イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • SBクリエイティブ (2017年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388800

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
原田 マハ
セキュリティ集団...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本の感想・レビュー・書評

  • 未分野領域へのチャレンジとして。
    もちろん、これまでもちょくちょく関連書は読んでるけど、自分があれこれテクニカルじゃないけど、相談受けた時に、基本知識を持ってるかどうかは大きな違い。
    というわけで、わかりやすそうな本を数冊。
    徐々に隣のメンバーが持ってる本にチャレンジしようと思います。

  • 表紙に「基本的な考え方から技術の仕組み、
    重要用語まできちんと学べる入門書」とある通り、
    セキュリティの基本のキにとどまることなく、
    広く浅くセキュリティについて学ぶことができます。

    「イラスト図解式」シリーズ 第4弾。

    本を開くと左ページに解説文、右側に図解。
    解説文だけではわかりづらいことでも、
    図解があることによって、イメージとして
    頭に入りやすくする工夫がなされています。

    1テーマ=見開き2ページ読み切りなので、
    セキュリティのキーワード集として
    活用することもよいと思われます。

    セキュリティに詳しくない人に、どう説明したらよいのだろう?
    そんな課題を持っている方にも、ヒントとなることがたくさんあります。

    セキュリティについて、わかりたい、伝えたい人におススメです。

  • セキュリティに関する技術的な側面について、見開き 2 ページを 1 単位で説明している。左側に説明、右側にその説明を捕捉するイラストが描かれているので、まず右側のイメージをみて「何についての説明か」を視覚的に把握した上で左の説明を読むと良いと思う。

    内容は故意に技術的な側面に的を絞っており、ヒトに関する説明 (教育など) は省略されているため、情報セキュリティについてより網羅的に確認したい場合は類書を当たるべき。

    想定される対象者はエンドユーザではなく、(おそらく新任として) セキュリティを担当することになった会社の IT 部門や管理者。サイバーセキュリティ対策をするにあたり、最初の情報収集として用語の定義を確認したり、ざっくりセキュリティに関連する技術の範囲を確認するためのものと考えるとだいたい当たりだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本を本棚に登録しているひと

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本を本棚に「積読」で登録しているひと

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本の作品紹介

大好評の「イラスト図解式」シリーズ 第4弾!
今回のテーマは「情報セキュリティ」です。

ネットワークが高度に発達した現在では、サービスの提供者はもとより、利用者側も「セキュリティの基礎知識」は必修です。
基本的なことを知っておくだけでも、情報漏えいや不正アクセスといったリスクを大幅に軽減できます。
本書ではセキュリティの基礎知識を「防御」「観測」「攻撃」の3つに大別し、各カテゴリごとに説明しています。
なぜセキュリティが必要なのか。どのようにしてセキュリティは確保されているのか。その仕組みを図解で解説します。

また、セキュリティ関連の法律についても触れています。セキュリティ技術の多くは関連法律と密接に関係しているため、
基本的な全体像を把握しておくことはとても大切です。
ぜひ本書で情報セキュリティの全容をぜひ理解してください。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本はこんな本です

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本のKindle版

ツイートする