たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 和狸 ナオ 
  • SBクリエイティブ (2017年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797390292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)を本棚に登録しているひと

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)の作品紹介

読むと元気になる、勇気と出会いのファンタジー!

「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!
秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?
勇気と出会いがつむぐ、第8回GA大賞《優秀賞》受賞作、ついに刊行!

◆第8回GA文庫大賞・選評コメントより抜粋
自己評価と実力にギャップがありすぎる素直な少年が、ひたすら勘違いを繰り返しながらも無自覚な大金星を挙げまくるというファンタジーコメディです。
自分の強さに無自覚どころか、むしろ弱い方だと思いこんでいる純真無垢なロイドくんの謙虚で天然な姿が笑いを誘います。また、彼の実力に気がついてしまっている人たちのリアクションがいずれも面白く、過剰に怯えたり、惚れこんでしまったりと周りを含めてギャグになっています。そうしたギャグの切れ味とキャラクターの魅力が特に秀でており、受賞となりました。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)はこんな本です

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)のKindle版

ツイートする