リオとタケル

  • 83人登録
  • 3.73評価
    • (5)
    • (10)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 中村安希
  • 集英社インターナショナル (2014年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672749

リオとタケルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカで成功を収めた演劇デザイナーカップルの話。
    タケルは24歳で渡米した1949年生まれの日本人、リオは1953年ワシントン生まれの白人。
    1976年に出会ってからずっと一緒に生きてきた。

    著者はふたりの教え子。
    大好きな二人と、自分にとっても重要なセクシュアリティがテーマだから、この本は客観的ではない距離で書かれている。悪い意味ではなく。
    ノンフィクション作家のルポルタージュというよりは迷える若者の手記。

    二人の話や、アメリカの人たちの話がおもしろい。
    演劇の仕事、教育の仕事、家族のこと、ゲイとしての人生のこと…
    日本の友人たちは「偏見なんてないよ」な感じがいかにもマジョリティだけど、還暦越えの日本人としてはいい方なんだろうな。
    多分こういう完璧じゃない理解こそが歩み寄りの証なんだ。

    とは思うんだけど、完全に肯定しきれてない書き方にもやもやする。
    著者はセクシュアリティを引き受けることをようやく始めたセクマイ初心者のバイセクシャル。だから、そりゃもう色々と揺れている。
    著者のなかの、他人事じゃないからこそのためらいが、変な距離を生んでしまう。
    内なるホモフォビアや引け目、「叩かれても仕方ない」といった諦めが、百パーセントの肯定をためらわせる。
    加えて日本的な政治(権利擁護運動)フォビアも顔をのぞかせる。

    考え始めたばかりの弱さや自信のなさはわかるんだけど、著者の不安に引きずられた文章がマイノリティを否定してしまいそうでハラハラする。
    反論も肯定も不安げだとか、自己否定と自分の属性(セクマイ)否定が混ざってしまっている感じとか、ものすごくもどかしい。
    青年期に思春期ものを読んだような気分。
    もう少し時間がたてば見守る気持で読めるだろうか。

    著者が20年古い人なら、「この人が若い頃は今より大変だったから仕方ない」と思えただろうし、あと20年若ければ「まだ知識がないから仕方ない」と思えただろう。
    だけど1979年生まれで90年代にアメリカに演劇で留学、周囲にゲイがいる環境で青春を過ごし、おまけに先生がこの二人で本人もセクマイ要素があって、しかも同性婚が夢物語じゃない21世紀に執筆された本で、これはあまりにも無知だ。
    当事者ゆえに直視できなかったってのはあるにしても。
    性格の悪い感想だけど、「知ろうとしてこなかった人が無知ゆえの偏見を当然のようにまき散らさないでよ」と思ってしまった。
    こんな風に思うのは、すごくひどいことなんだけど。

    迷いの中にいるから同じ状況の人を勇気づけるには力不足というだけで、この人が悪いわけではない。
    むしろできるかぎり肯定しようと努力してる。
    ちょうど今迷っている最中の人なら共感できるかもしれない。
    でもエンパワメントするために力強い肯定を心がけて書かれた本を読んで育った目には、不安定さが落ち着かない。
    要するに私がこの本を穏やかに見守れるほど成熟していないだけで、書き方自体は誠実な本だ。



    タケルさんの家族へのカムアウトで、親は世代が上だから無理だと友人に言われていたのが印象に残った。
    私からすればタケルさんの年代が親世代なのに、今でもおんなじ台詞を耳にする。
    親が子より上の世代なのは当たり前なんだから、年齢を理由にしていたら永遠にわかりあえない。

    演劇の先生が演劇の中の同性愛について語った部分が疑問。真夜中のパーティまで同性愛は語られないかほのめかされるだけだと言い切る。
    『サロメ』は?不実な恋人への愛を語りまくって無視されているヘロディアの近習は?
    『ルル』は?ばっちり「同性愛」という言葉を使って苦悩を語ったゲシュヴィッツは?
    「知らない」「思いつかない」を「ない」と言い切っちゃうのは好きじゃない。

  • とあるゲイカップルを題材にしたセクシャリティーについてのノンフィクション。長編なうえにテーマから逸れた話も多く、途中で挫折しそうになったが、ところどころに出てくる素敵な言葉やエピソードに助けられて完読。セクシャリティーの枠を超えて、彼らの生き方に学ぶところがたくさんあった。タケルの家族の拒絶の場面だけが目立って寂しかった。

  • 中村安希がセクシャリティについて書いているという事が動機になって読むに至った。彼女の観察眼の鋭さと人に媚びない批判精神は「インパラの朝」で実証済みだ。
    セクシャルマイノリティについて語っている部分は所々、感心する推察はあるものの他の書籍もいくつか読んでいるので見聞きしたことのある話も多かった。
    どちらかというと演劇などの芸術に対する姿勢や、仕事の仕方といった面に目が吸い寄せられたが、やはり全体を読み終わってみると自身のジェンダーについて認識を改める或いは再確認する作業を何度もしていたことに気づいた。
    この本が出版されたことを見てもゲイの認知度は着実に上がっている。あとはこの著者のようにバイであるとか、ノンバイナリージェンダーの事についても理解が進めばいいと願う。

