これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

  • 459人登録
  • 3.34評価
    • (15)
    • (31)
    • (51)
    • (14)
    • (4)
  • 39レビュー
著者 : 永井孝尚
  • SBクリエイティブ (2016年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388954

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
瀧本 哲史
グレッチェン・ル...
アーノルド ベネ...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)の感想・レビュー・書評

  • 新聞広告で見て、ちょっと読んでみたいかなと思い図書館で借りた。
    表紙は広末涼子じゃなかったけど(笑)

    どれも興味深いマーケティングばかり。
    うっすらそうだろうと思いながらも、きちんと解説されて納得。

    北海道での真冬のマンゴーに驚き。

  • 広末が表紙だったので、つい買ってしまった。まんまと。カバーが二重になっていて、女の子のイラストの表紙の上に、広末の写真のカバーになっていた。イラストと、マーケティングに興味がありそうなターゲットの多く(30代40代の男)の好きそうな広末で、売れ行きが変わるか、試していたのかと。
    本の内容と広末は全く関係なかったけど。

    ブルーオーシャン戦略、ランチェスター戦略、コトラーのマーケティング戦略、ポーターの競争戦略について、身近な例を用いて説明されていて、わかりやすいのではないでしょうか。

  • 例えや文章が上手く飽きずに読める。
    この本に載っている内容は基本的だがとても効果があるのは間違いない。
    マーケティングに興味のある30代後半から40代に向けて広末涼子を表紙に起用し、まず手にとってもらうことに成功している。
    かくいう私も本屋で買うつもりなく買ってしまったのは表紙の力に引っかかったからなのだけれど。
    内容はともかく売り方が上手い。
    マーケティング本への最大の賛辞。

  • マーケティングの分野では基本的な内容なのかもしれないが、あまり読まないジャンルなので、興味深く読むことができた。公務員の世界では、こういう発想が圧倒的に足りないので、何か活用できないかと思いながら読んだ。

  • 8つの事例からマーケティングの考え方を。
    分かりやすかったな。

    表紙が広末涼子なのは、プロモーション戦略の一つなのかな。

  • わかりやすくスラスラ読めた。
    「商売とは楽して儲けること」

  • マーケティング初心者にもわかりやすい内容です。


    セブンがなんであんなに近郊で出店しているのに、競合しないのか、時計をする人が減ったのに広告が増えているのはなぜか。


    例題に出している会社や商品が身近なのが理解しやすい。勉強になりました。

  • 2017年14冊目。マーケティングの入門の入門。著者の前作と同様、やさしい言葉で読みやすい。実例、実体験も載っているため納得しながら読み進められる。マーケティング思考の基盤を固めるために、時折読み返したい。

  • こういうビジネス書はあまり手に取らないが、本屋で広末の表紙を見て持っていかれた。

    こういう戦略が取れているということは、口だけでなく本当にマーケティングを実践している証拠だと思う。だから、信頼できると思った。

    既に知っていることもいくつかあったし、読み物としてはかなり軽く、1日で読めてしまったので、一つ減点で星4つ。でも、入門書としてはかなりいいのではないか。

    調べてみると、この著者は他にもいくつか書いていて、興味を持ったが、軽そうな本が多いなという感じもする。

  • マーケティング門外漢の自分が入門として試しに見てみようと思って読んだけど、内容がだいぶ薄っぺらいし事例の結びつけ方がこじつけに感じるところもあるし(きゃりーとか特に)つまらなかった。筆致もドヤってる感じがあって嫌い。広末さんの表紙自体には確かに気になったのでそれはプロモーションなのかもしれないけど。後ろの参考文献を、繰り返し挙げられてるこの著者自身の本以外を読むならいいかも。

  • マーケティングの入門書。表紙の広末が鍵だな。

  • ブックオフのカラクリなど、わかりやすかった。

  • ■こんな人におすすめ
    マーケティングを実践に取り入れていきたい方へ。

    「マーケティングの目的は売り込みを不要にすることである」ドラッカーの言葉です。
    マーケティングが成功すれば極論、営業は必要ありません。
    売らないで売ることがマーケティングの真の目的です。

    ■感想

    ビジネスの現場で実際どのようなマーケティング理論が活用されているか
    セブンイレブンのチャネル戦略やベンツのブランド戦略、十勝マンゴーの顧客開発おの戦略など
    実例を踏まえてわかりやすく説明しています。
    マーケティング理論を知るのに非常に読みやすい内容となっています。

    冒頭でも書きましたが、マーケティング理論を自身のビジネスに落としこめば
    有利なフィールドで戦うことができます。
    学びを自身の戦うフィールドに落とし込んでいっていただければと思います。

