のうりん 13 (GA文庫)

  • 43人登録
  • 3.62評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 白鳥士郎
制作 : 切符 
  • SBクリエイティブ (2016年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797389425

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

のうりん 13 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニコ厨じゃないと分からないネタとかあったから、読み手を選ぶと思うのだが大丈夫だろうか。

    個人的には好きだけれども。

  • ・第1限 ロングバケーション
    林檎のいない学校の日常風景...
    ・第2限 パズノラ
    スマホゲームを金上と一緒に作るが、ベッキーのレアカードがまさかの大人気。リアルベッキーの釣書によって台無しに。
    ・第3限 春休み子供農林電話相談室
    あまりにも癖の強いメンバーのため、....
    ・第4限 会長のおしごと!
    生徒会長に立候補しようとする耕作。
    ・第5限 バイオ鈴木の消失
    豆まきのときに引きこもっていたバイオの相談にのる。そして好きなホモ声優にプレゼントを贈ることに。
    ・第6限 農フーズ
    廃棄物、優良誤認など、ガチの農業問題編。
    ・第7限 カワノススメ
    林太郎のカヌー転覆事件
    ・第8限 2.14事変
    やっぱりベッキーネタが来るよね...
    ・第9限 会長選挙
    いよいよ会長選挙が行われるが、演説の際に耕作は...

  • 相変わらずのクオリティ。きれのいいギャグもあるし、農業などへの真面目な問題提起もある。
    次で最終巻なのは寂しいなあ。

  • 短編集を一冊挟んでのクライマックス直前な本編。一人足りないながらもいつもの?感じだったかと。耕作他物語の面々は時折寂しさを表してたけど、私的には特に違和感なく読み進められた気がするのは林檎ちゃんが基本ボケ担当じゃなかったからだろうか。基本的にアラフォーのキャラが強すぎたという問題もあるかもしれないが。動画サイトで閣下MADよく見てたんで最期の12日間は笑わせてもらった。そんなアラフォーを浄化した吉田さんと継に祝福を。次でラストらしいのでどう締めてくれるか楽しみに。

全4件中 1 - 4件を表示

のうりん 13 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

のうりん 13 (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

のうりん 13 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

のうりん 13 (GA文庫)の作品紹介

俺の名前は過真鳥継。岐阜県の農業高校で寮暮らしをしている。
同じ寮生の木下林檎が姿を消し、親友の畑耕作がショックを受けると思ったんだが……その耕作が、次期生徒会長に立候補すると言い出した。
ちょっと驚いたが、俺も農も賛成だ。耕作が前向きに日常を取り戻そうとするなら、協力するに決まっている。
だが、そんな日常を震撼させる事態が発生!
なに!?『バレンタイン終了のお知らせ』だと!? こんなことをするのは……あの先生(ひと)しかいない!!
遂にあの巨乳があの眼鏡に告白!? 変わりゆく季節の中で、誰もが大切な決断を下す第13巻!

のうりん 13 (GA文庫)のKindle版

ツイートする