犬と、走る

  • 67人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (11)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 本多有香
  • 集英社インターナショナル (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672725

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

犬と、走るの感想・レビュー・書評

  • また世界が広がった

    かっこいい女性に出会えた

  • 植村直己さんの犬ぞり冒険記などは、過去のものとして読んできたところがあるけれど、これはまさに現代の話。

    犬ぞりレースに参加するための資金集めとはいえ、今までやってきたアルバイトの種類と数に圧倒される。
    現実に立ち向かってゆく情熱のコアな部分が十分伝わってきます。

  • 地平線会議でお会いした本多さんがそのままあらわれてる本だった。すげー人だ、ホント。アンディタロットまで完走してしまった、本多さん。またお会いしてお話ししたい。

  • やりたいことをやることほど輝いてることはない。過酷な状況でも前を向く女性、かっこいい!

  • 犬ぞりレースに魅せられ、カナダへと飛んだ著者。しかし現実は甘くなく、ベテラン犬ぞり師の元で修行し、犬の世話に追われる日々が何年も続く。レースの費用を稼ぐ為、オーストラリアに出稼ぎしたりと苦労ばかり。しかしそれだけの事をしてでも犬ぞりはすばらしいものだと著者は語る。その想いは、1600キロの道のりを犬ぞりで踏破するという日本人初の快挙へと繋がっていく。自分の夢に一直線な著者の姿が素晴らしい。

  • 犬ぞりレースに出走するなんて、とっても犬が好きな人なんだろうなあと思って読み始めると、現在、犬が26匹。食事の世話に、レースのトレーニングに、身の回りの世話で大忙しでした。加えてレースのエントリー料や装備にかかる現金収入を得るため仕事をしなければならず、犬が好きだけではこなせない生活だと思いました。レースに出場する前のハンドラー時代もまた寝る間も与えられないほどの仕事量。しかしながら、人見知りと自称しながらも人との情報交換、人の好意、人との信頼関係によって前進してきたことが良く分かり、決して後退の場面のないお話でありました。

  • 犬ぞりのレースって、もっと長閑なものだと思っていた。キャンプ生活をしながらのレースで、自分用の他に 犬 のご飯も持ち運ばなくてはね。また、犬は自分で調理できないから、それもしなくては。さらには長時間走って疲れはてた犬のマッサージま
    でも、
    しかも、レースがないときだって、何十匹もの犬の世話とトレーニング。
    比較したらアレだけど、自分で走るマラソンの方がよっぽど楽だな。
    でも、この日本人女性は単身北米に乗り込んで、それをやってしまった。素晴らしい!

  • この天真爛漫な人への信頼と犬への愛情が、この破天荒な人生につながっている。たんたんと書いているけれど、本当に一歩間違えれば死ぬところを生きてきたのだと、深く驚いた。犬ぞりレースも一度見てみたいが、見るものではなくするものなんだろうな。

全9件中 1 - 9件を表示

犬と、走るに関連するまとめ

犬と、走るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

犬と、走るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犬と、走るを本棚に「積読」で登録しているひと

犬と、走るの作品紹介

初めて見た犬ぞりレースに魅せられ、単身カナダに飛んで15年間。犬ぞり師の下、ハードな修行生活を経て、カナダ・アラスカ1,600キロを横断するレースを完走する。犬たちと歩んだ波瀾万丈の人生。


ツイートする