めんどりヒルダのこわいよる

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Mary Wormell  ほんじょう まなみ 
  • 新風舎 (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784797449303

めんどりヒルダのこわいよるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日中なんでもないものが 夜くらくなると おば化にみえたりすることがありますよね。めんどりヒルダも夜の庭でさまざまなこわいものにであいます。でもがんばって何度ものりこえて行きます。めんどりヒルダのかん違いがかわいく 版画の絵が美しいですよ!

  • 娘4歳5ヶ月、息子1歳8ヶ月時、図書館にて借り

    こわーい。
    こわーい。

    って2人で唱え続けて、夜の不気味なものたちの正体に気づかず終了。
    指摘しなかったので、よくわかってないみたい。

全2件中 1 - 2件を表示

めんどりヒルダのこわいよるの作品紹介

あるひ、めんどりのヒルダがめをさますと、あたりはもうまっくらでした。そこでヒルダは、ひとりにわとりごやまでかえらなければならなくなりました。そのかえりみち…「まぁ、へびがいるわ!」ヒルダは、しばらくかんがえて、そっとへびのよこをとおりすぎることにしました。しかし、つぎからつぎへとおそろしいものがヒルダにおそいかかってきます。はたしてヒルダは、ぶじいえにかえりつくことができるのでしょうか。

めんどりヒルダのこわいよるはこんな本です

ツイートする