教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)

  • 289人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (15)
    • (16)
    • (9)
    • (5)
  • 21レビュー
著者 : 竹内薫
制作 : 嵯峨野 功一 
  • SBクリエイティブ (2017年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388961

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わりとわかりやすくて、人前で話するときの参考になったんじゃないかな。

  • 「教養バカ」にならない方法と、そういう人への対応策(が少し)。
    個人的には、今まで読んだ本以上に得るものはあまりなかったかなぁ…と。

  • 教養バカ=知識だけの人、というのが本当に刺さる。話す力を実例とともに書いているので、かなり読みやすかった。

  • 2017年2月刊。教養の本ではなく「伝え方」の本。教養は持っているだけではダメで、相手に分かりやすく伝えることに意義がある。

    ◆【引用メモ】「わかりやすい人」とは、相手の脳内にすばやく「絵」を描かせてくれる人です。(p.30)◆わかりやすさとは、「相手がわかる言葉を使う」のが鉄則。(p.117)◆別のいい方をしたいのに思いつかない(中略)そんなときに便利なのが「類語辞典」です。(p.122)◆「伝えた」と「伝わった」。似ているようですが違います。「伝えた」は自分だけの行為。いわば一方通行です。(p.166)

  • 引用
    ・選択肢がA OR Bの二分法は、選択肢が二つしかないため言いきる必要があります。そのため間違った情報を与える可能性があるため、分かりやすさの観点からいうと、多角的に説明する方が相手に伝わるのでは。
    ・属人思考➡正しさの基準が人になっている
    属事思考➡誰が言っていようがそれが正しいのか確認して判断しようとすること
    ・相手に伝わりやすいように、相手が理解できる言葉で伝えること、自分の語彙と表現方法を増やすのが近道です。

  • 知識が豊富でも話がおもしろくない「教養バカ」でなく、わかりやすくおもしろく話ができる真の教養人になりたいと思ってますし、そのように努めてるつもりですが、できてるかどうかはわかりません。

  • 2017/06/12(月)ー2017/06/16 (金)
    読まなくてよかった本。

  • 語彙力がわかりやすさにつながる。
    これは、今から心がけたい。

    仕事場で、同じような考えを持った似たような仕事をしている仲間と話すときと、週末に地域の仲間と話すとき。
    そりゃ使う言葉も違うよな。
    そこを意識して、きちんと使い分けられる大人でありたい。
    知識、言葉が血や肉となって、相手に伝得られたら楽しいんだろうな。

    新入社員に読ませたいね。

  • ネットで調べたことをそのまま語るだけで質問に答えられないのは教養バカ。教養バカにならないためのトレーニングは「相手にわかりやすく伝える」こと。身近な話題に置き換えたり、色々な角度から話をしたりして知識と知識をつなげること。「わかりやすさ」とは相手の脳内に絵を描かせること(他者意識)。接続詞を上手に使う。相手の脳にハテナを作りその後きちんとした答えを提示するなど。

  • タイトルに惹かれ、帯を見て面白そうだと思い、著者が彼なら間違いなし、と購入。期待に違わぬ内容でしたが、どちらかというと、食い足りなさを感じてしまいました。当然というか、論の骨子は他の著書と共通している訳で、あまり目新しさを覚えなかったせいでしょうか。でもそもそも、会話にせよ文章にせよ、自分の表現力の不自由さにもどかしさを覚えることしきりだから、どうにかそれを打開しようという思いはありまして。注意すべき要点が列挙されているのは、ふとしたときに手に取って、ザッとおさらいするのに便利だと思いました。

全21件中 1 - 10件を表示

竹内薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・ガ...
エラ・フランシス...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)の作品紹介

サイエンス・ライター×「わかりやすい技術」

情報が多様化する現代。
サイエンス作家が初公開! 誰でも使える「わかりやすい技術」

知識ばかり多い「教養バカ」や、専門知識しか持たない「タコツボ」では、生き残っていくことはできない。
相手にわかりやすく伝える技術が求められているのである。
では、どうすればよいか。

本書は、そんな「伝え方」「説明」に悩みを持った人に、サイエンスライターとして、文系・理系ともに支持される竹内先生が、「わかりやすさ」のツボをおしえる1冊。いまでこそ、TVのコメンテーターとして引っ張りだこの著者だが、「話がわかりにくい」と悩んだ時期もあったそう。そこから、経験を重ねるうちに、「わかりやすさ」には「ツボ」があり、それを踏まえれば、どんな相手からも「わかりやすい!」と信頼されることを発見!わかりやすい技術を磨いていった。

「場数は必要だが、遠回りしないでほしい。」

そう願う著者が、その長い経験から培った「わかりやすさのツボ」をおしみなく開陳する。

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)はこんな本です

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)のKindle版

ツイートする