プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみよう

  • 251人登録
  • 4.10評価
    • (14)
    • (10)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 平山尚
  • 秀和システム (2013年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798039251

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
エリック・リース
ブライアン カー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみようの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDF
    プログラマ

  • プログラムを書く際の手間や間違いをあえて記載し、道具の使い方を学ぶのが先ではなく、結論が見えてからどうやって道具を使うかの順番での考え方が全編にわたり記されている。

    数年前に一度VBAを使い、プログラムを組んだことがあるが、いま思い返してみると同じアプローチだったように思う。

    いい意味で放置されており、とりあえずこうするという目標を決め、動くものを作り、動かず修正し、、、。という順序で試行錯誤をしていた。

    結果から見ると、動くのは問題ないが、メンテナンスを考えるととんでもない代物ができあがってしまった。
    が、とにかく「なぜこうなるのか」というのを徹底的に考えていた期間だと思う。

    こういう考えのもと、コーディング作業者は動いているのかと知るには良い本だと思う。

  • たるい。プログラムを書いた方が早い。変わった視点での書き方で試みは評価する。

  • テトリスの作り方を通してプログラミングの基礎が学べる初心者向け良書(経営情報学科 矢野口先生)

  • 『世界が変わるプログラム入門』から。

  • 推薦者 情報システム工学科 後藤 文太郎 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103568&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 書店でのパラ見の印象:

    わかりやすそう。
    Scratchを学んでいるのに近い印象も受ける。

    本の構成がいい。

    最初に概要として、2ページ程度でサンプルプログラム(日本語での意味つき)が書かれている。

    javascriptを最終的におすすめしてた。

    >>

    ロジックの組みかたを学ぶという意味で、購入してもいいかも。ただ、言語が普通使わないものだから、一気にがつっと取り組んだほうがいいかも。時間の有効活用として。

  • プログラミング初心者は勇気付けられる本。実際にコーディングしているとき、自分のやり方が正しいのか不安になることがあると思います。そんなときに、思考のプロセスとして合理的なものであれば、それは間違っていないのだということを再認識させてもらえます。

  • 初心者向けの本っぽいけどそうでもない。

    あえて間違いから入り何が悪いか考える過程を入れていいるのが特徴。

    テトリスを独自の言語で作っていくのだが、
    何か機能を追加するたびに間違うのでテンポは悪い。
    目的が見えなくなるので、初心者が一冊目に買う本としては向いていないように感じた。
    プログラムをどう書いたらいいか分からなくなった、または、知りたくなった時に読むといいかもしれない。

    説明はクドくてちょうどいい人に向いていると思う。

  • 和図書 548.964/H69
    資料ID 2013104045

全15件中 1 - 10件を表示

プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみようを本棚に「積読」で登録しているひと

プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみようはこんな本です

ツイートする