最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで

  • 204人登録
  • 3.66評価
    • (10)
    • (19)
    • (16)
    • (4)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 町山智浩
  • 集英社インターナショナル (2016年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797673340

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
村田 沙耶香
中村 文則
塩田 武士
米澤 穂信
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思ってもみなかったビジョンを捻り出し提示するその視座には驚かされるばかりだ。

  • スプラッシュマウンテンの謎が解けた!

  • 目からうろこの連続。無邪気に観ていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にこんな意味があったとは。

  • 人種差別がメインテーマ。
    古い映画が多く、ほとんど見たことはなかった。
    バックトゥーザフューチャーとフォレストガンプはなるほどなと思った

  • 前日読んだ『お父さんがキモい理由を説明するね』で、自分の経験した"後悔"についてとことん話し合うことが、相手を愛している表現になっているってのは深いと感じたのだが、全く趣旨の違うこの本で、まさに言わんとすることが同じだ!と感じたのが下記↓

    (『國民の創生』における映画に優れた演出の確立とその内容への罪への言及を踏まえ)『クエンティン・タランティーノは自作『ジャンゴ 繋がれざる者』のインタビューで、アメリカ映画が今までほとんど奴隷制度を描いてこなかった事実について「奴隷制度はアメリカの汚点だからだ。どの国にも触れたくない歴史の恥部はある」と答えた。「でも、そこにこそ、最もエキサイティングな物語の可能性が眠っている」』

    アメリカの歴史と映画の本なので、そういう受け止め方をするのは違うのだが、汚点や恥部を隠すことより、そういった過去があったことを曲げずに受け止め共有していくことこそ、信頼する/される人(作品)につながるのだなと感じた次第。

    各々単体で読んでたらそうは思わなかったのだろうが(もちろん単体で読んでもどちらも素晴らしい本です)、たまたま続けて読んだジャンルの違う本が自分の中でリンクして発見があるのが読書の良さですね。

  • 初めて読むにはいいです

  • ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)を読んだばかりであり、映画の世界にも、いろいろな思い入れのもとに、熱狂的な支持を得た映画にも、直視できない問題をかかえていることがあるなあと思いました。

  • 読むことによってディズニーを嫌いになったり好きな作品の評価が揺らいだりはしないが、今後は宗教、人種差別、政治などのイデオロギーに絡めて鑑賞していきたいなあ、と。

  • アメリカ在住の映画評論家である町山智弘氏。
    様々なメディアで拝見・拝聴する町山氏の映画評論は、映画そのもののみならず、映画の背景や歴史、製作現場やスタッフ・キャストの裏話、また、特にアメリカ文化の深堀りなども絡めながら、とても分かりやすく、生き生きと、そして時に生々しくもあり、映画好きの私としては、いつも楽しく味わい、そして学ばせていただいています。

    そんな町山氏ならではの本書。
    アメリカの政治・経済・文化とその歴史を背景とした、「最も危険なアメリカ映画」たちが紹介されています。
    そして、取り上げられているテーマは、もちろん、同国の暗い、負の側面。

    かつて『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を何十回と鑑賞しまくってきた私。
    もちろん、本書で取り上げられているような背景や解釈など全く知らず、純粋なエンタメ作品としてたいへんお気に入りの作品でした。
    が、本書に触れると、これまでのような観方はできなくなってしまうように思います。
    それだけインパクトの強い本書。

    本書における各章のメインに取り上げられている映画はあまり馴染みのないタイトルばかりでしたが、それも、本書で取り上げられている歴史・背景等から、さもありなん、と納得するところでもあります。

    「アメリカ映画」と言えば、壮大なスケールで、華やかで、煌びやかな、いわゆる「ハリウッド映画」的なものを思い浮かべてしまいがち。
    しかしながら、歴史や背景を知ることで観方が180度変わってしまう。
    また、時代や距離がそれなりに離れてしまった我々までには届かない作品も多く存在していること。
    いろいろと学ばせていただくとともに、映画の世界の深さ・広さを改めて実感させられた本書です。

  • 國民の創生。
    空軍力による勝利。
    バック・トゥ・ザ・フューチャー/フォレストガンプ。

    この3つの章だけ読めばいいかな。
    アメリカの黒人差別問題は根強く今も残っていると言うところが映画に出ていると言う視点が面白い。
    ただ、ちょっとその話が続くので食傷気味になったというのが正直なところ。

    でも。ディズニーが東京大空襲を先導しているような事なったのなんて全く知らなかったし、
    よもやバック・トゥ・ザ・フューチャーに差別問題が絡んでいるなんて思いもよらなかった。

    必読です。

全20件中 1 - 10件を表示

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までを本棚に「積読」で登録しているひと

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までの作品紹介

全米に人種差別を蘇らせた「名画」、米軍が封印した「巨匠の記録映画」、今も論争が続く「感動作」、トランプ現象を予告した「問題作」──アメリカ映画の中に潜む「超大国の暗部」を徹底解説!

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まではこんな本です

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 までのKindle版

ツイートする