  • 2017年1月22日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「リョウ」。

  • "主人公がゲイであっても『ゲイとは無関係な映画』が作られる日を心待ちにしています。"
    適当に手に取ったエンタメは9割は異性愛キャラクターだと感じる。異性愛者以外のキャラは意識して探さないと見つからない。そして同性愛キャラクターの場合はなにか啓蒙的な理由付けがされている。
    意味もなく同性愛者というキャラクターがたくさん活躍できるステージが早く来ればいいと思う。あっち見ても男女、こっち見ても男女という光景は何か箱庭的な縛りのようだ。

    ショーンだったかの「試してみないとわからない」論には納得。食わず嫌いみたいなものかな。
    仕事なんかも営業なんて絶対できないと思い込んでた人がいざ挑戦してみたら意外と楽しいなんてこともよくある。なんでセクシャルティに限っては頑なに恋愛対象は異性だと決め込んでいるのだろう。
    自分を雁字搦めにしないで素直に心の欲求に従うことが幸せへの一歩なのかも。長年の思考の癖をいきなり変えるのは難しいけど。

    ところで要所要所、特に後半に著者個人についての自問自答や自分語りが差し込まれるのが不要だと感じた。その自問自答というのも、「同性に惹かれたことがあるからバイなのかもでも付き合ったことはないからヘテロ?でも同性に〜」と同じことを延々と繰り返し聞かせてくるので、もうその話さっき聞きました…とうんざりしてしまった。
    自分自身について長々語るより取材対象者の考察を書いた方が良いのでは。

    演劇の話は専門用語連発の難解文章というわけではないが、ぼんやりとした描写なので演劇に興味のない人間を惹きつけるような文ではなかった。

    どうにも取材しきれてないというか、深いところまで話してもらえるほどの信頼を得られてない印象を受けた。ちょいちょい矛盾してる箇所があって本当なのかな?と思ってしまった。
    例えば、タケルは結婚制度はヘテロのものだから興味はないと言い切っているが、過去では結婚したいという思考だったり。そしてラストでは結婚に前向きのようだ。人間の感情が変わるのは当然なので心境の変化については不自然ではないけど、どうして変化したのかとかその辺を取材してないのか?書いてないだけ?すっぽり抜け落ちててハテナが浮かんだ。
    それとゲイ特有の不幸や苦しみは僕らは幸運にも回避できた云々のくだりで、リオとタケルの友人は「そんなことないはずだからもう一度ちゃんと聞いてみたら?」と著者に提案してるのだがまたこれもスルーされてる。
    つっこんだ質問ができていなかったり、自分でも考えがまとまってないような漠然とした丸投げ質問をしていたり、後半は著者の自分語りで混ぜっ返していたりとなんだか中途半端な取材だなと思えてならなかった。

  • 2016年4月14日読了

  • アメリカ生まれのリオと日本生まれのタケル。ともに舞台に携わる仕事をロサンゼルスでしている。二人は、セクシュアルマイノリティだ。二人の出会いから現在に至るまでをインタビュー形式でたどる。もし、自分の身近に彼らのような人たちがいたらどう接するのだろうか。その心の闇と社会での風当たりがじわりと心に残る。

  • 物をつくる上で忘れてはならない心がある。
    わたしも舞台の上に美しい夕日をかけたい。

  • 請求記号:367.9/Nak
    資料ID:50076679
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • セクシャリティーは白か黒かというはっきりしたものではなく、柔軟で連続的なものなのだということ、すごく腑に落ちたし、自分の感覚を擦り合わせても納得のいく感覚だと思った。けど、世間は、特に日本では、多様性と銘打ってなんでも受け入れていきましょ的なことあげてるけど、実際はただ見ないようにしているだけで、実際に自分に降りかかったときは、拒絶するっていう著者の指摘も、日本で生活するものとして悲しいかな凄く頷けるものだった。兎にも角にもこの本の素晴らしさはタケルさんとリオさんの関係というか、運命体のような存在を教えてくれたこと。彼らには強い憧れと希望を感じた。自分も自分の心に正直に迷うことなく生きていきたい。

全18件中 1 - 10件を表示

リオとタケルに関連するまとめ

リオとタケルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リオとタケルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リオとタケルの作品紹介

アメリカ時代の恩師リオとタケルはゲイのカップル。その理想的な関係はどのように育まれたのか? 著者はなぜ彼らに惹かれるのか? アメリカと日本各々の社会で、セクシュアリティと愛情を考える。

ツイートする