ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)

  • 72人登録
  • 3.64評価
    • (6)
    • (7)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 蝸牛くも
制作 : 神奈月 昇 
  • SBクリエイティブ (2016年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797387520

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻の絶望的な雰囲気から大分冒険ファンタジー寄りになる。随分丸くなる。

  •  ゴブリン退治を生業とするゴブリンスレイヤーの物語第二弾は、辺境の街からほど近い辺境最大の都市「水の都」でゴブリンを対峙する物語である。
     先の巻で出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、鉱人道士の三人らとともに指名依頼で遠征したゴブリンスレイヤーパーティだが、ここでは戦力が揃っているにもかかわらず地下迷宮で苦戦を強いられている。この辺のリアルさはらしいところだろう。
     シリーズ化に向け、色々と体裁を整えている感もある一冊である。勇者の登場、剣の乙女との邂逅、敵勢力残党との擦れ違いなど、大きな物語へと移行する最中なのかもしれない。

     今回も楽しませていただいた。星五つで評価している。

  • 登場人物はまったく変わらず。主人公たちに依頼を出したのは伝説の金等級。豊富な胸の持ち主で、目を隠している剣の乙女。彼女がゴブリンスレイヤーに助けを求める真の理由。真実が解き放たれたとき、可哀想に。と、思った。しかし、なぜだろう、。登場してすぐ物語が終えてしまうため、感情移入ができない。というか、主人公がそもそも「ゴブリン以外、どうでもいい」という思考なので、一巻の頃に比べてちっとも成長してないじゃねえか!と、まだまだ残念なゴブリンスレイヤーさんであった。

  • 口絵イラストでパーティ組んだんだ、と思ったがよく考えたら前の巻で組んだパーティか。

    王道なRPG。
    名前を言ってはいけないモンスターとか、いろいろ笑うネタが散りばめられている
    けど、わかるやつにしかわからんネタだよなぁ。

  • 2巻目も相変わらずゴブリンスレイヤーはゴブリンを殺す。今度は地下水道のダンジョンで仲間とのパーティー戦だ。1巻目ほどのグロ感はないが、読みやすくなっている。

  • 街の司祭に頼まれて、ゴブリンを退治しに行く回。

    ファンブルしている(サイコロを振っている?)辺りが見どころ?

全6件中 1 - 6件を表示

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)の作品紹介

「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」

 ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。
 差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教(アークビショップ)だった。
 大司教はかつて魔神王を打ち倒した金等級の一人として、剣の乙女と呼ばれる英雄でもあった。
 彼女いわく、水の街の中に何故かゴブリンが出るという。

 ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
「この小鬼禍は、人為的なものだ」
 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)のKindle版

ツイートする