システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術

  • 23人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 長橋賢吾
  • 秀和システム (2014年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798041247

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ジェフリー・ムー...
ウォルター・アイ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビジネスにおいてぶれてはいけないこと、それはビジョン。ビジョンがぶれると、何をやりたいのかわからなくなる。そしてビジョンを明確にするアプローチは強みを知ること。強みから逆算することでビジョンを明らかにする。

    ITのビジネス分野は
    コンサル、ロイヤリティ(ライセンス)、ソリューション、データベース、広告、サポート、物販の7分野。

全2件中 1 - 2件を表示

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術に関連するまとめ

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術を本棚に「積読」で登録しているひと

システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?アジャイル的50の生き残り術の作品紹介

新規にビジネスをスタートしたい、その最初の一歩は、「プランニング(計画)」です。迅速にビジネスを立ち上げるために必要な7か条(アジャイルプランニング7か条)を紹介します。アジャイルにプランを実行に変える唯一の方法が、ビジネスのゴールから逆算することです。スクラムというアジャイル開発の方法論を使いながら、スムースなタスクの共有と実行の秘訣を紹介します。収益に結びつくユーザがいなくてはサービスは成り立ちません。ユーザへの効果的な働きかけと結果の検証について、ユーザを増やすための5つのアクションとして紹介します。検証の結果のすべてをアクションプランに反映させればいいというものではありません。改善のためとされるピボット(転換)を、やるべきピボット、やってはいけないピボットに分けて紹介します。

ツイートする