データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)

  • 45人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 橋本泰一
  • SBクリエイティブ (2017年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388084

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 機械学習回りの話題をとにかく詰め込んでみましたという本。
    Hadoopのツールから機械学習手法にディープラーニングなど幅広く紹介されているが、それゆえにそれぞれの項目の説明が薄くなってしまっている。

    初心者が学ぶには取っつきにくいし、しっかりと学びたい人には物足りない。どの層をターゲットにしているのかわからない中途半端な本だと感じた。

  • 機械学習について概念を理解しておきたいと思い読んでみた。機械学習の概念のみならずデータ処理基盤についての説明もありいろいろと学ぶことができた。途中からいきなり難しくなり、想定する読者層がどういう人なのかよくわからなかったが、それを差し引いても情報量が多く勉強になる一冊だった。

  • 請求記号 007.1/H 38

全3件中 1 - 3件を表示

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)を本棚に登録しているひと

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)を本棚に「積読」で登録しているひと

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)の作品紹介

ディープラーニング、TensorFlow、scikit-learn、Hadoop、リアルタイム集計……。
いま、エンジニアに欠かせない、最新技術のエッセンス。

いまの人工知能を支えているものは、データ、計算環境、アルゴリズム、プログラムです。膨大なデータが手に入らなければ、人工知能は作り出せません。そして、膨大なデータを処理する計算環境、アルゴリズム、プログラムがなければ、人工知能は作り出せません。
本書では、具体的なデータ分析事例を交えながら、機械学習理論から実行環境の紹介、Pythonプログラミング、ディープラーニングまでを解説します。

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)はこんな本です

データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術 (Informatics&IDEA)のKindle版

ツイートする