ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)

  • 54人登録
  • 3.86評価
    • (6)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 蝸牛くも
  • SBクリエイティブ (2016年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388343

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  今回は辺境の街の収穫祭を突け狙うゴブリンの首魁を対峙する物語。休日を堪能するゴブリンスレイヤーの貴重な生態が記録された巻である。
     この辺の物語は、ライトノベル的な体裁を整えていると言ってもいいだろう。牛飼娘、受付嬢、女神官とそれぞれとの関係が、ジュブナイル的なじわじわ感で描かれている。それでも軟派に見えないのはゴブリンスレイヤーの性格がゆえだろうか。
     今回、本格的に勇者パーティと擦れ違いを見せているが、そこで散々な言われようをしているのもまたゴブリンスレイヤーらしいところだろう。

     今回も星五つで評価している。
     ハイファンタジーらしい描き込み、祭りなどに見られる風俗の描き方などはシンプルながら味わい深いものであった。

  • なんだろう。深く語る内容がないよう・・・。
    強いていうなら、出てくる女の子(今までと同じキャラクター)が可愛いのに、名前がない。
    そう、今更にいまさらなのだが。この作品は敢えて名前を付けない。種族やタイプ、通りなで人物が人物を呼び合う。しかし、それ故に、そのキャラクターを深く愛せない。あと1歩はとどかない。ゴブリンスレイヤーのボイス、女神官の抱き枕。何か違う。これこそが、私が感じている唯一の惜しい点なのかも知れない。

  • 日常回かと思ったらゴブリンだった。
    まあ、これが平常運転ってやつですかね。
    今回は、これまであまりフィーチャーされてこなかったヒロイン勢と主人公の話になっておりまして。パッと見、ハーレム状態なんでしょうけど、主人公がストイック過ぎてハーレムのていを成してないですね。いいことです。
    ヒロイン同士が仲がいいってのも好ポイントですか。

    ゴブリンロード、チャンピオンと使ってきて、もうネタ切れかと思いきや。
    こういうゴブリンと絡めたボスキャラの出し方もあるのだと感心しました。
    そして、あらゆる強敵はゴブリンより弱い、という毎度の流れにほっこりしました。

  • 「祭り」らしい「祭り」
    ハレの日とはこうあるべき、という話。
    そんな中でマイペースな主人公が笑えるのかもな。
    役に立つのは主人公だからだけど、普通なら頭のおかしい
    おっちゃん扱いだよな。

全4件中 1 - 4件を表示

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)の作品紹介

「ところで、ほら、えと、明後日、収穫祭が、あるじゃないですか――予定、空いてますか?」
「……ゴブリン」
「あ、ゴブリン以外です」

 秋、辺境の街は収穫祭を間近に控えていた。
 そんな中、神殿の仕事で忙しそうな女神官、ある出来事で拗ねる妖精弓手、祭の準備に参加する鉱人道士、蜥蜴僧侶と、それぞれの日常を過ごす冒険者たち。
 そしてゴブリンスレイヤーもまた“日常”を過ごしていたのだが……。

 依頼の減るゴブリン退治、現れる三人の来訪者、祭の裏で暗躍する計画とは!?
「素人め、教育してやる」
 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第3弾!

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)のKindle版

ツイートする