最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで

  • 215人登録
  • 3.69評価
    • (10)
    • (23)
    • (16)
    • (4)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : 町山智浩
  • 集英社インターナショナル (2016年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797673340

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思ってもみなかったビジョンを捻り出し提示するその視座には驚かされるばかりだ。

  • スプラッシュマウンテンの謎が解けた!

  • 目からうろこの連続。無邪気に観ていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にこんな意味があったとは。

  • 様々な映画を引き合いに、差別と隠蔽に満ちたアメリカ史をさくっと解説する。
    「国民の創生」のような事実の塗替えによる隠蔽もあれば、告発もある。
    人種のサラダボールに保革、階層間の政治的な思惑が裏で揺らめく複雑な国アメリカへようこそ

  • 思想的にアブナイ映画の紹介。
    アメリカの歴史的背景が判らないと理解出来ない話が多い。インディアンくらいなら判るけど。
    「國民の創生」は見たことも無いけど名作だとの認識は有る。「バックトゥザ・フューチャー」まで歴史を歪曲していると言う。
    難しいね。ところで私が若い頃は歴代映画の一位になっていた「天井桟敷の人々」は最近はあまり評価されてないような気がするんだけれども、やっぱり何か背景が有るのかしらん。

  • バックトゥザヒューチャーにもそんな意味があったのかあ。アメリカって色々あるんだなあ。

  •  きわめて若いメディアである「映画」は、第八芸術と呼ばれている。20世紀初頭から現代に至る米映画の歩みを振り返れば、期せずしてアメリカ精神史が見えてくる。
     明るく軽い映画が主流の米映画界にあって、伏流水のように暗く重い映画が製作され続けていた。
     教科書的名作「國民の創生」から最近作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に至るまで、町山智浩はその暗黒面を剔抉してゆく。
     判りやすい毒々映画より、いっけん目や耳に優しい娯楽大作の中に潜ませた「毒」の方が罪は重い。その点を思い知らされた。

  • 人種差別がメインテーマ。
    古い映画が多く、ほとんど見たことはなかった。
    バックトゥーザフューチャーとフォレストガンプはなるほどなと思った

  • 前日読んだ『お父さんがキモい理由を説明するね』で、自分の経験した"後悔"についてとことん話し合うことが、相手を愛している表現になっているってのは深いと感じたのだが、全く趣旨の違うこの本で、まさに言わんとすることが同じだ!と感じたのが下記↓

    (『國民の創生』における映画に優れた演出の確立とその内容への罪への言及を踏まえ)『クエンティン・タランティーノは自作『ジャンゴ 繋がれざる者』のインタビューで、アメリカ映画が今までほとんど奴隷制度を描いてこなかった事実について「奴隷制度はアメリカの汚点だからだ。どの国にも触れたくない歴史の恥部はある」と答えた。「でも、そこにこそ、最もエキサイティングな物語の可能性が眠っている」』

    アメリカの歴史と映画の本なので、そういう受け止め方をするのは違うのだが、汚点や恥部を隠すことより、そういった過去があったことを曲げずに受け止め共有していくことこそ、信頼する/される人(作品)につながるのだなと感じた次第。

    各々単体で読んでたらそうは思わなかったのだろうが(もちろん単体で読んでもどちらも素晴らしい本です)、たまたま続けて読んだジャンルの違う本が自分の中でリンクして発見があるのが読書の良さですね。

  • 初めて読むにはいいです

全24件中 1 - 10件を表示

町山智浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
スティーヴン キ...
ミシェル ウエル...
國重 惇史
西 加奈子
サンキュータツオ
三浦 しをん
スティーヴン ワ...
村田 沙耶香
町山 智浩
ピエール ルメー...
トマ・ピケティ
又吉 直樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まではこんな本です

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「積読」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までの作品紹介

全米に人種差別を蘇らせた「名画」、米軍が封印した「巨匠の記録映画」、今も論争が続く「感動作」、トランプ現象を予告した「問題作」──アメリカ映画の中に潜む「超大国の暗部」を徹底解説!

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までのKindle版

ツイートする