謀殺 下山事件 (新風舎文庫)

  • 33人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 矢田喜美雄
  • 新風舎 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797492842

謀殺 下山事件 (新風舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの有名な下山事件の真相に迫るノンフィクション。当時の科学捜査のレベルを考えると真実に辿り着くのには限界があったのだろう。様々な推理、様々な証言を多角的に検証しているのが、面白い。

    しかし、柴田哲孝の『下山事件 最後の証言』の方が圧倒的に面白い。

    講談社文庫の同作品を新風舎文庫より復刊。

  • 戦後まもなくおきた、国鉄総裁の変死事件についてのルポタージュ。
    社会的には自殺ということで片付けられているが、GHQなども絡んだ、謀殺事件ではないかと当時新聞記者だった著者が、長年に渡って取材した成果がまとめられている。

  • 死体の描写が詳細すぎて…。戦後まもなくの複雑な社会情勢とかが知りたかっただけなんだけど。

全3件中 1 - 3件を表示

謀殺 下山事件 (新風舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

謀殺 下山事件 (新風舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

謀殺 下山事件 (新風舎文庫)はこんな本です

謀殺 下山事件 (新風舎文庫)の文庫

ツイートする