真説・長州力 1951‐2015

  • 109人登録
  • 3.81評価
    • (10)
    • (18)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 田崎健太
  • 集英社インターナショナル (2015年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672862

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
三浦 しをん
ピエール ルメー...
東山 彰良
又吉 直樹
伊坂 幸太郎
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

真説・長州力 1951‐2015の感想・レビュー・書評

  • 昭和のヒーロー長州力

     あまりに寂しい。谷津との決裂は知ってたけど、キラーカーン、マサ斎藤そして佐々木まで不仲になっちゃったとか。寂しいな。

  • 2017.6.6読了。図書館で借りた。

    とても長かった。
    長州以外のプロレスのこともいろいろ書いてあります。

  • 今までの歴史がわかって大変面白かった。ノンフィクション作家が書いたこともプラス要因。

  • 昭和のプロレス少年は、長州力の入場曲「パワーホール」を聞くとアドレナリンが出る。リング上の殺気立った勇姿が忘れられない。本書はそんな長州の半生に迫った作品。門外漢の筆がプロレス村のフィルタを廃し、素の姿を映し出す。
    無骨で不器用で仲間を大切に想う彼の人間性は、長州革命、全日参戦、WJの起動と崩壊などでの行動や言動を通して伝わってくる。貴重なドキュメンタリー。

  • よく調べて、資料も読んで、人にも会っているのだが、例えば試合内容や展開などについて全く書かれていない。結局は巷間伝えられる噂話やゴシップについて聞いているだけの暴露本としか思えない。

  • その辺が微妙に心のどこかに引っかかっている。だから自然にど真ん中みたいな言葉が出てくるんでしょうね

  • 長州力とその周辺に丹念に取材をしたドキュメント。このあたりは多くのレスラーおよび関係者が本を書いているので、目新しい点は少ないと言えば少ないが、取材対象によって記憶も曖昧で言うことも違うなかで、根気強くまとめた点はスゴイと思った。

  • ど真ん中こと、長州力の半生を居ったノンフィクション。
    本人もさることながら、周辺の人物に丹念なインタビューを繰り返
    し仕上げられた力作。長州だけに(^^;)。

    ・・・まぁ、本来の僕ならば間違い無く“買ってはいけない”本である
    ことはまぎれもない事実。なんつったってこの本は、あの長州力に
    関する本なのだから。

    ハッキリ言って僕は長州力が嫌いだ。嫌いな理由はここでは書きき
    れない(^^;)。長州の試合は生で百回は観ているし、映像であれば
    もう何百試合分観ているか解らない程。ただし、ある一時期を除い
    て長州を応援した覚えが無い。この時期と言うのは全日本プロレス
    参戦時。「お前がダメだと新日本がダメだと思われる」、という
    感情から、本当に仕方無く応援していただけの話。

    そんな長州の本を何故読もうと思ったのかと言うと、先にこの本の
    取材を受けた他のレスラーが多媒体で受けたインタビューを何本か
    読み、興味が沸いたため。おおよその人たちは辛辣であり、罵詈雑
    言の嵐。どんな酷い本か確かめてやろう、という凄く否定的な理由
    で入手したのだが・・・。

    思った以上にちゃんとした本だった。
    特に学生時代、オリンピックに出場を果たす程優秀だったアマレス
    時代の記述はある理由からこれまで表に出ることは殆ど無かった。
    その部分が読めただけで吉田光雄というアマチュアレスラーとその
    周辺の名選手たちに興味が沸いたし、同じくこれまで語られる機会
    の少なかった最初の海外遠征時のエピソードにはいわゆる“下積み”
    の苦労が滲み出て、読み応えはかなりあった。

    しかし、この内容を「真説」とするのはどうかと思う。コレはマジ
    で。新日本プロレスをこれまでの新日本では無い組織にしてしまっ
    たのは間違い無く長州であり、全日本時代にジャンボ鶴田とブルー
    ザー・ブロディに完封され、全日ファンにニヤニヤされたのはトラ
    ウマになりそうな屈辱だった。そして何より、大失敗していろいろ
    な選手の将来を変えてしまったあのWJは、長州の我儘で出来た団体
    だと言うことに間違いは無い。そういう、圧倒的な罪が明確にある
    のに、論調がやや「いい話」になっているのは、ちょっと納得がい
    かない。

