認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)

  • 34人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
  • SBクリエイティブ (2016年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797385311

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東山 彰良
三浦 しをん
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)の感想・レビュー・書評

  • 〜〈宅老所よりあい〉をつくるきっかけとなったノブヲさんのおっしゃった言葉が、「いらんこったい(余計なことだ)」でしたからね。

    〜介護職はときおり、一方的に混乱をなくす努力を始めることがあります。ぼくらにできるのは、混乱をなくす努力じゃなくて、混乱に付き合う努力です。本人は受け入れがたい現実と折り合おうとしているんですから。

    (本文より引用)

  • 老人性の認知症は脳の病気ではなく、老化として捉えるべき。薬による治療は無効で、むしろ副作用により周辺症状(問題行動)の引き金になるリスクが高い。そうではなく、認知症であっても暮らせるような環境を整えることにお金をかけるべき。そのお金が医療費に行くことにより、介護現場の疲弊がある、と言う主張である。また、適切な介護そすれば問題行動は起こらない、と言う筆者の主張は、原則論としてはそうなのだろうと思う。しかし、それが現場に下りてきたら、介護のハードルを上げる、厳しい言葉だろうとも思う。

  • もっと、こういう声を行政は拾えないものなのだろうか。
    自分の父が無くなった際に心配したのは、田舎に残した母のこと。
    街に住む自分のところに、とも考えたが止めた。
    『環境を変えるべきではない』『今ある田舎の人間関係を保たせてあげたい』
    と思い、そのまま一人暮らしをさせている。
    結果、物忘れはあっても、痴呆(認知症)は無い。
    通うのは、歯医者程度。
    介護とは、一帯何ぞや?

  • この本を読むことで、既存の認知症に対する考え方や、見え方が変わります。(by.はるちゃん)

    (866982/369.26/Mu/大学図書館)

  • 共感する部分が多かった。
    昔はなら「うちのおじいさん、だいぶぼけちゃったね」ですまされる高齢者が、病院を受診して認知症と診断されてしまうのも事実だと思う。
    仕事であったたくさんの認知症と診断を受けている人たちを見ていて、たしかに脳の機能障害があると思われる人は1割か2割はいたが、大半は物忘れや判断力の低下など老化による自然現象と思われる人が多かった。
    昔はなら70代で亡くなっていたのに、90歳までが普通になったら、ボケるのは当たり前だし、そうなっても大丈夫だよって思えるような環境があればこんなに認知症、認知症って恐怖を煽られることもないだろうと思った。

  • 認知症に関して、介護の現場の方とライターの立場から、見解を述べている本です。パーソンセンタードケアなどと言われ、それを実践しているようで、大筋は同意できる内容ですが、人員が不足した現場では、ある程度介護者目線で、病状をコントロールするのもやむをえないのではないかという印象は持ちました。認知症という言葉ができて悪くなったなど、批判的内容です。認知症という言葉ができ、みんな病気にされるようになってよくないというのですが、自身のイズムにより、ぼけという言葉はいい言葉だなど、言葉狩りがよくないといいながら、変に言葉にこだわりがあり、???という印象でした。医療者としては、治療は脳の病理メカニズムから生まれますので、介護現場には介護現場の見方があってもいいと思いますが、脳の病理メカニズムに基づいて、診断していくことを続けていくことは重要ではないかと思います。介護現場の方は、それほどじゃない印象ですが、ライターの人が、もっと周りを批判しろ、俺たちのみが正しいと、煽っている印象でした。

全7件中 1 - 7件を表示

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)を本棚に登録しているひと

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)の作品紹介

◆5人に1人がなるものが果たして病気か

◆間違った方向へ進んだ認知症の「常識」を正すために!

介護の問題は突き詰めれば認知症の問題となり、認知症の問題は突き詰めれば薬害の問題だ。
かつて痴呆と呼ばれ「だいぶぼけてきたね」で済まされていたお年寄りが、今では認知症という病名をつけられ、医療の対象となって薬物療法を施されている。
うつ病の薬ができたためにうつ病の患者数が飛躍的に増えたのと同じように、日本は、年をとると誰もが認知症にされかねない、脳に作用する薬を処方されかねない国になってしまっている。

◆「5人に1人が認知症」時代――5人に1人がなるものが果たして病気か、それは「老化」の一形態ではないのか
ぼけても安心して生きられる社会へ。ぼけは決して悪い言葉じゃない!

読者のみなさんは、2004年に認知症という病名が厚生労働省によってつくられたことをご存知ですか?
つくられた病名ですから、認知症という病気はありません。
実際にはアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症(以上を医学的には4大認知症と呼びます)などの病気があり、これらによって「認知機能が低下した状態」が認知症です。認知症を引き起こす原因疾患は70種類もあると言われますが、これらを正確に鑑別
できる医者はめったにいません。鑑別できなくても「認知症です」と言えば、アリセプトを始めとする抗認知症薬が投与できてしまいます。抗認知症薬には副作用があり、興奮や徘徊といった副作用が出たら、それを抑えるために向精神薬が投与されます。
そのことによって、お年寄りは本物の認知症にされてしまうのです。

認知症の介護を困難にしているものは、「不安」です。中高年の多くが認知症にだけはなりたくないと思い、自らは予防に走りながら親たちを受診に向かわせています。
国とマスコミが認知症の怖さを煽っている以上、事態はなかなか好転しません。事態を好転させるには、認知症を正しく知ることと、薬物療法に頼らなくても済むような介護のあり方を知ることです。ぜひ本書から「認知症を恐がる必要はない」「認知症を病気にしない暮らしがある」ことを学んでいただきたいと思います。

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)はこんな本です

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)のKindle版

ツイートする