ブルー・オーシャン戦略がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)

  • 233人登録
  • 3.29評価
    • (5)
    • (17)
    • (54)
    • (2)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 中野明
  • 秀和システム (2006年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798014029

ブルー・オーシャン戦略がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 注目される経営戦略論「ブルー・オーシャン戦略」を、図解をふんだんに用いながらわかりやすく解説。その基礎知識や、戦略策定の具体的手法、戦略の導入と実行のポイントなどを素早く理解できる!

    ブルーオーシャン戦略とは?と言う所から入った自分でも分かりやすく読めた。
    今後参考になる一冊だと思う。
    同じ市場で戦うには限度がある。イノベーションを大切にしたいと思う。
    こういう創意工夫が人の文化そのものを創り上げる一つになるんだと思うと自分の仕事やできることは無限大にある様に思える。
    ついで社会の仕組みをまたひとつ知れた様に思えた。
    ブルーオーシャン戦略参考になります。

  • ブルーオーシャン戦略の概要を知るための本?
    あまり分野に詳しくないので書けませんが、
    とてもわかりやすく入門的ですらすらと読めました。

  • ブルーオーシャンとは、既に競争が生まれているレッドオーシャンと相反する「まだ生まれていない市場、未知の市場空間のすべて」であり、それを実現することをブルーオーシャン戦略という。ブルーオーシャン戦略においてはコストマイナス方式が重要である。コストマイナス方式とは、顧客が購入できる価格を基準とし、付随するコストを徹底的に削減する手法である。ドラッカーのマーケティングにおいて、企業の目的は「顧客の創造」であると定義されているが、顧客創造のために必要な機能はマーケティングとイノベーションであるという。イノベーションとは「いままでと違った経済的満足を顧客に与えること」である。目の前のマーケティングに傾聴しがちであるが、すなわちレッドオーシャンで戦ってしまっているに他ならない
    。イノベーションを活性化させるためにもブルーオーシャン戦略を持って新たな顧客を創造していきたい。

  • 1時間で読める。新たな市場を開拓するブルーオーシャン。顧客の新たな価値を見つけバリューイノベーションを創造する。ドラッカーの言う「企業の目的は顧客の創造であり、顧客創造のために企業が持つべき機能はマーケティングとイノベーションの2つだけだ」という節の、最近のマーケティングに触れ過ぎている企業の考え方をイノベーションに寄せる戦略といったところだろう。

  • 素人にもわかるように書かれている。しかし実践するべきではない。15分で読める。

  • ほんと、「ポケット図解」シリーズはわかりやすい。
    要点が一目でわかり、後から見直したときにすぐに思い出せる。

  • ブルーオーシャンという言葉を知ったのは情報処理試験の午前問題である。用語の意味はその時に知ったが、それにまつわる本が図書館にあったので借りた。経営戦略を勉強するときPPMやSWOT、5Forceやランチェスター戦略など全て相手との競争に関する戦略ツールだった。一方ブルーオーシャンは競争をさけ、新たな市場を開拓するという戦略である。ブルーオーシャンのように今まで考えていた領域だけでものを検討するのではなく、もう一段上で思考することの大切さがわかった。

  • よくまとまっているし、図解がありがたい。だがあえて読まなくても原書で十分であり、逆にこれだけ読むと物足りないのでは。

  • 原著の「ブルー・オーシャン戦略 ~競争のない世界を創造する」は比較的内容が分かりやすい本なので、あえてこのシリーズを読むまでもないですが、頭の整理に読む分にはいいかも。

全21件中 1 - 10件を表示

中野明の作品一覧

中野明の作品ランキング・新刊情報

ブルー・オーシャン戦略がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブルー・オーシャン戦略がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブルー・オーシャン戦略がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする