驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)

  • 275人登録
  • 3.30評価
    • (4)
    • (15)
    • (29)
    • (5)
    • (1)
  • 29レビュー
制作 : 早川 敦子 
  • 集英社インターナショナル (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672657

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本語って難しい言語だろうと思っていたけれど、案外解りやすい言語でもある。目からウロコの本でした。

  • 「言語そのものは完全に中立的なものだ」という論点から始まる本書に衝撃を受けた。当たり前のことなのに心のどこかで、日本語は曖昧だから外国の人は理解しにくいだろうと”思い込んでいた”自分に気づかされた。曖昧に見える日本語を使う日本人の行動は、実は”明確な行動”であるという趣旨にも納得。多言語との比較や、日本語の会話実例なども豊富でとてもよみやすく面白い。
    読みやすさといえば、本書の訳もすばらしい。読んでいて訳本であることを感じさせない自然な表現だ。
    日本人が日本語について考える機会を与えてくれる良書だと思う。

  • 世界観や歴史観がやや朝日新聞っぽいが外から眺めた日本語という言語。使ってみてどう思ったのかとか日本人にはわかりにくい部分なので内容は面白い。又、朝日っぽいけれど、耳を傾けることが可能なレベルなので、鬱陶しくはない。認識の差異として読むことが出来る。言語に対するまたちょっと違った印象を持つのにいいような気がする。

  • インターネットで見かけて。

    母国語が日本語ではない人が書いたとは思えない、
    普通の日本語で書かれていた。
    つるつると読みやすい。

    ということは、
    主張することがはっきりくっきりしないということだ。
    何せ日本語なので。

    日本人が、
    非日本人には日本語または日本文化が理解が難しいとい思っているのは間違いだ、
    という意見には賛成だ。
    日本文化が特殊という考え方には傲慢さを感じるので。

    また、
    日本語は柔軟性が高いため、語彙数が少なくても表現が豊かになるという点、
    とくに擬態語の自由度の高さはより表現を豊かにすると言う点や、
    とくに聞く話すは簡単だという点は賛成できる。

    だが、日本が世界言語になりえるために必要なのは、
    いや、どんな言語においても世界言語に必要なのは、
    単に支配力または軍事力であって、
    言語そのものの特徴ではないと思う。
    そうでなければ、
    文法的には難解ではないが、
    例外だらけの英語が限りなく世界言語に近くなるわけがない。

    そして、宮沢賢治がそんなにすごい詩人だということが、
    私にはよくわからないし。
    まとめて言うと、期待したほど面白くなかった。

  • ほんとに日本語のこと、日本のこと、よく分かってるなと、感心します。と同時に、これだけの人でも、ちょっと違うんだよなっていう誤解もあって驚きます。結局、言葉や文化ってそういうもんかと。

  • 日本語は実は学びやすい言葉で、日本語が難しいというのは、言語として難しいのではなく使われ方の問題ということを指摘していておもしろかった。片岡義男が一連の著作の中で同様のことを書いている。言語と文化の結びつきにも触れていて、この本を読むとこどもを日本語が不自由なバイリンガルには育てたくないと思った。

  • うーん,まあ,「日本語は決して曖昧でも難しい言語でもない」という著者の主張については,確かに後者は同意しないでもない.でも,インドヨーロッパ語族とは語順が違うわけだから,絶対値としての難易度は低いとしても,垣根は依然として高いままであろう.前者については,「文脈から読み取れる」と著者は云うのだが,それは話し言葉上ではそうかもしれないが,書き言葉上ではやはり曖昧さが高いように思う.最終の第五章「世界語としての日本語」は著者がかなり暴走していて,だからどうしたら良いのかがよく分からない.日本語を学習する外国人向けに書き直すと良いのではないだろうか?

  • 確かに話すという点では日本語は発音しやすいし簡単だと思う。
    イタリア語からロシア語あたりの主語に伴う格変化とかみれば
    文法だってそんなに難しくない。
    しかしこの本は誰向けの本だったのかな⁇
    外国人向けならちとわかりにくそうだし、
    日本人向けならそもそもなぜ日本語で書かないのかと。

  • 日本語は難しいと思っていたし特別感もあった。しかしそれは日本人だけが思っているだけで、外国人からすればそうでもないということ。「言葉は文化」言葉を覚えるということは文化を知るということ。
    「間」をおく。思慮深い人間に見える。または、言うことに自信がないかもしれないという印象を与える。これは日本語という言語そのものの特徴ではない。それは社会的な習慣であり、そうすることが重要でもある。
     躊躇、用心深さ、相手の目を見ないで話すこと、静かな遠慮深さ…。こういったものは日本語の言語自体の本質ではなく、すべて日本人の多くが持っている特徴だといえる。日本語という言葉の本質と、日本の社会的慣習からくる日本人の表現方法(態度)とをはっきり分けて考えなければいけない。
     日本語の話し言葉、文章、そして日本の芸術においてきわめて特徴的で独自なのは、本来の意味やニュアンスはなにかしらそれを示唆する言葉やイメージで暗示される、ということ。つまり、日本では「示唆的でニュアンスをにじませた」表現をすることこそが重要な文化であり、社会である。少なさを重んじる文化、控えめを尊ぶ社会。
     二つの異なる単語の意味をあわせもつ省略語がある。他の言語にもあるが、日本語がユニークなのは漢字とかなの組み合わせで省略語をつくれるということ。これは他の言語には見られない現象。
     敬語は日本語と日本人の国民性に密接に結びついている。敬語という言葉の独特の形態と使い方を知れば知るほど、日本人がいかに人間関係に対して気配りする国民であるかということを示している。
     

  • 日本語は学ぶのに特別難しい言語ではない、ということが一番印象に残ったことかなぁ。あと、言語を学ぶ時は まっさらな状態が良いということ。

全29件中 1 - 10件を表示

ロジャー・パルバースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
高野 和明
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)の作品紹介

英・露・ポーランド・日本語。全く異なる文化的背景から生まれた4ヶ国語を完璧にマスターした外国人作家が、比較言語論的な視点や自らの体験をもとに、世界に誇る日本語独自の魅力と可能性を説く!

ツイートする