絶対にミスをしない人の脳の習慣

  • 219人登録
  • 4.42評価
    • (11)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 樺沢紫苑
  • SBクリエイティブ (2017年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797393736

絶対にミスをしない人の脳の習慣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかりやすく実行しやすい本。

    自分に足りないことが確認できるし、その改善方法も具体的で、根拠もあるので納得できる。
    私自身はもともとワーキングメモリがないほうだと思うが、メモリを増設するための方法を簡潔に示してくれているので、取り組みやすい。
    運動と睡眠は重要で、さらに知的な活動を、どれほどしているかによっても変わってくる。

    とりあえずは、マルチタスクをしている状況を改善して、無理なく仕事をしていくのが1番。
    この本を片手にミスのない人間になれるよう励みたい。

  • ミスを起こす4大原因と、その対策などを学べました。
    TODOリストの作成
    日記を書く(プラスの感情のことを書くのを忘れず)
    3を意識して記憶する
    ながら仕事はしない
    睡眠、運動、新しい勉強の大切さ
    色々勉強になりました!

  • 樺沢式to doリスト、さっそく取り入れています。

  • 睡眠の大切さ。7時間睡眠なかなかできない。
    午前中のゴールデンタイム。寝る前のゴールデンタイム。
    3つにしぼる。
    TODOリストも。3項目ずつ。

  • とても参考になったのが、todoの書き方と簡単な日記を書く方法。大いに参考にしたい。

  • 良書

  • 「ミスを防ぐ」というテーマにおいた、脳機能という観点からいかに普段の生活を送ればいいのかという
    ライフハック系の本。ミスの4大原因として集中力の低下、脳疲労、ワーキングメモリの低下、脳の老化
    をあげている。本書で示されているワーキングメモリのキャパシティに従い、ポイントを3つあげると、
    ・とにもかくにも運動と睡眠
    ・マルチタスクは絶対にしない
    ・集中力を要素に入れたTODOリストを運用する
    こういった本は読んだとき納得はしても、
    その人にとっての有用度は、どれだけ実際に行動に移したかということになると思う。
    書いてあることは私が読んだこれ系の他の本の内容とも合致することが多く、間違いない
    ので、定期的に読み返して自分の行動・生活を振り返り、
    本当に有用なものとしたいものだ。

  • 仕事を効率的に行うためのヒントがたくさん書かれていて、全て実行しなきゃと思いつつ、欲張りはダメなようなので、出来そうなことから少しづつ始めていきたいなと思いました。
    一つが日記を書くこと
    二つ目がTo Do リストを書いて仕事を行うこと
    三つ目が夜の2時間をゆったりと過ごし、良い睡眠を行えるようにすることです。
    早速実践していこうと思います。

  • ・七時間以上の睡眠
    ・To Doリストの作成

  • ・「ミスをしたらこうしよう」
    ×「ミスをしたらどうしよう」

    ・明日のtodoをつくっておく
    AM3つ
    PM3つ
    あそび3つ

    ・自分の脳にインプットする時のミスなのか?
    それとも書いたり行動したり話す時などのアウトプットのミスなのか?

    ・夜は副交感神経高めモードで免疫力アップできる。

    ・日記を書くことで、自分の状態をより客観視できるようになる。
    不快3つ
    快(うれしかったことなど)3つ。出来ればそれ以上。

    ・処理できるトレーの数
    絶好調 4
    健康 3
    脳疲労 2
    うつ病 1
    くらいに考えた方がいい。

全12件中 1 - 10件を表示

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
佐々木 圭一
佐藤 雅彦
塩田 武士
伊坂 幸太郎
メンタリストDa...
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

絶対にミスをしない人の脳の習慣を本棚に「積読」で登録しているひと

絶対にミスをしない人の脳の習慣の作品紹介

「物忘れ」「勘違い」「うっかり」…
すべてのミスは、脳の習慣ですべて解決する!

精神科医の樺沢紫苑先生を著者にお迎えし、脳のパフォーマンスを上げたり、記憶をつかさどる「ワーキングメモリ」を増やすトレーニングを行ったりすることで、エビデンス的根拠の元、仕事の「ミス・ムダ」を防ぐ超実践的な方法!

絶対にミスをしない人の脳の習慣はこんな本です

絶対にミスをしない人の脳の習慣のKindle版

ツイートする