採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術

  • 48人登録
  • 3.90評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 奥山典昭
  • 秀和システム (2016年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798048147

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「この手の応募者には要注意」というひな形を提供してくれる。ただ基本的に著者の会社のアセスメントプログラムをアピールする前提なので、本の記述はさわりだけで浅い。

    「『人は教育して変えていけばいい』と信じ育成への使命感に燃える社長や上司が少なからずいるが、人が20年以上かけて自分の中の奥深いところに根付かせてきたものを、職場で知り合った他人が教育によって変えられるというのはかなり無理がある」

    ・・・身もふたもないが、それだけ採用が重要というポイント。合わない人材はどんどん辞めて流動していくような社会であればよいが、日本の硬直的な労働市場ではむしろ能力が低い人材ほど会社にしがみつくので、採用の判断ミスはクリティカル。

    にも拘らず、短時間の採用面接だけで、長い時間をかけないと現れてこない「仕事力」を見極めるのはどだい無理。

    「発言しない人」をどう判断するかは永遠の課題だが、重要なのは「分からなくて単に黙っている人」より「分からなくてもよくしゃべる人」がいかに多いこと。その手の人材に騙されないこと。

    与えられた情報に意識を集中して、その処理に取り組む行動(内向)と、他者からの情報に心を寄せる行動(外向)を繰り返す人が生産的な思考を実践できる逸材。

    質問について:
    単に自分の不安を解消しようとする質問(入社後の研修、転勤の有無などなど)ばかりする人で、心が強かったためしはない。

  • サブタイトル通り、
    限られた採用活動の中で応募者を見抜く技術の紹介。
    非常にわかりやすかったし、説得力も感じた。

    仕事力は「概念化能力」と「成果意識」。
    これらは「対象に向き合う力」に視点を絞ると見えてくる。
    人を見極めるだけではなく、
    自分自身を見直す機会にもなるのでよかった。

    「概念化能力」に見覚えがあると思ったら、
    著者の別の本を読んだことがあったようだ。
    "デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?"
    基本的には似たような内容が書かれていると思うのだが、
    あっちは★2つでこっちは★4つ。
    おそらく本書の方が
    「採用時に人を見抜くための行動分析」
    に絞っているため、
    具体的にイメージできしっくりきたのだろう。

  • 人事担当者も、就活生も、どちらも読んでおくとよい本。
    面接では好印象なのに、仕事をさせてみたら期待外れの人材…自分がそうでないかと気がかり。

    真の逸材=「考える力(概念化能力)」+「大人の意識(成果意識)」
    資格、学歴、語学力という持ち物にとらわれない。
    面接官が望む答えを出すだけの人材は危うい。

    頭の回転がよく、情報をすばやく出力できる人間は「作業領域」は得意だが、「問題解決領域」(管理者)は不得手。型や経験値依存では、未知の事態を乗り切れない。
    「対象と向き合う力」がある人。

  • いろいろと気づかせてもらった1冊。結論から言うと”自分本位かどうかを見抜けるか”。この本の主旨からはずれるが、自分自身がこの傾向にあることが採ってはいけない人の事例を読んでいて感じた。他人には気づかれていないと思っていたが恐らく今まで気づいていて黙っていてくれただけだと思う。今年の最後に良い本を読めたと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術を本棚に「積読」で登録しているひと

採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術の作品紹介

面接では好印象なのになぜ入社後にガッカリするのか?米国発の最強の行動分析で応募者の心に向き合い、学力や経験に関係なく、最高の人材を採用する極意。

採るべき人 採ってはいけない人 採用に悩む小さな会社のための応募者を見抜く技術はこんな本です

ツイートする