ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9 (GA文庫)

  • 200人登録
  • 3.95評価
    • (19)
    • (23)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 大森藤ノ
制作 : ヤスダ スズヒト 
  • SBクリエイティブ (2015年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797385007

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新展開。
    前巻最後で登場した人型竜女のモンスターを保護したことから始まる、モンスターとの新たな関係な物語。

    正直こう来るとは思わなかった。
    てっきり物語は、神に対するダンジョンの敵意の話になっていくんだと思っていた。
    これちょっと物語的にも冒険だよなあ。
    今まで倒すだけの相手だったモンスターとの共存の可能性は、物語の根幹にも関わってきそう。

    さて、そんな中で竜少女を助けるベルの行動は、もうベルらしすぎて疑問も湧かない(笑)
    ファミリアのメンバーもあきれかえりながら、そんなベルだからこそ集まった面々なので、もう仕方ないよね。
    頑張って憎まれ役を果たそうとするリリが可愛くなってくる。

    そんな愛しい日常から一変、ミッションでのダンジョンの戦いの緊張感がまたいい。
    そしてぎりぎりの戦いの後の明るいどんちゃん騒ぎ(笑)
    うん、こうでなくっちゃ。
    いや、面白かった。

    さて、次巻はこの流れでまた大きな騒動がありそう。
    そこでベルが仲間たちが、そしてウィーネたちが、どんな選択をしていくのか。
    待ち遠しい。

  • 第三章突入。モンスターとの共生とかファンタジー要素マシマシでございます。個人的には既に亜人種と一緒に暮らしてる時点で…って気はしたけど、やっぱり知性の有無は重要ですね。上下巻構成ですが区切りとしては割と綺麗に収まってたかと。まぁ裏で動いてる分かりやすい悪党たちもいるのでさすがにスッキリとはいかないけど。願わくば「異端児」達が無事でいられますように。

  • ダンジョンで生まれるモンスターと人間の関係についての巻。
    こういう展開もあるのかーっていうのと、まさかの上下巻構成で続きがあるっていうのが驚きです。次も楽しみですね。

  • 4月28日読了。購入。

  • 面白かった。
    ベルクラネルは、冒頭からお人よしを発揮し、せっかく軌道に乗ったファミリアの存亡を揺るがすことをやらかしてしまいます。
    今回も、ベルのまっすぐな思いと仲間の協力で終幕まで怒涛の勢いの冒険譚が展開されますが、ダンジョンの秘密が明かされます。

    相変わらず、スピード感のあるストーリー展開で読み応えがありました。

  • 異端児(ゼノス)編の第一章。竜女のウィーネとベルたちの出会いが語られる。

  • 久々に読んだダンまち。
    あとがきで上下巻だと気づいた。

    ダンジョン探索中に、人間の言葉を話すモンスターを見つけたベル。
    冒険者とモンスター両方から襲われ、傷ついているその子を見捨てられずホームまで連れて帰る。

  • 今回のベルがダンジョンで出会うのは、人間とモンスターのいずれからも迫害対象となっている異種族の女の子という第9弾。

    話の流れ自体は、よくあるボーイミーツガールもののテンプレなのですが。何らかの事情で迷い込んだヒロインを保護した主人公が、あれやこれやと交流を深め、最後にはその迷い子を本来あるべきはずの居場所へと戻す―そんなテンプレートの話。
    ただ、そこに絡んでくる人間の悪意の描写がドギツくて、読み応えがあったのと同時に読むのがしんどかったですね。

    モンスターや神様なんかがいる世界でも、結局のところ最も邪悪なのは人間だ、と。それもやっぱりテンプレートな語り口なのでしょうけどねー。

  • 物語の第3幕がスタートした。色々な動きが錯綜してややこしいことになってきた。とりあえずウィーネがかわいい。

  • よく分からない展開になってきた。しゃべるモンスターの登場で、通常のラノベと違った話になっていくのかな

  • ダンジョンの秘密がなんとなく分かってくる巻。ベルのショタっぷりは世界を救う。一応最後のフォローはあったものの、これからもモンスターをバシバシ屠るのは心苦しい。上下巻構成ということは、これで終わりじゃないわけで、ウィーネが泣かせ要員になる気がしてならない。

  • かわいそうなゴブリン問題を想起。

    知性とか理知の有無がなんか言われていたけど、人類のほうにこそそれがない連中が多いと思うのは気のせいか。

    やっぱりかわいそうなゴブリン問題だな。

  • 人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
    「ベル……大好き」

    これは、少年が歩み、女神が記す、
    ──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

  • ダンジョンとは。
    おおー初の上下巻だけども、なんかすごく話が進んだ感がある!ダンジョンやモンスターの不穏な動きはこういうことだったのかな…?いやしかしまだまだ謎だ。
    ハッ、ていうかここにきてようやくこの長いシリーズタイトル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の意味が分かってきたような…

全14件中 1 - 14件を表示

大森藤ノの作品一覧

大森藤ノの作品ランキング・新刊情報

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9 (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9 (GA文庫)の作品紹介

「モンスター……ヴィーヴル?」

新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。
人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。

「竜女か──久々の上玉だ」
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。
一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。

人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
「ベル……大好き」

これは、少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9 (GA文庫)のKindle版

ツイートする