    感想として1つピックアップすると
    商品開発において「お客さんの言いなりになると失敗する」との事。
    最近面白い商品減ったような気がする。そう考えると日本のメーカーが衰退している理由がよく理解できた。
    日本の企業には産業の発展のためにもマーケティングの考え方を取り入れて、
    柔軟に商品開発できる組織体系をつくって貰いたいもの。 

    また、同じ著者の作品で
    「100円のコーラを1,000円で売る方法」も以前読みました。
    こちらも面白かったので合わせて読む事をお勧めします。

  • バリュープロポジション
    ブルーオーシャン

  • 本のカバーが広末涼子だったので買った。
    同じ動機で買った中年のおやじは私だけではないはずだ。
    100円のコーラの本は3冊とも読んでおり、著者のファンであるが、初版のカバーではこの本があったことにすら気づくことすらできなかった。
    多分初版はただの女性の絵で、重版でカバーを広末涼子に変えたことが多分何かの実験になっていて、その結果をこの著者から発信してもらえると嬉しい。

  • 正直に白状します。
    本屋で一目見て広末涼子さんが可愛かったから買いましたσ^_^;

    本章に入るとバリュープロポジションを捉えるとコモディティ化して売れなくなった商品も売れると言います。
    要は顧客のストーリーに合わせて欲しい機能を追加する。
    これはイノベーションにも通じますよね。
    成熟期に入って売れなくなった商品もストーリーを付加することで成長期に繋げる。
    成長期後半から成熟期のレッドオーシャンから脱して成長期前半のブルーオーシャンに入る。
    やらなければならないことはそれほど変わらないのかもしれません。

    この本はややこしいことは考えなくても「4p戦略」つまり「価格price」「商品product」「流通place」「プロモーションpromotion」に沿って実例を挙げてくれてます。
    セブンやファミマがなぜ局地的に林立してるのかよくわかる本でした。

    広末涼子さんに心奪われてなかったら買いませんでしたが、それはさておき内容もちゃんとした良い本でした( ̄^ ̄)ゞ

  • この本は、おもしろかった。

    「きゃりーぱにゅぱにゅ」について、

    なるほど~!って感じ。

    「はままる」戦略もね。

    会社に所属するビジネスパーソンも
    個人事業者も
    「マーケティング」の勉強(知識)は、
    したほうがいい。
    書籍でもセミナーでも。

    でもね、
    巷に売られている「マーケティング」は、「黒船」。
    コトラーさんやポーターさんは、
    アメリカの大企業をもとに考えたんですよね。

    では、日本は?

    日本の99%以上の会社は、「中小企業」。

    個人事業にも含めれば、100%近いかも。

    その「個人事業者」には、アメリカ譲りの

    「マーケティング」は、そのままでは、

    なんの役にも立たないということを

    わからないとね。

  • [概要]
    マーケティング戦略の基本的な部分を8つの具体例を用いて紹介する本。具体例が身近で想像しやすい上に非常に分かりやすく、かつ役に立ちそうなものだけで構成されていて、今後も十分に使える。しかも、そのピックアップ方法も絶妙で、初心者にとってはかなりよい本だと感じた。

    [アウトプット]
    ○エリシアの現在の販売物を分析する
    →4P(商品、価格、チャネル、プロモーション)の観点で販売物を全て分析する
    1リピーターを生み出せそうな商品か
    2価格は適正か(もっと高く売れる可能性のある商品はないか)
    3ショップへの移行バナーは適切か
    4ショップの見やすさ、商品の宣伝はターゲット志向になっているか
    →分析できたものを松本さんと舟橋さんに報告する

