ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 松田裕之
  • 秀和システム (2010年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798025186

ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  社会学者マックス・ウェーバーの思想に関する要約書。近代資本主義を生み出したのは「欲望」ではなくキリスト教の「禁欲倫理」であったと説いているところが興味深い。日本はキリスト教国ではないが、近江商人の家訓は禁欲倫理に基づく労働観に通じるものを感じる。実は別の形で禁欲倫理が素地として形成されていたために、アジア諸国の中でいち早く資本主義社会に対応できたのかもしれない。
     しかし、次第に資本主義精神が自己目的化するとともに宗教的意義を失い、人が造ったシステムの中に捕らわれる「末人」を生み出すとも予言。現代を見るとウェーバーの予言は的を得ているように思える。今後の世の中に対する指針はどこから出てくるのだろうか?

  • 学校の図書館で借りたんだけどこの本誰も借りてない感じだった。
    新品。
    以上。

全4件中 1 - 4件を表示

ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本を本棚に「積読」で登録しているひと

ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本の作品紹介

「禁欲」と「勤勉」こそが資本主義の本質だった!改題「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」。資本主義の本質理解から現代を俯瞰できる!宗教社会学の基礎と射程範囲がよくわかる!ウェーバー史学の特徴と神髄がよくわかる!資本主義発生の心理的メカニズムがわかる。

ポケット図解 マックス・ウェーバーの経済史学がよくわかる本はこんな本です

ツイートする