プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術

  • 195人登録
  • 3.30評価
    • (7)
    • (21)
    • (30)
    • (10)
    • (2)
  • 18レビュー
著者 : 小俣光之
  • 秀和システム (2007年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798015583

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1034

  • プログラマーを目指す若い人を対象に書かれた本でした。とはいえ、著者は元プログラマで現在は社長業の方が本業みたいなので、どことなくビジネス書めいているのが残念でした。また、内容的な繰り返しも多くて、くどいところがありました。

  • プログラマーが考えるであろう事例についてヒントを与えてくれる一冊。

  • 技術的な詳細からキャリアまで、プログラマとして働くときに必要になるノウハウ全般。主に初心者向け。

    第2部の仕事編は、働き方やキャリアなど他人の事例として参考になる部分があってひと通りちゃんと読んだ。

    第1部のスキル編は、技術的な話なので飛ばし読み。方法論がちょっと古めな気がしたけど、著者がネットワーク系に強い人なので、例がC言語で構造化プログラミングでという低いレイヤーの話だからか。

  • 内容に少し独断・偏見があるように感じたが、
    プログラマーとして、生きていく、一つの道を示しているように思う。

    ただ、ある程度の規模の会社では、一つの分野を
    極めるところまで、やらせてもらえる事は少ないのが現実。

  • 結局成功するには得意分野を持つ必要があるということだそうな。これはプログラマーだけでなく他の業種でも一緒だろうな。

  • タイトルから勝手に、かる〜い人がかる〜いタッチで、
    プログラミング生活の愚痴をつらつらと書いている本かと思っていたら、
    かなりまじめなプログラマーHowto本だった。
    著者はプログラミング大好きでそのまま社長になったらしい。
    すごいな。
    本も何冊も書いていて、ネットワークプログラミングなら誰にも負けない自信があるそうな。
    今度この人の別な本を読んでみよう。

  • プログラマによるノウハウ本!
    「優秀なプログラマはどのように仕事をやるか」をテーマに、
    プログラミングをその技や心、やりがい等の10の観点から
    著者のノウハウを解説した一冊。
    70程の章からなり、そのすべての章に対し
    一言、簡潔にまとめられている事も特長である。

    和図書 548.964/Ko61
    資料ID 20101021995

  • プログラマのためのHow to 本と謳っているだけあると思う。
    初級者のとって、プログラミングとは?など疑問に思うことがすっきり解決する。

  • 社内で自分だけの得意分野になりそうなことを探していましたが、
    筆者もそれを勧めていて、後押しされました。

    まだプログラマ歴は一年ほどなので、
    あと二年は全般的に腕を上げないといけませぬが・・

    最後の方は新入社員向けの言葉になっていて、
    会社に何を求めるのかという話は、
    うちの後輩たちにも理解してほしいな~と思いました。

全18件中 1 - 10件を表示

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術を本棚に「積読」で登録しているひと

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術の作品紹介

あの人のプログラムは、なぜ早くできるのか、なぜバグが出ないのか、なぜ性能がいいのか?あの人はプログラマーとして、なぜ稼げるのか、なぜ一目置かれるのか、なぜ生き生きと仕事をしているのか?誰もが抱きがちなそんな疑問を解決します。

プログラミングでメシが食えるか!?成功するプログラマーの技術と仕事術はこんな本です

ツイートする