    [引用文]
    ・マーケティングの出発点はバリュープロポジション

    ・商売は販売して終わりではない。始まりだ。

    ・企業の目的は、顧客の創造である

    ・ブレイクは待つものではなく、仕掛けるもの

    ・競争するなら勝てる競争をすべし

    ・オンリーワンになる

  • マーケティングの超入門書。
    著者の意図しているとおり、子どもでもわかるほどシンプルでわかりやすい内容です。

  • やはり売り方が一番大事。
    ブルーオーシャンの発想は、以前の上司が実証してくれた
    さすがだ。

  • 100円のコーラを1000円で売る方法の著者。マーケティングの本でさらさらと読める。

    以下メモ。
    ●コモディティ化するとピタッと買わなくなる。
    ●正確な時間を知るにはスマホで十分、と考える人が増えると、時計を買うのは一部の時計好きだけ。
    ●お客さんがお金を出す理由を新しく創り出す。時計で、体力を強化する、安全に登山する、グローバルでビジネスを成功させる、など。新市場。バリュープロポジション戦略。欲しいと思い、かつそれに代わるものがないもの。
    ●牛丼はうまい安い早いがコモディティ化した。
    ●高い買い物をしたあとは、本当に買ってよかったのかと、認知的不協和の解消が起きる。やっぱり買ってよかった、と不安が解消されたらその後も継続して顧客になってくれる。
    ●ベンツオーナーになるとオーナーだけが見ることのできる会員専用サイトが使える。保守履歴やドライブ履歴。コミュニティにも入れる。交流やパーティにも参加できる。オーナー表彰制度もあり、贈呈された特別エンブレムは車のフロントグリルに装着できる。中古車ユーザーも対象。3年間のサポートも無料でつく。
    ●ベンツはこれまでの富裕者層、成功した人が乗る車、大型高級車から、普通の会社員にイオンモールで、いつか成功したい人が乗る車として、新世代エコカーを売る戦略に切り替え、敷居を下げて客層を広げた。
    ●潜在客→見込客→新規顧客→リピーター→贔屓客→ブランド信者
    ●十勝マンゴーは冬に食べられるマンゴー。商品開発ではなく、顧客開発をした。冬にマンゴーを食べる人。
    ●お客さんも気がつかないニーズを捉える→成功さる。商品中心に考える→失敗する。お客さんの言いなりになる→失敗する。
    ●商品を売る戦略では「〇〇円にしてはよい」という商品。集まるお客さんも安さ目当てに集まる。体験を売る戦略は「最高によい〇〇を〇〇できる」という体験。なぜよいのかを伝えるブランドストーリー。集まる人は「いいものを何が何でも手に入れたい人」で価格は気にしない。
    ●プロモーションはお客さんが商品に興味を持つきっかけや商品との関わりをより深めるきっかけを作ることが目的。関わり具合に合わせてメッセージを変えること。
    ●キャズム超え。イノベーター2.5、アーリーアドプター13.5、アーリーマジョリティ34.0、レイトマジョリティ34.0、ラガード16.0。イノベーターとアーリーアドプターを越えればよい。
    ●スーパードライ発売後、ビール各社がこぞって販売しはじめた。世間は注目しはじめ「みんなが飲んでるから飲もう」と考え一気にキャズム超え。「スーパードライの新しい味がビールの流れを変えた」というメッセージに切り替えていく。

  • 読了。いままでのかるいおさらい。

  • 読みやすい。マーケティングの基本を、身近な事例を用いて書いている。既にマーケティングを勉強したことがある人にとっては、新しい情報や知識は手に入らない。眠っていた知識を呼び戻すにはよいかも。

  • 100円のコーラを1000円でうる方法を読んで
    実に切り口が うまいなぁと感心して
    続けて読んでみた。
    題名が長いのもおもしろいと思った。
    読んでみたら、マーケティングの初歩すぎる。
    言われていることは、ありきたりのことで
    気づきがあっても、それから先がない。
    北海道の冬のマンゴー 3万円。
    でも、それで 売れるのかよ。
    話題になるだけで、スルーされてしまう。
    たまごっちの 成功だけをうたい、失敗の分析がない。
    ポストモダンマーケティングになっているのに。
    著者はいい本を書いているのに、薄めすぎている。

全39件中 1 - 25件を表示

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)を本棚に登録しているひと

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)の作品紹介

身近な8つのストーリーで、マーケティングの基礎を学ぼう!
会議でよく聞くあんな言葉、こんな言葉、すべてこの1冊でわかります!

【目次】
第1章 腕時計をする人は少ないのになぜ腕時計のCMは増えているのか?
──「バリュープロポジション」と「ブルーオーシャン戦略」

第2章 人はベンツを買った後どうしてベンツの広告を見てしまうのか
──「顧客」と「ブランド」

第3章 雪の北海道でマンゴーを育てる?
──「商品戦略」と「顧客開発」

第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由
──「価格戦略」

第5章 なぜセブンの隣にセブンがあるのか?
──「チャネル戦略」と「ランチェスター戦略」

第6章 女性の太った財布には、何が入っているのか
──「プロモーション戦略」と「マーケティングミックス(4p)」

第7章 きゃりーぱみゅぱみゅは、なぜブレイクしたのか?
──「イノベーター理論」と「キャズム理論」

第8章 古本屋がふつうの本屋より儲かる理由
──「マイケル・ポーター5つの力」と「競争戦略」


【表紙イラスト:三つ葉 優雨】

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)はこんな本です

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)のKindle版

ツイートする