持っている人は必要ありません。

全7件中 1 - 7件を表示

出口汪の論理的に考える力が身につく本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

出口汪の論理的に考える力が身につく本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

出口汪の論理的に考える力が身につく本を本棚に「積読」で登録しているひと

出口汪の論理的に考える力が身につく本の作品紹介

対話形式だからわかる! 読める! しかも楽しい!

累計600万部突破のカリスマ予備校講師・出口汪氏による「論理的な考え方」が身につく一冊。
先行き不透明なこの時代、人と同じ発想をしなくなる「頭」をつくるには、一体どうすればいいのか?
社会人も2年目に突入し、少しずつだが仕事もまかされるようになったOLゆい。
彼女の悩みは、もっとうまく仕事をやれないかとどうしたら「できる人」になれるのかということ。

大学時代に遊び過ぎてしまい、なかなか打開案が見つけられない彼女が、ふとしたことがきっかけで、論理は愛と強烈なメッセージを放つカリスマ講師・出口先生と出会い「論理的な考え方」を伸ばす講義を受けることになる。

果たして彼女は「論理的な考え方」をつかむことができるのか? 本当に「できる人」にはなれるのか? また、どうして論理は愛なのか?
読み終えたときには、あなたも主人公ゆいと同じように、しっかりとした論理的な考え方を手に入れていることでしょう。

イラストには『マンガで分かる心療内科』シリーズで大人気のソウ氏を起用。

楽しく読めて、しかも一生使える「論理思考」の決定版!

出口汪の論理的に考える力が身につく本はこんな本です

出口汪の論理的に考える力が身につく本のKindle版

ツイートする