ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を (新風舎文庫)

  • 298人登録
  • 3.38評価
    • (12)
    • (32)
    • (74)
    • (5)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 菊地敬一
  • 新風舎 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797499629

ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を (新風舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今ではV.V.でしか手に入らないレア物です。夢と希望が詰まった一冊。本屋になりたいならこの本を読んでからでも遅くはないでしょう。(sh)

  • 高校の先生に『お前がここに行ったら必ずハマるだろうな』といって教わったヴィレッジ・ヴァンガードという本屋。その創業者の自伝です。僕もサイトをいくつか運営する上で、大変、参考にさせていただいております。

    僕が今立ち上げているいくつかのサイトを運営していく上で、もっとも参考にしているものがここに書いてあるヴィレッジヴァンガードのビジネスモデルである。
    「お前はここにいったらきっとハマるだろうなぁ」
    高校時代の英語の先生のK先生が卒業した後に僕が大学進学を機に地元を離れたときにこう言っていたことを思い出した。

    札幌で大学生活をはじめたときに初めて札幌駅地下街のヴィレッジヴァンガードの店舗に入ったときに一発で僕のツボにピンと来た。そこは一言で言うと
    「お好きな方にはたまらない」
    本や雑貨しか売っていない本屋および雑貨屋でかもしだしている『におい』がたまらなかった。

    後にこの本を読んでわかったことだが、『遊べる本屋』がそのコンセプトだという。
    「こういうビジネスモデルでよくやっていけるなぁ」
    なんて思いながら帰郷したときに郊外のショッピングモールの中にある地元のヴィレッジヴァンガードの中を歩きながらそう思っていて、あとで新聞の証券欄を見ているとなんとJASDAQに株式公開をしていたことがわかって大変びっくりしたものだった。

    著者は奥様に相当苦労をかけたと述懐しているが、だからこそあの本屋ができたわけで、彼の業績は見事なものだと思うし、そして、彼らのスタイルを見て、僕も何か出来るのではないか、と僕もそう思わせるものが、この本にはあります。

  • 大人のおもちゃ箱、ヴィレッジバンガードの創業者によるエッセイ集。めちゃ趣味っぽいお店だが、趣味でやってはダメ、という文章に、ハッとさせられる。そういえば、この一言感想は、ヴィレッジのPOPに感化されて始めたんだった。

  • 本当に濃密な三ヶ月間を過ごさせてもらいました。あの空気を肌で感じることができたのはとても大きな財産です。
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage188.htm

  • ヴィレッジ・ヴァンガードという店主の趣味を色濃く反映したなんでも置いてる雑貨店(?)の一号店がつくられていく過程が綴られている。とても楽しそう。

  • ごく控へ目に述べますと、ヴィレッジ・ヴァンガードといふ店はあまり好きぢやないのであります。
    2度ほど、退店の際に防犯ゲートが鳴つたことがあります。もちろん悪さをした訳ではなく、出入口附近まで商品が満載で、防犯ゲートのセンサーがタグに反応したと思はれます。
    ピーピー鳴つて従業員に呼び止められる。実に極まりが悪いのであります。店員はエヘラエヘラ笑ひながら「すいませ~ん、また誤作動だと思ひますが...」などとほざく。わたくしは他の客の視線の中で身体検査を受け、もう2度と来るものかと決心するのでした。要するに個人的恨み。

    しかし本書は面白いですね。どんな分野にせよ、功なり名遂ぐ人の話は興味深いものであります。
    ヴィレッジ・ヴァンガードのやうな店は、チェーン店とは対極に立つ存在と思はれるのに、ここまで多店化できてゐるのは驚異そのものと申せませう。人々は「ワクワク感」や「意外性」を求めてゐるのですね。わたくしは、あの陳列やPOPを見てゐると恥づかしくなつて居たたまれなくなりますが。

    店名の命名秘話、開店前の苦労話、個性的なアルバイト諸君、書店に関するQ&A...エッセイ風の文章ですつと読めます。
    一番共感したのは、わたくしと同じく清水義範さんのファンであるといふこと。清水作品の愛好者に悪者はゐませんのでね...

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

  •  いつも行くイオンのテナントに入っているので立ち寄ることがある。印象は本屋というよりも雑貨店に近いイメージがする。名古屋が発祥のユニークなお店なのだ。あのゴチャゴチャした雰囲気はドンキホーテに通じ、レトロ感はユーズド衣料販売店に通じる。同じものを大量生産して大量消費する時代から個人のニッチな趣向にあわせた品揃えのお店が人気だ。そんな流れはしばらくつづくだろう。

  • ■書名

    書名:ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を
    著者:菊地 敬一

    ■概要

    1986年に名古屋で生まれたヴィレッジ・ヴァンガードの創業者、菊
    地敬一氏によるユーモア溢れるエッセイ集を初文庫化。ショップコ
    ンセプトの決定から、オープンまでのタイムスケジュール、業者の
    選び方、定番リスト、POP添削講座、お悩み相談室まで、V・Vの魅力
    がつまった一作。
    (From amazon)

    ■感想

    有名な本屋+雑貨屋さんの、ヴィレッジヴァンガードの社長のエッ
    セイ集です。
    発行されたのは1997/09で、文庫化されたのが2005/12ですので、少し
    前の本となります。

    この本、本屋を目指している人には、かなり為になる本な気がします。

    ヴィレッジは純粋な本屋というわけではありませんが、菊池さんが
    自分の好きな事、信じる事を実現していった様は非常に楽しく読む事
    が出来ました。

    文章もかなりウケを狙っている部分もありますが、面白い文章だと思い
    ます。

    私の結構好きで、ヴィレッジがあると思わず入ってしまう事が多いです。
    本もかなりツボが押さえてあるので、普通の本屋で見つからない本など
    探してみると、結構あったりしますので、おすすめです。

    ヴィレッジバンガードが好きな人、本屋が好きな人、本屋をやりたい人
    は、ある程度楽しめる本だと思います。

    ■気になった点

    ・日本のような国家では、マニュアルなんか不必要ではないかと
     いう根本的な疑問を持っている。

  • ビレッジバンガードの理念
    1よい本屋より楽しい本屋を
    2金太郎飴のアンチテーゼ
    3新刊、ベストセラーの呪縛からの解放
    4たくさん売ろうとするのはもうやめよう
    5オーナー、店長のパーソナリティ、バックボーンを店に繁栄させよう
    6人事生産性、粗利率、交差比率を高めよう
    7少数精鋭。
    8初期投資を極力抑えよう
    9ローコストオペレーション
    10B級の矛今持を持とう
    11本屋の仕事とそれに係わる事務を愛そう

    トーハン週報
    本の雑誌
    オーパス
    ダ・ヴィンチ
    日本書籍総目録
    ○週間新刊全店案内

    サービス対象のことをもっと考える
    pop p177
    1ひねりを入れる
    2明るく朗らかに
    3的をつく

  • 会社を辞める理由を会社の後輩に問われ、その理由を言ったら、
    「俺も同じようなこと考えてました!」と言って、貸してくれた本。

    この本はワクワクする!勇気が出る!

    俺って単純だな~。

全45件中 1 - 10件を表示

菊地敬一の作品

ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を (新風舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を (新風舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする