図解入門よくわかる薬理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)

  • 76人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 當瀬規嗣
  • 秀和システム (2008年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798020297

図解入門よくわかる薬理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めちゃくちゃわかりやすい‼

    受容体の考え方が非常に丁寧に説明されている
    リガンド、アゴニスト、アンタゴニストの考えがわかるので、神経伝達物質やホルモンなどの理解が進む

    また、病気の説明も図がとてもわかりやすく理解しやすい

    買いの一冊です‼

  • 薬理学の入門書として、レイアウトも含めてわかりやすいのではないだろうか。

    4章までは、薬について、作用する原理、用法、有害作用について解説し、それぞれの各論の臓器別に、自律神経、心臓、血圧、消化器系、炎症反応、抗生物質、生理的現象、糖尿病、呼吸器、脳、麻酔薬、市販薬について、解説している。

    基本的な生物や化学の知識があれば、一般向けとして読むことができると思う。逆にいえば専門書ではないので、薬理学の全体像を押さえることに特化した本だと思う。

  • 素人でもわかる説明。今度は生理学をよんでみたいな。

全3件中 1 - 3件を表示

図解入門よくわかる薬理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解入門よくわかる薬理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)はこんな本です

ツイートする