大統領たちの通信簿―アメリカ人も知らないホワイトハウスの真実

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 平尾 圭吾 
  • 集英社インターナショナル (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797671094

大統領たちの通信簿―アメリカ人も知らないホワイトハウスの真実の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴代の大統領(ブッシュ大統領まで)の生い立ちと小話をまとめたもの。

    かなり軽いタッチなので、きちんとリサーチや勉強には向かないけれど片手間に読むには十分。
    たとえ、大国の大統領でもパーフェクトな人物なんていないんだなぁと、関心しながら読んだ。
    むしろ、ちょっとぐらい奇抜でないと大統領なんてなれないのかもしれない。

  • 第44代米国大統領の候補者が出そろいました。
    共和党のマケインか、民主党のオバマか。
    個人的には、初の黒人系大統領となるオバマさんがなると面白いかなと。でも、ヒラリーさんに比べてあまり親日ではないとか。
    ハリウッド映画『ディープインパクト』。この舞台上の大統領も黒人でした。演じたのはモーガン・フリーマン。
    まあ、だれがなろうと、警察国家の奢り高い、米国のお国柄はなおらないでしょうね。

    さて、この本。
    ジョージ・ブッシュに至る、全43代大統領について、面白い、情けない、下らないエピソードを集めた作品です。
    ワシントンの桜の木の逸話はウソであるとか、
    ケネディが色魔だったとか、
    記憶に新しい、ジョージ・ブッシュがプレッツェルを喉に詰まらせて死にかけたことなど、

    話のネタが満載です。

    そして、この大統領達を一人ひとり描く、
    長崎訓子さんのイラストに惚れました。

全2件中 1 - 2件を表示

大統領たちの通信簿―アメリカ人も知らないホワイトハウスの真実を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大統領たちの通信簿―アメリカ人も知らないホワイトハウスの真実を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大統領たちの通信簿―アメリカ人も知らないホワイトハウスの真実を本棚に「積読」で登録しているひと

大統領たちの通信簿―アメリカ人も知らないホワイトハウスの真実はこんな本です

ツイートする