    ただ、長州力というプロレスラーのキャリアに基づいた関係者への
    インタビューには一読の価値あり。残念ながら、僕の長州力という
    プロレスラーへの評価は全く変わらなかったけど。

  • プロレスに夢中だった頃、彗星の如く現れ、サソリ固めという必殺技を駆使する長州力にわくわくしたことを思い出した。
    その陰では多くの苦労があったという事がよくわかった。

  • 【選書者コメント】今やテレビに出てくる面白い人になってますが、長州力はレスラーとしての人気もさることながら話題作りの天才的な嗅覚を持ち、またレスラーだけでなくアスリート、経営者、そして人種的マイノリティなど様々な面のある人物です。それをサッカーや野球などこれまでスポーツの王道を歩んできたスポーツライターが書くという野心的な一冊。
    [請求記号]7800:1858

  • まず取材力が違う。多くの関係者から取材を行い、協力者の過去の発言と今回の取材での矛盾点を突いて1つずつ真実を裏付ける確認作業が丁寧である。

    自分は三銃士世代の為、デビューから移籍や出戻りの経緯を詳しく知れたのは良かった。

    ただページ半分でやっとジャパンプロレスとややテンポに遅さを感じ、新日現場監督時代の話はスッポリと抜けてある。長州が売り出したかった選手やそのギミックや、逆に選手から提案されて却下した案など聞きたかった。

    現在もトレーニングに新日道場を使ってる手前その辺はNGなのか、代わりにWJの話が解禁になったのは新鮮だった。今回で最後との事だが次があるように感じた。

  • 文字通り、長州力についてつづった一冊。
    自伝的なものや、対談集はあるが、これは幼少期から丹念につづっている。

    また、プロレスファンなら知っている話が多いので、非常に読みやすい。
    逆に言えば、幼少時代や海外修行時代の話は少ないわけだけど。

    記述に関しては、周知の話が多いながら、それを裏付けるべく細かい時系列や金の流れを丹念に追っている印象。
    色んな関係者の話が出てきましたが、一番印象に残ったのは大仁田選手でした。

  • 昔、新日の会場に一緒に通っていた後輩から借りて。著者と長州が並んで本書を売り込んでいる動画も発見。不機嫌じゃない長州に戸惑いを感じてしまう世代です。真説とありますが定説に思えてしまうのは、あまりに自分がプロレス情報に触れて来たからなのか、長州のインタビューが赤裸々モードに突入していないからか…今、新しいターゲットに再び盛り上がっている(と、聞く…)新・新日ではなく旧・新日の興亡の歴史は、もはや「平家物語」や「太閤記」のような定番の集団劇になっているようになっているのかも。

  • 昭和の新日本プロレスを少しでも好きだった人にはぜひ読んでほしい。ウソや適当な話ばかりのプロレス本とは明らかに取材の量も質も異なる。WJ以降の長州はリアルタイムではあまり追っかけてなくて初めて知るようなことも多かった。少年時代から新日入団までの話はほぼ初めて聞くエピソードが多くてとても興味深く読んだ。新日全盛期、ジャパンプロレス・全日、新日に戻って以降の話はリアルタイムで見ていたけれども、見えないところでの魑魅魍魎とした数々の話もとても面白かった。そして登場する数々のレスラーの人柄もすごくよくわかるし、嫌いだった奴はやっぱりくそだったと思わざるを得ない、特に北尾な。あいつは本当に最低な男だ。そして前田、越中、ヒロ斉藤、藤波、グラン浜田とかはますます好きになる。残念なのはマサさんとWJが原因で疎遠になってしまったことかな・・・。

全15件中 1 - 15件を表示

真説・長州力 1951‐2015を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真説・長州力 1951‐2015を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真説・長州力 1951‐2015を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真説・長州力 1951‐2015を本棚に「積読」で登録しているひと

真説・長州力 1951‐2015の作品紹介

長州力がすべてを語った! 在日朝鮮人二世として生まれた幼少期から、ミュンヘン五輪、噛ませ犬事件、WJプロレス崩壊まで、多くの関係者取材を通し今明かされる「革命戦士」の真実、その全歴史!!

真説・長州力 1951‐2015のKindle版

ツイートする