みみながうさぎ

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 新風舎 (2002年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784797418002

みみながうさぎの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 意地をはらずに素直になりたい。
    わかっているけど、そんなに簡単でもない。
    失ってから気づくもの…


    相手のことを思って手を差し伸べることのできる者とできない者。マイノリティを排除したがる集団、多数派に身を置くことで安心する者と自分の信念を貫ける強き者。

  • 泣きました。

  • 切なすぎる…。。。

  • こちらは、ふと見つけた、横長の、白地に黒い線でうさぎが描いてあるシンプルな本。

    見開きに

    みみながうさぎ と 他のうさぎのかけあい


    「わたしにはともだちなんかいらない」という みみながうさぎ

    「あのこにはともだちなんかできない」という他のうさぎ

    そんな感じでずっと一人だったみみながうさぎ


    あるとき、


    『なんてかわいいみみながうさぎ』

    といって仲良くなろうと追いかけてくる変わったうさぎが登場する

    今度はその二匹の掛け合いになるんだけど

    みみながうさぎのつっっぱりようったら、、、w

    そしてだんだんみみながうさぎも変わりだした・・・と思ったら。。。


    ・・・


    展開にはそこまで目新しさとかはないんだけど

    なんだかきゅんとさせるお話でした。

    ーーーー

    written by ごじゃるde142(@gojarude142)

  • 「わたしは かわいい みみながうさぎ」
    「あのこは おかしな みみながうさぎ」

    「ながくてきれいな このみみがじまん」
    「ながくてじゃまな あのみみがきらい」


    みみながうさぎには、一人も友達がいません。
    そんなことは、全然へっちゃら。
    だって わたしは一人が好きなんだもの。

    なのに、「あのこ」は毎日やってくる。
    みみながうさぎと仲良くなりたい男の子。

    邪険にされても 無視されても
    仲良くなりたくってやってくる。

    それなのに・・・・・・

    世の中は とても冷たくて、彼は とても優しくて、
    わたしは みみがながい

    可愛い絵柄で、ほのぼの路線?と思いきや
    衝撃的なラストが待ち受けています。
    もうボーゼンです。
    エーッ!? そんなのアリーっ!?って思ってしまうような
    納得のいかない最後。
    テレビのドラマや映画が、こんな風に終わってしまったら
    その晩は眠れなくなってしまいます。

    だけど、それなのに、
    なんだかとっても優しい絵本なのです。

全5件中 1 - 5件を表示

みみながうさぎはこんな本です

みみながうさぎの単行本

ツイートする